カテゴリー「おすすめサイト」の11件の記事

2007年10月25日 (木)

懐かしの超絶技巧

今週もあと明日で平日は終わりですね~。
来月から通勤が長くなる関係で、今日の帰りに保育園で延長申請の用紙をもらいました。

区役所に電話したときは特に証明類はなくて申請書だけと聞いていたのが、もらってみたら3枚もあってうち1枚が就労証明書。ドッカーン!!!チョーめんどくせー(ーー;;
新しい職場でいきなり「これ証明してください」ってウジャウジャアリンコみたいな小さい字がいっぱい詰まってる証明書出すのん?
もうクラクラ来ましたわ。家着いたらホンマモンの眩暈来てフラフラなりまして、ちょうど早く帰って来る旦那とスーパーで待ち合わせして、今日は旦那にご飯作ってもらいました。ハア助かった~。

仕事の後始末が結構ズルズル来てますゎ。
あとから私宛に連絡来るとややこしいので、新しい案件には手をつけないようにして、今まで手をつけて保留中の分の処理や人様の書類のチェックに専念しております。
それでも結構残ってるもんですなぁ。。

ピアノ、ピアノ、ピアノ。
ピアノは細々とやっておりますデス。ツェルニー40番のチョーゆっくり編(指定速度から見たら(爆))とかグラナドスとかバラ4とか。
rapsodia aragonesa(ラプソディーア アラゴネーサ)はだいぶ形になってきましたね。
明後日のレッスンでは全部聴いてもらえるといいんですが。

そうそう!以前めちゃくちゃはまっていて最近ちょっとお休みしてた大阪のTAKAYAさんの13エチュードですが、とうとうYoutubeに投稿始められたようです。どうです?観てみます?

ホンマ!ごっついでっせ!
手首の角度はホロヴィッツ(笑)、指さばきの速さはポリーニ並み、曲作りのセンスはグラナドスか千住明か。(この人らつなげたらあきませんですかね?^^;)
ジャズ風アドリブのアレンジメントはガーシュインかカプースチンか。
とても多才な彼の演奏をご覧ください。動画編集もご自身でされたそうです。

弾いてらっしゃるのはシンセタイプのデジピで、弾く度に揺れてるのにちゃんと演奏されているのが印象的です。

それと新しく作られたレッスン動画で面白いものも。ゲンコツピアノです。
即興ですよ。私がゲンコツで弾いてたら、ゲンコツに始まりゲンコツで終わり、空しさだけが残りますが、TAKAYAさんは違います。どうぞ!

最近人のマワシでばかり相撲取ってますな@ブログネタ
おすすめサイト、オススメ動画のご紹介でした(爆)
最初の4曲は13エチュードの中の作品なんで楽譜も出てますよ~。(一部アレンジあり)

| | コメント (2)

2007年10月21日 (日)

グラナドスを求めて

昨日のレッスンで次回発表会曲がグラナドスに決定してから、完全にグラナドスモード(笑)
今度やるrapsodia aragonesaの楽譜はグラナドスの師匠の雁さんにいただいたのですが、製本されてるコレクションも欲しくなった(アホ爆)

でもグラナドスって本当に少ないですよねぇ。
ヤマハ池袋店に結構あったけど、通販だと輸入楽譜店に名前はあるけど、「在庫なし」が多い。取り寄せ云々とかあるので、もう思い切って直接外国の店で買うことにした!(笑)

ディアレッツォ

以前先生指定のペーターズ版のバッハインベンションを買った店です。その時はちょうど盆休み中でヘマしてフランス語や英語でメールのやりとりをした店^^;
普段はいちおう日本語デスクもあって航空便や船便など、こちらの希望により送ってくれます。
その送料と楽譜の値段を足すと輸入楽譜店とトントンか少し安いか(数百円の差)。

