カテゴリー「心と体」の29件の記事

2008年1月10日 (木)

よっこいしょーいちさん。

・・・故人の名前で遊ぶのはやめましょう(笑)

こないだ職場で大噴火して口の利き方を知らない後輩係長に呪いをかけた翌日朝方、蘇った父に話しかけたら「あの世になんか行ってねえぞ!」と怒っている悪夢を観て、例の眩暈、貧血、脱力感で定刻に起きれませんでした。眠いとかじゃなく体に力入らないのです。

でも父の命日後の時ほどひどくなかったので、遅れながらも起きて娘の弁当を作って、とりあえず出勤し。
元気な時はわからなかったが、ホント遠いよ。今の職場。
1時間10分かけて職場に着いたらフラフラ。(もっと遠い人、ごめんなさい)
結局午後からケツ割り。
前日に頭の中沸騰しまくったので、血流がおかしくなったんでしょうな。呪い返しとも言いますが(爆)

で翌日具合悪くなってその次の昨日は1日ダウンしました。
保育園の送迎もできないくらい。長女だけ学校の見送りを玄関でして、次女は保育園休ませました。
私はひたすら寝る、寝る。次女もひたすらテレビ@衛星放送を観る、観る。
ご飯作ってぇと言われてから2時間ぐらい起き上がれませんでした。鬼母!
やっと11時ぐらいに簡単なもの作って食べさせて_休日ブランチのよう_、またひたすら寝ました。

長女は私が家にいるというのに、また「学童行く!」と嬉々として出かけました。
学童嫌がるお子さんもいると言うのに、とてもできた娘です。(本当は親が家にいる日は預かってもらえません)
夕方長女帰宅する頃に起き出して、食事、入浴済ませたら死んでました。

今朝はちょっとましだったので出勤したのですが、職場の近くで出先に向かう男上司とすれ違いざま挨拶をしたら、明らかにシカトされた。
気づかなかったのか?ともう一度声をかけたけど、やはり目を合わせてもらえなかった。
ま、そういう感じの方とは知ってたんですけど。こっちは続けて休んだ後だからシカトする訳に行かないしねぇ。

駅に着いたところでフラフラだったのですが、ホンマ神経磨り減るわぁ。。
これもできの悪い前頭葉の仕業だそうですね。

でよそのブログで拝見したコメントで、やはり耳の疾患から私と同じ症状を持ってらっしゃる人の存在を知り、ようやく重い腰を上げることになりました。
大学病院耳鼻科の受診です。4月に検査予約は入れてあったのですが、最近ホントに聴こえ悪くなって携帯の呼び出し音も肌に密着してバイブがないと最大音でやっと聴こえるぐらい。

家族の会話は声の小さいダンナは前からだけど、声のデカイ娘たちの言葉の聴き違え、聴こえないことが増えた。窓口でお客さんの話が聴こえない。などなど。
今回の眩暈・貧血なども耳の閉塞感を伴っているので、補聴器などの相談も兼ねて診てもらうことに。
いい展開になるといいですが。

そして、だいぶ前に睡眠障害や育児ヒステリーのことで人に勧められていた心療内科の受診。
その医院は今数日おきに行ってる出先から徒歩数分のところにあったのです!!何と言う偶然。

子供らの寝かしつけが必要なくなってしばらく経つので、寝るときの悩みも逼迫感は減ったのですが、未だに夜中の寝言が激しく、大声で叫んだり、子供や夫を叩いたり、すごいらしい。
叩いた直後に目覚めるのが、叩く直前だとよいのですけど。

以前3歳児健診でこれらの説明をしたら、いきなり重篤患者の多い都立のチョー有名精神病院に行けと言われてもいたのです。
まあ、その時私に男の人がのりうつったような寝言の話をしたのが、悪かったかな。
ダンナがたいそう怖がってたヤツ。私も何か別人格が自分にあるのかなとか不気味には思いましたが。
亡父の悪夢も心霊現象ではなくておそらく睡眠障害なので、今度ちょこっと予約に顔出して、休日の土曜日に受診をしようと決意しました。

今までずっと後回しにしていましたが。
今回の不調はこの受診を決意させるきっかけだったのかもと思うことにしよう。

続きを読む "よっこいしょーいちさん。"

| | コメント (2)

2007年11月26日 (月)

