カテゴリー「旅行・地域」の7件の記事

2006年3月18日 (土)

森林浴へ出発

今日から旦那を置いて(笑)娘たちと女3人で関東近郊郊外の山中在住の兄の家に1泊で行って来ます。
電車で2時間ぐらい、駅から車で20分ぐらいなのでそんなに遠くはありません。
Y市を擁するK県なんですが、誰もが隣接のY県?と言います。
カラオケのビデオにその駅が出たことあったんですが、そこにも「ロケ地 Y県」とありました(爆)

上京して就職したころその近くに1年半ほど住みました。
でも車がないと生活できない所_駅から歩くと1時間とか店も車じゃないと行けない_で短期間に4回ぐらい事故ってしまったので、車がなくても生活できるところにすぐ引越してしまい。
兄とは3歳ぐらいまでしか一緒に暮らしていなかった_兄は東京の音大に進んだ_ので、兄弟と言うよりは時々遊びに来る優しい親戚のお兄さんと言う感じでずっと近くに住むのに憧れてたんですけどね。
やっぱ普通の兄弟とは感覚が違った。。

山と湖に囲まれたそれはそれは自然と一体化した町で、バスは私が住んでたころより更に路線が短くなったようです。皆自家用車を使うから営業にならないんでしょうね。
車で走ってると人間よりタヌキや狐に会う方が多いんですよ。人間は皆車で移動してますから。

兄貴も私も飲兵衛なので独身の時はよく酒飲みに遊びに行ってたんですけど、今の旦那と知り合ってから挨拶1回、長女が生後3ヶ月の頃1回とこの9年の間に2回しか訪問しておらず、今日は5年ぶりの訪問です。
昔は兄の家にはグランドピアノが2台あって(職場のお古と…ですが)、兄のはヤマハの屑木から作った廉価なブランドで鍵盤が重かった…。でもよく遊びに行って幻想即興曲とか弾いてました。
最近は奥さんの意向でグラピは処分してクラビノーバに替えたそうです。(部屋を広くしたい?)
兄は音楽を生業としてますがピアノ弾きはもうやってないから、電子ピアノでいいんだそうです。フーン。
クラビノーバは実は憧れの電子ピアノで、それもかなり上級機種らしいので楽しみ。
酒とピアノ目当てかい(爆)>自分

兄はなぜか子供に好かれるタイプで職業も子供相手なのですが、こないだ法事で帰省したときに長女が昔の私のように兄に懐いてしまって、それで今回の訪問実現となった訳なのです。
人見知りの旦那はお留守番なので_自分の親より年上だから話題に困るそうですわ_、思い存分羽伸ばして来まっす。
で児童心理にも詳しいので長女の教育相談もちゃんとして来ます(苦笑)

洗濯物は干しっぱだけど、一晩くらいなら大丈夫だよね。
旦那が取り入れてくれたら万々歳だけど(爆)ありえねー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

牛歩観光

この土日関西は寒波がすごく、墓地は雪の降る地域にあるので墓参中止、市内観光をしました。
震災記念の神戸ルミナリエ、駅から近いのに入り口まで迂回迂回で1時間以上歩かされ、次女を抱っこしたままだったので、即日筋肉痛!

じらされただけあって到達時の感動はすごかったです。
携帯なので写りはよくないですが感動の一部を…。
て伝わりません?(爆)

pht1218182457.jpg pht1218182509.jpg pht1218182537.jpg pht1218182620.jpg pht1218183504.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

浅草めぐり

昨日は夏休み3日目のメインイベントで家族で浅草めぐりをしました。
昼から出かけたのですが長女はラブベリーができない地域_台東区には設置されてない_と知ると、しばらくぶんむくれていました。

まず最初は花やしき
浅草寺を通ってたどり着くと外から見る分には遊具が動いてないと旦那がのたまい。
月曜日だから定休日かな・・・と思いつつゲートまで来ると、すごい人、人、人。
あまり声が外に響かないんですね。見えないバリアでもあるのかな。