輸入楽譜店だと「予価」とあるのではっきりしないですが、直接購入だと送料もちゃんと初めから出してくれるのでちょっと安心。
でもカード購入になるからその情報送信がコワイと言えばコワイですが。
輸入楽譜店ならそれを代行してくれて、国内で郵便振込みだから、現ナマ派にはそちらの方がいいかもですね。

今回Rapsodia aragonesaとCarreza-valseお目当てでそれが入ってる曲集を探しました。
Enrique Granados
Integral para piano Volumen 10 : Románticas I

Enrique Granados
Integral para piano Volumen 15 : Valses I

何とあのグラナドスの孫弟子のラローチャさん監修のようです。
ヤマハ池袋店にもあったけど、皆が見たヤツって通販に慣れるとダメなんですよね。爪の跡とかついてたりして(爆)

本当はこの全集が欲しいところですが、なんせ金額がすごい。
一気に買うとなると送料も2万円ぐらいかかるようなので@@;、2冊ずつぐらいちびちびと買っても送料合計は同じぐらいだから、分割して好きな曲の入ってる分だけ入手することにしました。

もしかしたらこの2冊で終わるかも知れませんが^^;

| | コメント (10)

2007年5月22日 (火)

超絶技巧にぶっ飛ぶ

先日mixiでこんな映像を見つけました。

Kapustin Toccata, op. 8

す、すごいです。
カプースチン、若い!
ジャズバンドを現役でやってらした頃ですかね。
最初観たとき早回しかと思いました。
私の速弾きなんて赤ん坊みたいなものですね。

カプースチン、神のようです(笑)

| | コメント (6)

2007年3月 7日 (水)

スーパーハッタリ13ピアノエチュードop.7

こないだの日曜日長女の学習机も届き、今月の予定は中旬の就学祝式のみとなりました。
次女の転園準備もありますが、今週はレッスンがお休みなので週末夜なべすることにしまっす。

さて、ピアノの方は木枯らし旋風がちと下火(爆)
あまりに難しいので一月で醸造ボックス行きとなりそう。ハハ
ちゃんと弾けるとかっこいいのですけどね。

かっこいいと言えば最近はまっているのが、TAKAYAさんのスーパーハッタリ13ピアノエチュードop.7などの曲。

現在その中のop.7-10「伝説」GRATITUDEを練習しています。今朝からop.7-5「迷宮」も譜読みを始めました。

TAKAYAさんはドラマーですが、ピアノはツェルニーを基本にショパン、バッハ、カプースチンなどに精通されたプチピアニストです。
譜読み一月足らずでこれらの難曲を録音アップされるぐらいのヴィルトゥオーゾ。

そんな彼のエチュードですが、素晴らしい曲ばかり。
このエチュードを攻略できればショパンエチュードも何とか弾けるでしょうとの説明にまた飛び付いた。


下心チック


いえいえ、曲もドラマーだけあってピアノ曲なのにビートが利いてているので、とても楽しめます。
もちろん和声もいいですよ。(コード進行と言うべきか)

昔中国語をやっていたときに読んだ、40代から学び始めて通訳になられた長澤信子さんの著作「台所から北京が見える」にあったように、昨夜炊事中に彼の曲を流してみました。


台所からTAKAYAが見える


なんか覗き魔みたいだ(爆)

そしたらとてもはかどるはかどる。

いやあ、どの曲も名作です。
オケつきバージョンとかカラオケCDもあるので、弾けるようになったら合わせてみよう。

演奏効果の高い順から練習しているのですが、自分で弾いててうっとりします。
数日で譜読みできるのも魅力ですね。

TAKAYAさんにはブレイクしてほしいけど、作風とかは変わらないで欲しいなとか勝手に思ってます(^_^;)

ではでは仕事に入りまーす* ̄O ̄)ノ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

フリーで楽しむ音楽

今週はモツアルトの2台ピアノソナタ一色。レッスン曲と浮気も少々してますが。
CDと楽譜を買わないで済ませた話は以前しましたが、2台ピアノの練習するのに自分の録音に合わせて弾くにはあまりに元の録音がショボイ(当たり前)ということで、ネットの音源を手持ちのDIPLY MUSIC(録音機能付き携帯音楽プレーヤー)に録音して特訓中です。

