カテゴリー「文化・芸術」の4件の記事

2007年3月15日 (木)

いかれたランラン(爆)

とあるピアニストさんのブログにランランのことが書いてあって紹介されてた、家でピアノを弾くランランの映像を探してみました。
その名も…


Lang lang gone mad(爆)(いかれたランラン)


ホントこの人の弾き方、面白いですよねぇ^^

| | コメント (6)

2006年9月21日 (木)

心洗われる演奏

先日ブログやHPをサーフィンしていたら、以前知人から聞いたことのあるピアニストの記事に行き当たりました。

4本指ピアニストのイ・ヒアさんとクレイダーマンさん

最近めっきりテレビを観なくなってしまった_週に1時間以内_ので知らなかったのですが、イ・ヒアさんは24時間テレビに出演されたようですね。
ピアノ演奏の動画を掲載されているブログもありましたので紹介します。「Full of interest」

この動画ではショパンのワルツを弾いておられますが、幻想即興曲も毎日10時間、5年間練習してレパートリーにされたそうです。
知人は彼女の幻想即興曲を鑑賞したことがあるとのことで絶賛していました。(見てる~?!)
私も是非幻想即興曲の方も聴いてみたいです。
彼女のピアノの音がとてもキレイで驚きました。
今年は6月に来日されたようですが、来年も同じくらいに来日予定のようです。
コンサート行ってみようかしら。
リチャードクレイダーマン熱も再燃でっす(単純)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

気になるあいつ

こないだからピアノを再開して、ショパン作品を弾くのにいろいろネットサーフィンしていたら、たまたまこんなピアニストを見つけました。

ユンディ・リ(李雲迪)

2000年10月、ポーランド・ワルシャワで開催された第14回ショパン国際ピアノコンクールで15年ぶりに「第1位優勝」を果たした若き奇才です。
ピアノの技術はもちろんスター性も伴い、キムタクに似ているということで、日本人女性の熱狂的なファンができているそうな。

彼のサイトを見てロンバケの感動が甦った私。
普段地味な生活をしていてTVも見ず、決してミーハーな私ではないのですが、とても気になりますた。
中国の人っていうのも親近感あるし。。私は彼と通訳なしで話せる~なんてね(爆)
不思議なのはキムタクは別に好きでないのに、キムタク似の仮面ライダー555の乾巧(いぬいたくみ_略してイヌタク(笑))役の半田健人クンとか、このユンディくんはとーても気になるのですね。
肝心の彼のピアノはサイトのラ・カンパネラのCMに流れてるのしか聴いてませんが・・・。

ユンディ・リというので、ジャッキー・チェンみたいにユンディが香港人みたいなクリスチャンネームなのかと思ったら、名前そのままを前に持って来たんですね。
山田太郎さんなら「タロウ・ヤマダ」みたいな。
ここを見ると、日本語版には書いてませんが、「李希煕」と言う本名があるようです。

アコーディオンから入ったというのが、日本では考えられないですね。
日本でアコーディオン教えてる教室あるのだろうか。あるとは思うが少ないでしょう(笑)
小中学校の音楽室にはあるでしょうけどね。

彼のCDは日本でも大々的に売り出されていて、アルバムには彼の巨大ポスターとかが必ず入っているそうです。
まるで芸能人みたいですね。って芸能人似だから仕方ないのか。
今回投稿時に一瞬カテゴリーを「音楽」「ピアノ」にするか「芸能・アイドル」にするか迷っちゃいましたよ。
本来の彼は芸術家なので無難なところで「文化・芸術」に・・・。

かつてのスタニスラフ・ブーニンの再来を思わせるようなユンディ・リ。
これからが楽しみですね。
・・・とその前に彼のピアノを聴かなくちゃ(大爆)

※参考サイト 
ウィキペディア百科事典

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年7月27日 (火)

今日は花火大会

我が家は東京の下町、大きな川沿いにある。
ゼロメートル地帯と呼ばれ、昔はよく川が氾濫したりしたそうだ。

それはともかく、夏になるとあちこちの川沿いで行われる花火大会が見ることができる。

今日もちょっと遠めだったが、どこかの川でやっていた。

ここのところこのあたりもマンションラッシュで、かなり高層な建物がひしめき合っていて、高く上がった分しか見えないが、我が家のマンションの7階屋上も今晩は開放されていた。

最近はパパと長女は夕飯後近くのプールに泳ぎに行くのが日課なのだが、今日は早めに帰って来たので、眠った次女をパパに預けて長女と二人で見に行った。

コミュニティルームに入ると、マンションの子供たちがキャーキャー走り回っている。ゲー
うちの長女はその騒ぎに見向きもせず、花火を鑑賞していた。

2歳ぐらいのときおばあちゃんの田舎に遊びに行ったときに、実際の花火大会に参加したことがあるが、そのときはまだよくわかっていなかったようだ。

またこれからも夏の間何回か見えることだろう。
すごいときには1日に4箇所ぐらいでやっているのが、同時に見れることもあるのだ。

今晩はいつもより涼しい夜だった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)