子供たちはこれが本格的な遊園地デビュー。
長女は後楽園のスーパーヒーローショーがてらミニ遊園地で遊んだことはありますが、観覧車とか乗り物はこれが初めてです。
ラブベリーができなくて不機嫌だったのも、遊園地で遊び始めるとすっかりどこかへ飛んで行ってしまいました。
00136

そしてやっぱりゲームセンター。
そこには子供用カラオケゲームが・・・。
ドアでなくカーテンなのになぜか音がもれません。
子供たち二人でアンパンマンを歌いました。1曲200円。
巷のカラオケの方が安いぜ(爆)
00140

そして昨日発見。
今まで自転車の後部座席も平気で乗ったりコワイもの知らずだと思っていた次女。
どらえもんの車やメリーゴーランドでは怖がって早々に降りてしまいました。
お金もったいないよ~(笑)
00139

長女はすっかりご満悦。
遊園地を出ようとするとまたぶんむくれ。。
「今度はウルトラマンのとこに行こうよ。」と言うと途端に機嫌が直りました。

ウルトラマン倶楽部

ここはトイレ内の物入れもウルトラマンデザインだった。さすが。
昨日は写真撮影会でウルトラの母がいただけでしたが、子供たちはジムで遊びました。
00150

バルタン星人の玉入れコーナーもあったよ。
00151

家族4人とも玉入れやりました。
パパは長女や次女の頭にボールをぶつけたり。もう子供なんだから。
注意書き「おともだちにむかってなげないようにしましょう」(大爆)

そして最後は回転寿司、まぐろ人
以前次女の妊娠前に行ったきりで実に2年半ぶり。
ちょうど5時からの行列が始まりかけた頃で開店と同時に入れました。
回転とは言っても上ネタばかり。
普段美味しいとあまり言わないパパも「美味しい」の連発でした。
それと最後の勘定のときに皿の数を数える機械が出て来てビックリ。
ピッピッピッ。バーコード?皿のふちに何かついてんのかな?

そしてお勘定。焼肉より高かったよ(;;)
でもウマい!!是非オススメです。

帰りは近所の駅でパパと長女はヨーカドーまで行ってしまいました。
(もちろんラブベリー)
途中道がわからないと言うのでついて行ったら巻かれてしまい。
道の間違いを指摘したらモラハラ旦那がキレて(行きもそうだった)、最初から次女と帰れと言われてたこともありしゃーないので大回りして家路に着きました。

9時ごろパパたちが帰って来たらすっかりご機嫌も戻り(パパのね)。
もう子供3人いるみたいだぜ。
それとも下宿のお兄ちゃん?下宿生は大家を怒鳴ったりしないかな(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月10日 (火)

旅の記録~3日目

旅の3日目は、夫の姉家族と南京町グルメ。

今回偶然というか、6月から夫の姉婿が期間限定で私の実家のある区に単身赴任になった。
月1回帰省旅費が出るので、義姉は子供たちを連れて毎月神戸に遊びに行っている。

前にも書いたが私の夫は完璧なインドア派(引きこもり?!)で、今回の父の訃報がらみでも私が動けなかったので、神戸に行くのになかなか腰が重かったのだが、この義兄の単身赴任がきっかけで義姉が夫の背中を押してくれたのだ。

 「1回はいっしょに(そえっちの実家に)帰ってあげないとかわいそうだよ。」
 「いっしょに神戸に遊びに行こうよ。」

やはり1度は父に手を合わせてもらいたかったので、ずっとお盆は家族揃っていっしょに行けるといいなぁ、ダメならダメでそのときはそのときだと一応腹はくくっていたが、思わぬ話の展開に狂気乱舞した(^^;

 世の中こういう不思議・偶然もあるもんなんですね。私の祈りが通じたのでしょうか。

前置きが長くなったが、そういう訳で大恩人の義姉を南京町へ案内することになったのだ。
 
今回は我が家より1日遅れで姑も加わって、姉婿のウィークリーマンションに来たのだが、姑は甥が熱を出したので私たちとは合流せず(ホッ)、義姉・姪・我が家4人の計6名となった。