プレーヤーのイヤホンをして、その上からデジピのヘッドフォンをあてるのです。傍から見ると奇怪な光景?!
でこの録音、音質はなかなかよいのですがなぜか音が小さい!ボリュームアップしても…。
ということで、こないだ聴いた音源のページを改めてじっくり見ました。

クラシック名曲サウンドライブラリー

なんだかiPodのPodcasting対応のようです。フムフム~。
旦那の部屋で眠ってるiPodあるけど、使えないし。
でももしかしてうちのマイナープレーヤーにDLできるかな。

以前有料DLサイトでDLしたファイルが悉く取り込めなかった悲しい事実があったので、できなくて元々、できてラッキーという軽い気持ちでPCのマイミュージックフォルダに保存して、プレーヤーのファイル管理ソフトMusicFileMaster_iPodならiTunesに当たるもの_を使って取り込んでみました。
その結果、、、


取り込み成功!!!ラッキー!!!


しかも音量はさっきより出てる。
何だかこの連休いいことありそな気分。←単純な私

サイトの説明見てみると商用BGMに使ってもいいとかかなり寛容な感じがしたので、のだめ関連のオケ曲とかバンバン取り込んでみました。
のだめのジュース缶から虫が飛び出て来るときに流れる熊ん蜂の飛行とかもありましたよ。フフ

ちなみに2台ピアノソナタのページはここ
でフリーの楽譜はここの4-hand pianoの2段目~4段目でっす(爆)1日2件ダウンロードできます。

DLしたファイルは無償ならこのブログで配布もOKなようですが、いちおうブログピープルにもリンクしたので、興味ある方はそこから入ってお好きなのをDLしてみてください。(責任逃れ?!笑)

いやあ、10年前にワーキングマザーをしていたら音楽鑑賞すらままならないから、仕事と家事傍らに音楽楽しめなかったなぁと思いますよ。

インターネット、デジタル文明万歳!チャンチャン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

ローラー進捗状況

今週は練習記が少なかったですね。
ペースダウンしたので毎日書くネタがないのです〜。

最近はツェルニー30番→バッハインベ→ショパンと1時間弱の時間に押し込んどります。
ツェルニーは諦めたはずのインテンポが忘れられず、初見はインテンポ、弾けなければテンポを落として練習してます。
今のところ5番までを毎日数曲弾いてる感じ。
極めればべトソナが攻略できそう。
彼はベートーベンの弟子ですものね。。
バッハはひたすら地道に…という言葉がピッタリです。

ショパンはバラ1の難所、コーダ前のプレストコンフォーコの後半_1音+2音の右手のオクターブアルぺジオ_が力が入ってうまく弾けないのでそこを毎日部分練習。
手を広げての脱力は至難の技です。フー

バラ2はプレストコンフォーコの部分もだいぶらしく聞こえるようになりました。
コーダは思ったより弾きやすかったです。
でバラ3は音拾いが終わって部分練習に入ってます。
こちらは3曲の中で一番弾きやすそうです。
でもいつ仕上がるのかな?尻切れトンボにならないようにしたいと思います。

バラ3始めて例のごとく検索していたら、素敵な挑戦記が見つかりました。

バラスケ挑戦記~人は思い込みだけでどこまで弾けるのか~ (爆)

バラードローラーの上を行くバラスケローラー記です。
バラ1・4とスケ2はまだ工事中のようですがバラード2、3番はウンウン!そうそう!てな感じです。
思わず爆笑するシーンもあり。
ご本人はソナチネ1までしか習ったことがなくその後独学だそうです。
私と土俵が似てるのでなお共感するのかしら。
スケルツォローラーもやりたくなりそう(爆)
管理人さんに是非コンタクト!と思ったのですが、今年度いっぱいサイト運営はお休みだそうで、連絡フォームもつながりませんでした(残念)