師走前によぎる不安

世間は師走を控えて慌しいムード。
11月に5年間在籍していた書類審査業務から窓口業務に移った私。

子供の頃から聞き返しが多く難聴気味とは言われていた。
聴力検査も片方だけは○ではなく、数字がついていて。

32歳の時に過労で中耳炎を起こし、突発性難聴になって以来調子の悪い私の耳。
その時聞こえなくなった右耳は治療で回復した。
が、交換からの電話を取り次いで交換の人が電話を切るときの金物をたたきつけるような音が耳に刺さるようになった。(機械の具合)

あとクソ旦那が私の耳元で指をパチーンと鳴らすと耳が「キーン!」となるのを嫌がると面白がって何回もやっていた(死んでいいよ)

娘たちを生んで最後の育児休業中、急に耳がふさがったような感覚になった。
扁桃腺で耳が痛くなったときもあり、耳鼻科にはよく通うようになった。
育児休業から職場復帰したとき、同僚や上司(同期)の人たちに「かなり聞こえてないんじゃない?」と言われ、耳鼻科にしばらく通い通気治療をした。
鼻と耳に管を通して空気を通すのである。
それで閉塞感は随分取れて聞こえるようになったと思ったのだが、去年の夏の眩暈騒ぎで犯人探しを続けていたら耳しか残らなかった。

聴力検査をしたところ、80歳台の聴力とのこと。
加齢性にしては進みすぎ。ピアノ再開してヘッドフォンがいけないのかと聞くと騒音性難聴のラインではないとのこと。
遺伝性の感音性難聴で抗生物質を飲んだりするとその難聴がひどくなる女性特有の遺伝子があるらしいので、その後その遺伝子探しの研究に同意して毎年大学病院の診察を受けている。

こないだ春に1年ぶりに受診、聴力検査して特に進行をしてないと言われたのだが。。
最近会話が非常に疲れる。
職員の人たちには機会を見て難聴の話をして協力を求めているが、それでも横向いたままとか後ろ向いたまま発声されたりすることもあって、そうするとほとんど聞こえない。

いじわるばあさんばりに耳に手をかざして聞くと結構聞こえるので、今までは職員で聞き取りにくい声の人との会話はそれで何とかやり過ごして来た。
幸い電話は耳にピッタリつけているのでよっぽど小さい音声と言うことでもない限り支障はないのだが、来所者との会話が最近辛い。

声も小さい。口も動かさない。方言まじり。とかになると完全にアウトなのだ。
そういう話し方でもトーンによってはとても聞き取れる人もいるが。。
今日はそういう来所者複数に当たってしまい、かなり凹んだ。

医者にはおばあさんになってもこれぐらいの聴力が続くと思いますよと言われたが。
そろそろメガネみたいに補聴器をつけることを考えた方がよいのだろうか。
騒音性難聴でなくてもヘッドフォン辞めた方がいいのか。

伝音性難聴でなく聴神経がイカれていて音の跳ね返りが皆無らしいので、私が聞こえない音は音を大きくして聞こえる訳ではないと医者は言っていたが。
手をかざせば聞こえるのと矛盾してしまうけれど。

静かであろうリビングでこれを書いているが、私の耳の中ではジージー蝉が四六時中ずっと鳴いている。
また耳鼻科に行った方が良さそうだ。

| | コメント (4)

2007年9月26日 (水)

アガリ症に挑む

昨日今日と急に涼しくなりましたね。
暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです。

今朝は雨が少し降っていたので、右手の付け根の古傷がうずいてました。
英ポロの練習のときに手を広げてグキッとなったあと、重い物を持ったりしたことが重なってなったところです。
ちょうど外反母趾のズキズキが手に来たような。場所もちょうど同じですね^^

最近ハノンを弾き倒してるので、両手が常に筋肉痛になってます。
弾いてるときは痛くありません。
こないだ一番最後の60番トレモロを最緩速度で弾いたら、危うく両手を壊しそうになりました。くわばらくわばら。
最後は名曲なんですね。ちょっとビックリ。
でもトレモロ、やばいぞー。

バラ4もつっかえつっかえですがだんだん音を取れるようになりました。
譜読み日数、しめて13日です。長かった~。アレグロの倍以上はかかりましたね。
でも舟歌よりは読みやすかったかな。