本当に今年の夏は暑い。
日曜日ということもあって、南京町は人も多く、汗だくになりながら散策した。

地震後キレイに門構えも作り直されて、新しいレストランとかもでき、私が神戸にいたころとは若干趣が変わってはいたが、中は懐かしいままであった。

昼食時でどこも満杯だったので、とりあえず入れそうなところで昼食を取った。

レストランでは長女と1年違いの姪がケンカ。仲良しなのにずっといるといつもこうである。
仲裁も大変だ。特に姪はネコ娘系なので、怒り心頭に来ると、顔を引っかいて跡に残るような傷をつけるので、要注意なのだ。

長女の顔には既に5つほどの消えない傷がある。
かたや姪っ子は引っかく専門なので、自分自身はキレイな傷のない顔をしている。
傷がついてもすぐ治るタイプの肌のようだ。

昼食を終えると町の屋台の珍珠[女乃]茶(チェンチューナイチャー)という大きなタピオカの入ったミルクティーを飲む。
鯉のえさのような茶色いタピオカだ。

その後、メリケンパークの方へ向かった。

以前結婚前に夫を連れて来たときに来て以来だ。
大きな魚のオブジェが潮風で錆びて、以前銀色だったのが茶色に変色していた。

hakubutukan 〈ポートタワーと神戸海洋博物館〉

メリケンパークはとても広いので、子供たちは暑さを吹き飛ばすように思い存分走り回っていた。
大人は既にグロッキー(死)。
暑さを逃れるために敷地内にある神戸海洋博物館に入る。

神戸と言えば港。明治の昔からいろんな船が行き来していて、外国人の居留地なども沢山あった。
船や港のことが展示されている。やや展示物の数は敷地の大きさからみると散在しているような感はあるが…。

実はうちの長女、ここで前日の墓参り後の夜パパに買ってもらったデカブレイクグッズのブレスロットルをなくしてしまう。

帰りの電車でパパに指摘されて発覚。長女はまたパニック状態。
新幹線で「明日神戸に取りに行こう。」とかさんざんごねていたが、とりあえずパパが別のデカブレイクグッズを買うということで終焉するはずだったのだが。。。

昨日博物館に電話しておいたら、今日電話があり、何と落し物で届いていたそうだ。
小学生の男の子もいっぱい来ていたので、なくなっている可能性も高いなと夫と話していたのが、ラッキーだった。

私が長女に「博物館に電話してあげるから。」と言い聞かせていたときに、夫は「見つかったとしても取りに行けるのか!」と息巻いていたが、何と着払いで送ってもらえることになった。

神戸はあの地震があってから、人々が優しくなった気がする。
タクシーしかり、街の人しかり。
子供を産んだので私の感受性が変わったのか。。。

話は戻り、博物館をひととおり見たあと、2階からつながっているポートタワーに登る。
ここは昔からあって、神戸時代はオトコにほとんど縁のなかった私だが、夫以外の男性とも来たことがある思い出のタワーだ(爆)

ここからの景色も絶景だ。

port_tower kobekou mozaiku 

〈ポートタワーから神戸港・モザイクを臨む〉

ここの自販機で買った小岩井コーヒーがなぜかとても美味しかった。

その後、義姉たちと別れて帰途へ着く。

バイキングと中華三昧だった2泊3日。
帰宅後体重計に乗ったら、案の定1キロ近く太っていた( ̄□ ̄;

いやいやこういうときぐらいダイエットは無視したっていいよね。
またすぐ戻すから(爆)

子供連れでドタバタな旅行ではあったが、とても良かった。
夫もそうキレルこともなく、無事に済んだ(^^)

また行きたいね、パパ、ななちゃん、みなちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

旅の記録~2日目

2日目のメインは兵庫県の「日本のへそ」の近くにある亡父の墓参だった。

昨年12月、次女の出産直後に父が急逝して、我が家は全員告別式を欠席した。
4月の納骨には私と娘たちだけで帰省した。
なので今回は父の死後家族揃って初の帰省。感慨深いものがあった。

当日朝9時半にホテル前に集合。
高速道路のないところなので、延々山と田んぼだけの県道を走って2時間半。

亡父の墓は巨大な墓地公園にある。
お墓といえばどんよりとした気が漂っていたりするのだが、ここの墓地はいつ来ても空が高く、とても清々しい雰囲気の公園になっている。

 肝だめしには使えんなぁという感じ。

途中道路工事の渋滞があって、ギリギリに着くと、もう12時の法要は始まっていた。
急いで法要センターに入り、焼香。
長女は相変わらず走り回ったり、大声を上げたりしていたが、大きい施設なのでさほど響かなかった(^^;