で私と違ったのは長期計画だということです。
やっぱり1曲に半年はかけないといけないようで(^^;

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

寿命チェック&精神年齢チェック

昔から占いに弱い私。
細木さんやらコパさんやら最近では江原さんとか(爆)悉くはまってました。
あ、心霊におうかがい系は除きます。って江原さんはそっち系か???
「負け犬」の特徴にあるみたいですね。占い好きってーのが。
ちょっと前にうちの若旦那に指摘されますた。
ぴったしかんかんでござい。
旦那みたいに「風水も占いも姓名判断も関係ない!」と神も仏も恐れない性格、一種憧れます(^^;>バリバリ鬼門の方位の自部屋をどーどーと散らかしてるだんさん

・・・前置きが長くなりました。
今日ブログサーフィンしてたら、こんなの見つけました。

あなたの寿命チェック!アーンドあなたの精神年齢チェック

ワタクシの結果は・・・まず寿命編。

あなたの寿命は【75~90歳】ぐらい、日本人平均級です。

あなたはまあまあ無難なセンをいって、普通に天寿をまっとうするタイプです。
死因も老衰をはじめとして、老いによる三大疾患(がん・心疾患・脳血管疾患)の発症など、ポピュラーなものとなる確率が高いでしょう。
普通に結婚すれば、孫の顔を見て死ねる可能性があるので、まあ大往生のクチと言えそうです。
普段から健康に気を使えば、数年の寿命を延ばすことも可能でしょう。

あなたにぴったりの長寿アイテム:ファンケルのサプリメント「更年サポート」「タフネスサポート」

サバイバル生き残り度  50%

健康オタク度  100%

美人薄命度  30%

命知らず度  76%

結構当たってそうですな。
美人薄命度低いし(爆)
子供2人とも30代後半で産んだんで、孫の顔が見れるかは気になってますた。
この占いどおりなら拝めるわけですな。でも孫の世話どころぢゃないかも。
今週子供2人連れて帰省するだけで、姑舅が私の腰を心配して孫預かると言ってくれている・・・。
膝・腰・頸だけは健康度100%じゃないのよねぇ。

命知らず度が高いのは意外。けっこーケツの穴コマイよ、ワタシ(笑)
サバイバル度、食べなくてもなかなか体重減らないワタシは100%近くじゃないんですか?

そして精神年齢編。自称小学生レベルのワタシですが・・・。

あなたの精神年齢は【82歳】ぐらいで【まだらボケの老人】レベルです。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり……。
熟した果実があとは落ちるのを待つばかりであるように、あなたの精神年齢も佳境を過ぎて、桃源郷に向かおうとしているようです。
もしあなたが70歳以下であるならば、あなたの精神年齢は熟しすぎて老成しているといえるでしょう。
これ以上、おのれの精神年齢を引き上げるには、昇仙して仙人になるしかありません。
危険ですので、一般人は避けたほうが良いでしょう。
あなたが学ぶべきことは、もうこの世にはないようです。
あとは黙って、自分のささやかな楽しみを追求しながら余生を過ごしましょう。

今のあなたに必要なもの:ボケ防止に小学生用の計算ドリルをやってみるといいかも知れません。

精神的未熟度  56%

精神的自立度  100%

精神的熟考度  100%

精神的悟り度  100%

まだらボケ老人!!!
ボケ防止に小学生用の計算ドリル!
100ます計算、職場復帰直後毎朝やってて一時は1分20秒切ってたっす(笑)
最近やってないなぁ。ニンテンドーDSの大人のドリルもずっと脳年齢20歳になっちゃって、しかも娘がデータ全部消してから脱力してしまい。。