自宅だと気楽に弾けて楽しいんですが、そろそろ本格的に対処しないといけないのが、私のアガリ症。
子供の頃からあるのです。発表会では今よりましでしたが、結構緊張してました。
ガタガタブルブル震えだしたのは中学生くらいからでしょうか。
バレンタインでチョコを渡す時とか、所属してたブラスバンド(部活)や鼓笛隊(民間)などで、音楽界やらコンクールやら人前に出るとなると、ガタガタブルブル。。

まあ、それから30年近く経って男性の前でアガルことはなくなりました(爆)
コーフンはするけど(爆)今日も例のハンサムボーイが来てて、改めてまじまじと見ちゃった~。
でも顔全体は

無錫旅情(爆)

尾形さんを美形にした感じなんですよー^^

あ、また話がそれた。
仕事柄対人業務もしていたことがありますが、冬なのに知らない人と話すと汗が出て来たり、追い詰められるともうしどろもどろですよ。
ホールみたいな所での説明会みたいなのも体験したことがありますが、えーとかあのーとか連発。
聞き苦しい。

4月発表会の英ポロの時もごっつー緊張して、こないだのコンクルも半端じゃなかった。
ドルチェの練習会だって新曲のときはめちゃくちゃ緊張するんですよ。足も手もガクガク。
顔が笑い出したらアガリ始めた証拠です^^;

と言う訳でとうとうアガリ症対策を始めることにしました。
イメトレのことがピティナのHPにも載ってました。
で、書籍も注文してみました。

 

気休めかも知れないけど、いちおうどういうメカニズムなのか調べてみることにします。
これで治ったらすごいよな。

| | コメント (2)

2007年2月13日 (火)

末梢神経伝導速度

昨夜あたりから「釜山港へ帰れ」のメロディーがリフレインしてます。
詳しくはYUさんちで(爆)

先週手の痺れで受診した時の検査の結果が今朝出ました。
末梢神経伝導速度を電気を通して調べるのですが、結果は…

非常によい

そうです。また…ですね(^_^;)めまいの時と同じ。
肉体面では問題なしということで、ご心配おかけしてすみませんでした。

担当の先生が「見てもわからないでしょうけど…」とくれた検査結果の紙、職場で分析してみました。

そしたらあったあった。
正常値よりどれも高めでした。
手→指と肘→手しかわからなかったんですけど。

ついでに脳から手指までの速度もわかると面白いのですがね(爆)
「正しいピアノ奏法」とかにも載ってましたっけ。

単に神経が起きてなかっただけのか…、更年期とかその辺の絡みが強いかもと言われ、一年ぐらい様子見てとのことでした。


嗚呼 女体の神秘(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ネット復活

先週土曜日から突如つながらなくなったインターネット。
日曜日にNTTのフレッツ光に申し込んだものの、昨日現在でまだ顧客名簿システムにも載っていない様子。
接続速度速いかわりに導入速度はアナログなんですね。ハァ

で待ちきれずに今日は昨日高熱を出した長女の看護休暇を取っていたので、CATVに修理に来てもらいました。
無事ネット復活です。数日でも止まると不便ですね。普段いかに依存してるかということだ…。

NTTと言えば、昔独身のとき引っ越してNTTの電話機買おうとしたら、「民間の電話機買った方がいいですよ。」と言われたのです。


民間???


あの…民営化でNTTになったんじゃ???まあNTT以外の安い電話機買いなさいという良心からの勧めだったのでよしとしましょう(爆)

昨日は次女の3歳児健診でした。
園のクラスメイトに較べて小ぶりな次女なので、発育状態は平均より下と思っていたのですが、いちおう平均幅の真ん中ぐらいでした。

続きを読む "ネット復活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

心のキャパシティ

この週末は珍しく我が家にお客人が来られましてねぇ。
私が子供連れて実家帰ってるときに泊まりに来られた人らはちょっと前におられたみたいなんですけど。
前は下の子がまだ誕生日前やったからほんま2年以上ぶりくらいですかねぇ。
だんはんがいつも遊んでもろてる元職場同僚のおばさん(40代後半)と23歳、34歳の男の方がうちの子ら見に泊まりに来てくれはったんです。