親族一同亡父の冥福を懇ろに祈り、法要が終わるとお墓の方へ向かった。
途中公園に大きな池があり、私と娘が大きな錦鯉を激写。

koi1 koi2 koi3

その後墓参を済ませ、公園内の喫茶店で食事を取り、帰途に着く。

長旅の苦手な夫も今回とてもよき婿さまぶりを発揮してくれた。

父も喜んでくれているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の記録~1日目

昨日初盆帰省から戻った。
旅先からモブログするはずが、結構なかなか自由な時間が取れず、1通だけとなってしまった(;;)

しかもモブログは添付する写真の位置が決められないので、かなり不細工な出来だ。
 
 なんかやり方あんのかな?

1日目チェックインの時間より1時間ほど早く現地の高級ホテルに到着した。
って、本当は高級ではない。だってルームサービスもないから(爆)

一応明治天皇と縁の深い有栖川宮家の別荘が前身ではあるそうで、地元ではそこで結婚式を挙げるのがステイタスになってたりはするようだが。。。
ま、昔いろんな日本や中国のホテルを渡り歩いたが、星2つというところだろうか。

時間は早かったがもう部屋の準備ができているとのことで、チェックインした。
部屋は9階の南側、海の見渡せる所だった。

oohasi 〈部屋から臨む明石大橋・淡路島〉

昼食を1階のやはりオーシャンビューのレストランで取り、パパと長女はホテルのプールに泳ぎに行った。

私と次女は部屋で一休み。

オプションで頼んだベビーベッドが来たときに、つい大人のベッドに次女を置いたまま離れてしまい、ヤバイと気づいたときにはもう遅かった。
頭から真っ逆さまに落ちてしまった(;;)
首がグニャリと曲がってしまったので、もうダメか思い心臓がバクバクした。

でもすぐ泣き止み、機嫌も戻って、離乳食やおっぱいも普通どおりとり、夜も容態が急変することはなかった。(ホッ)
あとで試しに自分もベッドの上から頭から落ちてみた。やはり痛かった。

そのあとホテル前の県立公園散策へ…。

なんと長女は家のトイレ以外を嫌がり、公園でおもらしをしてパパにはたかれてしまった。
ちょっと厳しいかなとも思ったが、パパがその後も結構強引にトイレに誘導してくれたおかげで、前回の里帰りは全部紙パンツだったのに、今回はこのおもらしだけであとは全部トイレでできた。

 やっぱ私は舐められてんのかなぁ。

公園には子供の遊具のほか、大人向けの健康増進器具も設置されていて、親子で楽しんだ。

yugupapa1 〈童心に返るパパ〉

夜は私の親族がホテルに集合。
高級中華料理店の個室で亡父の写真を囲み、話に花を咲かせた。

yakei 〈中華料理店から明石大橋を臨む〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 6日 (金)

旅の便り〜第1号

green.jpg

今朝9時ごろ自宅の最寄り駅から東京ゆきの快速に乗った。

普通車両は満員。旦那がグリーン車のデッキに乗ろうというので、通勤客の顰蹙を買うよりは…と乗ってみたら、こんなシールが…。

ここはグリーン車両デッキです
デッキに立つ場合でもグリーン料金・乗車券が必要です。


東京まですぐなので車掌さんが来たら払おうと思っていたら、やはり来た(爆)

神戸までの乗車券を見せたら、年少の長女も買っていたからか、「いいですよ。」と見逃してくれた。

東京はすぐに着いたが汗だくになってしまった。

のぞみに乗ったら、長女がしばらく騒いでいたが昨夜2時前就寝だったので、飲み食いしたらコテンと眠ってしまった。

今回は後部座席に長女を上回る賑やかな子供が騒いでいて、眠りかけると起こされる。

麻酔銃打ってくれぃ!<親

| | コメント (0) | トラックバック (0)