ささやかな楽しみ、ピアノで指動かしてボケを防ぐとしますかね。
軍隊ポロネーズ、今日はちょっといい感じでした。
何かピアノがひとまわり小さくなった感じでオクターブが楽でした。
手が膨張してたのかな(爆)
最近アカギレがひどくてぶちぶち肉が切れて血が出て、満身創痍ならぬ満手創痍状態っす。
水仕事なんてほとんどしてないのにね。不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

ご当地の踏み絵

先週末は郷里から実母が上京。夜には兄の地元へ行くというので子供たちを休ませて会いに行きました。
急遽実姉が合流したので大人3人になったけど、普段保育園さまさまな私は1日子供たちといっしょなだけでクタクタになってしまいました。
でも母や姉には冠婚葬祭ぐらいでしか会えないので、久しぶりに子供たちを見せられて良かった。。

ところでWMブログつながりのお子日記。さんでこんなサイトを知りました。

ご当地の踏み絵

やってみました。
すごい。マニアックすぎです。
まず出身県の兵庫から…。
あまりに数が多いので、おおっ!と思う部分を抜粋。

● 道路の北を「山側」、南を「浜側(海側)」という。
● 電車は必ず東西方向に走っていると思っている。
● 語尾に「とー」をつける。
● 「おってですか?」「しっとってやね」の意味がわかる。
● 北神急行の料金を見て愕然としたことがある。
● 湊川神社を「なんこうさん」と言う。
● 地下鉄山手線は新幹線に乗るとき以外乗ったことがない。
● 向陽閣という文字を見ると「ありっま、ひょうえのこっうよっうかっくへ~」と節をつけて歌ってしまう。
● 神戸をひとくくりにしてエキゾチックを売りにするのは無理があると思う。
● 大阪空港を伊丹空港と呼ぶ。
● っていうか、伊丹にあるのに“大阪”という名称が気にくわない。
● 摩耶山をずっと六甲山だと思っていた。
● 窓がスモーク使用のベンツやナンバーがゾロメの高級国産車が横を通ると、見てみないフリをする。
● 子供には、ファミリアの服を着せたい
● 「ドライブインながさわ」で、休憩したことがある。
● メロンパンとサンライズの違いが分かる。
● 兵庫県と京都府が隣接していることを地図では理解できても何か違和感を感じる。
● 山陽電車は遅いにもかかわらず、JRと運賃が変わらないのはおかしいと思う 。
● 甲子園球場は大阪にあると思っているヤツらにむかつく。
● したがって、甲子園球場が「大阪が地元」と言われることに抵抗を感じる。
● 何かにつけて横浜と比べられ、その度「横浜より神戸は規模が小さいが…」とか言われるのにいい加減うんざりしている。
● 朝食はじーちゃんもばーちゃんも家族全員、パンである。
● 兵庫県警は最強だ。
● さらに、神戸ワイン城とフルーツフラワーパークと六甲山牧場はイケてないと思っている。
● 「淡路」といえば、関大に行くときに乗り換える駅ではなく淡路島のことだ。
● 電化製品は星電社、だった。
● 女子大生見物なら阪急神戸線だ。
● また全国的に「明石焼き」と呼ばれているものは、本来「玉子焼き」であると、声を大にして言いたい。
● 「阪神パーク」のレオポンが自慢だった。
● 友達の友達が、昔、南野陽子か、藤原紀香とつきあっていたという話を10回以上聞いたことがある。
● 中学生のときは丸坊主だった。
● 神戸牛と三田牛と但馬牛の違いがわかる。
● 福原といえば、阪神のピッチャーよりもソープ街が目に浮かぶ。
● 自転車は東西の移動にしか使わない。
● サンプラザといえば中野ではなく、三宮だ。しかも“さんプラザ”である。
● 第二神明の標識がたまに「第二明神」と間違って書かれていることに戸惑う。
● 豊岡で最高気温を記録した」というニュースを聞いても、それが県内のことだとピンとこない。
● 神戸市長といえば、宮崎辰雄だと今でも思っている。
● 尼崎市は大阪府でもいいと思う。
● 六甲おろしの正式タイトルは「阪神タイガースの歌」だということは百も承知だ。
● 山口組三代目のことを「田岡さん」と親しみこめて呼んでしまう。
● ポートピアホテルは水戸黄門の印籠の形に見える。
● 阪急線を使ってる自分が好きだ。
● 神戸製鋼とワールドは自慢。
● たこフェリーの名称は明石の恥だと思う。
● 突然、料金がはねあがる神戸高速鉄道には憤りを感じる。
● その神戸高速鉄道の西元町駅と花隈駅は、正直言って、いらないと思う。
● 「六甲のおいしい水」を買うことに抵抗がある。
● 須磨は肌を焼くところで、泳ぐところではない。
● ポートアイランドとポートピアランドの違いが分かる。
● 父は、JRを 「省線(しょうせん)」 と言っていた。
● 母は、神戸電鉄を 「神有(しんゆう)」 と言っている。
● ケンカをするときは必ず「ダボッ!」と言う。
● 正直、県民性は無いと思う。あるのは地域性。