以前はねぇだんはんがうちらの留守中にお客さん呼んではったことあってねぇ、そこに帰ってきたら挨拶も自己紹介もせん若いメガネっ娘がおってねぇ。てっきり浮気相手や思てかなり興奮してもーたんですわ。
「誰?誰?彼女?」て訊いただけなんですけど。
そしたら「外で食べて来い」「ばあちゃんちへ行け」「おまえたちがいるとお客さんたちが嫌がる」言わしまはりましてん。だんはん。
それから考えると随分よーなりましたなぁ思いましてんけど。

今回いらしたお客さんのうちのリーダー格の女性。子供らもそうやけどうちと飲みたい言うてはったそうで。
ありがたいことに外の一次会から自宅の二次会までいろいろ付き会うてくれはりました。
このグループでだんはんよう旅行に行かはりますねんけど、こないだも温泉旅行行ってましてねぇ。
この女性の他に昔に朝帰りメール発覚したなおみはんゆう若いおなごもグループに入ってはりまして。
うちには今回来られませんでしたけど。
40代の女性とへべれけになってお話してるときにこの温泉なんと

混浴やったそうなんです。

だんはんに前出かけるときに「混浴ちゃうやろうねぇ」訊いたら一笑に付されたんがまたウソやったんですねぇ。
そのおばさんはまあいいとして(そっちもあかんけど)、その若い娘の裸も見たゆうことやねぇ。
かなりショックやねぇ。おばさんタオル巻いてたけど酔ってもう全部はだけてた言うてはりましたからねぇ。
おじさんや男性軍の方が恥ずかしがってたとか言うてはりましたけどねぇ。
そりゃそうやろ。女の子の裸見てナニが立ってるところ、男にも女にも見られたないもんねぇ。

あ、手からはみでてやる…

なんてシャレにならんもんねぇ。

混浴隠してたこと、その日にだんはんに追及しましたわ。そりゃもうね。ウソつかれたんやから。
まあ初めから言うてたらうち怒るん目に見えてますからねぇ、しゃあないちうたらしゃあないけど。
他の奥さん方はだんはんの男女グループの旅行で混浴ぐらいじゃ怒らしまへんのかいねぇ。
うちの心が狭いんかいねぇ。
そのおばさんに若いなおみはんの昔の朝帰り事件もあったんで旦那との仲訊いたら、絶対ちゃうて。パンダの子供やから・・・やそうで。かばっとるんかいな思いましたけどまあ信じまひょか。
でもねぇパンダの子供やからて、ヒトのビーチク、コー○ンついてたらあきまへんでぇ。
うちのだんはん獣姦好きやからねぇ。うちのことヒポポタマス_いわゆるバカの反対でんな_とか言うてはりましたからねぇ(^^;

見る→触る→入れる(爆)の第一段階クリアしたんか思うとほんまムラムラやねぇ。
どないしまひょ。

相変わらず下手な関西弁やねぇ。読んでもろうておおきに。すんません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

検査結果

こないだ受けた拷問チックなめまい外来の検査の結果が今日出ました。

脳波も…
平衡機能も…


異常なしだそうです。


聴力も前回測定時と同じで悪化してないそうです。
みーんなシロで良かったこたぁ良かったんすが、じゃああの糞めまいはなんだったんだーー!!!ー(怒)

初回自己分析どおり


霊???(怖)一堂零(サブ)

物理的な原因が全くないと言うのも不気味な話ですね。来年のお盆がこわひ。。

でも異常なしと言うことで、皆様にはご心配おかけいたしましてすみませんでしたm(_ _)m

【今朝の練習】
ツェルニー30 7番 四分音符=120 
1番 二分音符=100

スケルツォ2番 全体通し

バラード3番 全体通しと部分練習

バラード2番 速い箇所 数回通し

バラード1番 全体通し

モツソナK.332第2楽章 通し

今朝は珍しく早起きできたのら〜(^-^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

めまい外来

めまい…平仮名だとかわいいですね。
昨日かかり付けの大学病院の耳鼻科めまい外来にめまいの検査に行って来ました。

最後の犯人探しな訳ですが平衡機能の検査ということで、所要時間1時間半!
感想はひとことで言うと

拷問チック(爆)

薄暗い個室で顔や頭に線をいっぱいつけて、グルグル回る線を目で追いかけたり_メリーゴーラウンドだぁ(@_@)_、耳に風を送り込んで故意にめまいを起こして眼球の動きを調べたりするのです。ヒェ〜〜。死にそうだった…。

音を聞きながら寝転んでやる検査は眠ってOKでしたが、まるでその姿はショッカー軍団に捕われた本郷猛のようでした。ハハ

ちゃんと病因究明、再発防止できるといいのですがね。

【今朝の練習】
ツェルニー30番 7番 四分音符=120

バラード3番 繰り返し通す

バラード2番 速い箇所とオクターブメロディの箇所

バラード1番 コンフォコ コーダ

スケルツォ2番 ソステヌートの所一部除いて全体通し

スケ2が一番まともやね(^_^;)当たり前か。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

難聴研究の遺伝子検査

眩暈が原因でいろいろと病院巡りの結果、結局某大学病院の耳鼻科に落ち着いています。
昨日は先日の精密検査の結果を聞く日でした。
前回の検査は断続音や継続音を鳴らしてもらってスイッチを押すもの、耳に音を入れて音の跳ね返りを調べるもの、言葉の読み上げを10段階の大きさで聞いて書き取って行くものの3種類でした。

難聴が加齢のためにしては相応年齢が高すぎる_80歳ぐらい_とのことで神経損傷が原因?と言われていました。やはり検査結果だと耳の損傷はないのに、外耳・中耳・内耳とある中の内耳の音の跳ね返りがひどく悪い。
言葉の書き取りは大きい音だとちゃんと書けているが、小さい音だと音は聞こえても何を言ってるかが脳で判断できないのか?と言われました。

娘たちと同じです。娘たちも中耳炎の炎症が治っても音の跳ね返りが悪くて近所の先生がいつも首をかしげてました。やっぱ遺伝かな…。

難聴にはいろいろあるらしく、心因性てのもあるそうです。
耳の構造は悪くないのに、ストレスなどで聞こえなくなるというヤツです。

勝手○ンボ???

仕事場にもそんな感じの人いましたね。。
私はそれではない。
で原因不明の難聴の半分くらいは遺伝子が原因というのが実情だそうです。
で薬物でというのは遺伝子由来による難聴で、ある抗生剤を飲んだりするとガクッと悪くなったりするものがあるそうです。
薬物と遺伝のはつながってたんですね。

こないだ私より難聴の姉にいろいろ聞きました。
母(80歳)も年取ってから悪くなったような気がしてたのですが、昔から耳遠いよとか言ってた…。
そいえば私の今の聴力が普通の80歳聴力だったんだ(爆)基準なんて知らなかったからな…。とすると

母は100歳強???

母は私と会話してると私より姉よりか・な・り聞こえてないです。すごい叫んで話すし、聞き返しが頻繁。

先ほどの抗生剤で悪くなる遺伝難聴は女性に多いそうで。
で遺伝が原因か調べてくれることになりました。
現在の医療ではまだ治療法がなく、原因を知るとかそういう薬を飲まないようにするとか予防だけしかできないそうです。
で今回遺伝子検査で20CCの血を採りました。
まだ研究段階なので無料だそうです。難聴研究の遺伝子検査の同意書だけ署名しました。
30何個ある遺伝子の1つを調べるのに半年から1年かかるそうです。
全部調べてるうちに

お前は既に死んでいる

状態だなぁと思っていたら、今までの研究で難聴に関連すると判明したもの、関連しそうと思われるものをピックアップするそうです。良かった~。でも数年はかかりそうですね。

で眩暈外来の予約も取りました。難聴が原因でしょうとのことでした。
最近はこないだの過激なサンバまつり以来出て来てませんけれど、調べるだけ調べてもらおう…。
長女も最近声張り上げてしゃべってるし_幼児の特徴?_、車が通っただけで私の声が聞こえない!と騒いでいるので、長女もそのうち大学病院に連れて行こうと思います。

夫と知り合ったころは過労で中耳炎になったりはありましたが、今ほどは聞こえないことなかったので、2度の出産を経て聴力低下が進むにつれてやっとわかった感じでした。
今回の検査の結果と子供たちも私と同じような状態であることを夫に改めてじっくり伝えました。
いつも夫はそゆ私の真面目な話聞いてない(オイ)けど、子供たちは会話に支障がある程度ではない、園でも指摘されたことないというとフーンと聞いていました。