実家を出てからもう17年も経ってしまったので、わからないところも多くあり。
で半分以上削除してもこれだけ残ってしまいますた。
「友達の友達が南野陽子や藤原紀香とつきあってた…」というのがありますが、私のときは「先輩の友達がデビュー前の石野真子とつきあってた」というのを小6の時に聞いたことがあります。(古過ぎ?!)

で今住んでる東京もコッソリ覗いてみたら、非東京人版がありました(笑)

● 上京した当時、山手線の駅名を全部暗記した。
● 同様に地下鉄の駅名をすべて暗記しようとして挫折した。
● 東京に住んでいるのに大阪弁を直さない大阪人は大嫌いだ。
● ベタベタした人間関係が嫌いだ。
● 他府県ナンバーの車が割り込んでくると、『ったくこの田舎もんが!』と腹のなかで怒鳴る。
● 「田舎はどちら?」と聞かれるのは、あまりいい気分ではない。
● 飲食店で行列して待つのことは当たり前だと思う。
● 定期入れにパスネットを必ず入れている。
● 丸い山手線の真ん中を中央線が走っているということはヨドバシカメラのCMで覚えた。
● 「ウザイ」が東京の方言だということを知っている。
● 田舎に行くと、「緑が多くていいですね」としか言えない。
● 明治神宮のおみくじに、大吉などの表示がないことにがっかりしたことがある。
● 山手線の内側に住むことにあこがれる。
● 「お風呂でキュキュキュ、東京新聞」のCMソングが歌える。
● 自分のテリトリーが決まっている。そこ以外の街に行くと必ず迷う。
● 学芸大学といえば東急東横線の駅名だが、大学がどこにあるのかは知らない。都立大学もしかり。
● 電車の駅周辺には必ず繁華街があると思っている。
● 「隣組」のメロディーを聴くと「ド、ド、ドリフの大爆笑~!」の歌詞が頭に浮かぶ。
● ヨドバシカメラとビックカメラとカメラのさくらやを使い分ける。
● 電車に乗るとき「こんど」と「つぎ」のどちらが先に発車するかを知っている。
● 電車の一駅は歩ける距離だと思っている。
● 馴れ馴れしい人が一番苦手だ。
● 道路の名前を知らない。
● 上京したての頃は新宿を「ジュク」、池袋を「ブクロ」と呼ぶもんだと思っていた。
● しかし今では、サンチャやニシオギはもちろん、シモキタもナカメも、どこのことだかわかる。
● コンビニは家から5分以内にあるのが常識だ。
● 江戸っ子より、東京人っぽいのが自慢である。
● 自家用車の必要性をあまり感じない。
● 他人のプライバシーには興味があるが、詮索する勇気がない。
● ラーメンが大好き。
● 市内局番が「3・・・」で始まる番号がちょっと羨ましい。
● 首都機能移転の話題には、鼻で笑ってしまう。
● 初めて上京して来たとき、ドラマや小説に出ている地名があらゆるところに実在するので感動した。
● 初めて新宿駅で下たとき、人が流れる方が出口だと思ってついて行ったら自分の目的地と違っていた。
● 池袋駅で難民化したことがある。
● 地下鉄の路線図を常に携帯している。
● 顔には決して出さないが、訛りのある人を少し軽べつしてしまうことは否めない。
● 東京発進の情報イコール日本全土の情報だと頭から信じている。
● ポケットティッシュは駅のそばで貰うものだ。
● 東京ディズニーランドと新東京国際空港が千葉にあるのは納得がいかない。
● でっかいわ~といえば石丸電気。
● 大阪へ行ったら店員が慣れ慣れしすぎてびっくりした。
● 顔には出さないが、渋谷にたむろしているガキどもを火炎放射器で排除したいと心底思っている。