ひどく悪くなった当時は私が何回も聞き返すのでよくそれが原因でケンカしたりしてました。
最近はお互い慣れて来て、私も1度聞き返してわからなかったら、それ以上反応せず会話終了です。
大した話はしてませんからね(爆)
職場の持参物とか重要事項、どうしても伝えたいことは大きい声で話してくれるようになりました。
雑談ももっと大きい声で話してくれたらなぁと言ってもそれも生まれつきみたいなところありますからね…。

同じ階の知り合いにも難聴の奥さんがいて、ご主人がうちのと似た感じで声の小さいタイプ_あと公務員でゲーマーというのも同じ、実家の団地まで同じ棟!_らしく夫婦の会話は半分も成立しないとボヤいてました。
仲間がいるだけで気が紛れますね。傷の舐めあいですが。

遺伝子検査の結果、楽しみです。
娘たちには私の下がり眉、アメ耳、汗かき、難聴、夫の巻き爪と悪い所が多く遺伝してるようです。
子供がお互いの悪い所ばかり似てると夫婦喧嘩の種になるのはよくあることで。うちはそういう直せないことが原因では喧嘩に至りませんが、子供には申し訳ない気持ちです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

へべれけ横丁

一昨日晩から昨日が眩暈のピークでした。
1次会で中生1杯、サワー6杯、2次会のカラオケでウーロンハイ10杯ぐらい飲んだ感じ(笑)
日曜日に耳鼻科に行き_日曜診察って珍しいでしょう_、MRI検査の結果を聞きました。
結果は…眩暈の原因は見つかりませんでした。またまたシロです。
この日はいつもの院長先生じゃなくて雑誌やテレビによく出ている姉妹院の院長先生で、結構説明がわかりやすい方。
また聴力検査もしたのですが、前は騒音云々と言われたのに、騒音性の曲線にはなっていない。
加齢性難聴で行くと80歳ぐらいの聴力だそうで。

年齢、倍でんがな・・・

やはり神経の方らしく、これ以上治すことはできない。
難聴の原因は考えられるのは①遺伝②薬物の2つなんだそうです。

遺伝は…実姉がやはり40代で大学病院の耳鼻科とか罹ってて難聴なのでそうかなぁとも思うのですが、先生が言うには痛み止め、化膿止めなどの薬でこういう難聴になる女性がいるそうです。
②の薬物が原因の場合は、今後そういう薬を飲まないようにしないといけない、娘たちにも同じく注意しないといけない、それを調べる方法があるので、また違う大学病院_実姉と同じだった_の難聴外来に紹介状を書いてくれました。

騒音性じゃないと聞いてホッ。ヘッドホンで悪くなったわけじゃないのね。
で80歳ぐらいの聴力ちうことはアラウ巨匠やルービン巨匠、バックハウス巨匠が80過ぎてバリバリ演奏してたから、ピアノの音は問題ない?あー良かった…。

この日は次女を連れて耳鼻科に行ったのですが、またまた通り雨。雨女???
耳鼻科の薬局で雨宿りしてたら、いきなりウンコ(爆)しかもオムツ持って来てないし○Z
とりあえずトイレで処理して、ノーパンでズボンを履かせ100円のカッパを買って来て帰り。
次女を抱っこしたり世話してるといきなりジェットコースターなんす。回転10倍みたいな眩暈。

で月曜日はこないだの脳神経外科の病院の内科を受診。長女が膀胱炎っぽいとのことで姑も付き添いで3人で行きました。
昨日はあまりにひどかったのですが血液検査の結果はまたまたシロ。
でも点滴をしてもらったらだいぶ楽になりました。

犯人は誰じゃああああああ!!!

今週はしばらく点滴治療に通院することになり、いちおう今度神経内科でも診てもらうことになりました。
診断書も昨日15日から27日まで書いてもらったので、職場は病休で認定されることになり。ちょっと気が楽に。
やっぱ更年期の自律神経失調とかなのかなぁ。。

そんなこんなで昨日はピアノのイスには座れない状態だったので、楽な時をみてPCでツィメルマンやホロヴィッツ、ユンディのスケ2やらバラ1(ユンディのはなし)の動画を横になって観てたりしました。
それぞれ弾き方に特徴があって面白いですね。特にスケ2のところてんの所とかは皆すごい動きがオーバーなのよねぇ。。抱腹絶倒でし!
彼らをよおおおおく観察して練習会とかの折にはそれぞれのピアニストの顔芸やら物真似をやってみたい。
それをやるにはまず弾けないといけません。新たな目標ができました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)