こちらも抜粋ですが、結構残りました。

でもこれって地元民のレポートなんですかね。
ホント地元じゃないとわからない内容ばかりです。
非東京人の上京版も上京した人でないとウケナイ内容だし。

皆さんも是非やってみてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

うれしい知らせ

先日以前ブログ仲間だった方からうれしい知らせが届きました。
ブログ閉鎖後ネット歌手を始めたというのです。
その方はYOKOさん。
昔歌手を目指していて、20代のころに一度ポリドールから曲を出したことがあるのですが、その後は結婚して家庭に入られていました。
あるきっかけで夢の実現へ再び歩き出し、40代でタレントオーディションに合格、シニアタレントの卵としてレッスンに通ったりされていました。

サイトはこちらです。
インディーズ無料音楽ダウンロード,試聴、コミュニティーサイト NEXTJAPAN

YOKOさんのページはこちら
yoko

DL(ダウンロード)ボタンを押して開くか保存して曲を聴くと1票投票されてランキングに反映されます。
YOKOさんはさすがにカラオケのない時代に歌手をされていただけあって、抜群の歌唱力です。
歌は自宅で録音されているようです。すごいですね。
てっきりスタジオでやってるのか…と思いました。
皆さんも是非DLボタンを押してYOKOさんを応援してくださいね。


実は私も昔中華圏でのCDデビューをしたい…と密かにボーカルスクールに通っていたことがあります(爆)
いや単にカラオケ上達させる目的だったのですが、適当にカッコいい理由つけてただけかな。
22年前(大爆)中国語学習を始めたころ、テレサテンの中国語の歌を聴いてすごく感動し、中国語の歌を覚え始めたんですよ。
テレサテンは日本で出してる歌も多いですが、中華圏の歌姫なので中国語の歌はとっても上手。
とてもキレイなんですよ。中国語は日本語にある濁音がありませんから。

で自分も歌えるようになると、やっぱり本場の人にも聴いてもらいたいなぁと思うようになり、中華圏でのCDデビューなんてアホな夢をほのかに持ったりした訳です。
子供ができる前には中国語カラオケコンテストにエントリーして当日風邪で声が出なくなり予選辞退したこともあり。
でも前のマンションで知り合った台湾人と上海人のママ友さんたちとカラオケ行って、めちゃくちゃ褒めてもらって・・・終わりました。
その後は特に歌手願望も消え失せてますが、YOKOさんのネット歌手の話を聴いて思わずムクムクと懐かしい夢が湧き上がって来ました(^^;

でも曲は誰が作るんじゃい。
どうやって録音するんじゃい。

やっぱり無理・・・でした(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

激しく自己紹介します

逆境に、輝いてこそ女!さんのブログで紹介されていた前略プロフィール

以前お友達のHPにお邪魔したときに見たのと同じもので面白そうだなと思っていたので、私も作ってみました。
すごいキャラ表れます。
良かったら覗いてみてくださいね。

私のプロフィール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