« 今日のアドベンチャー | トップページ | 第8回関東ドルチェの会練習会 »

2007年11月12日 (月)

先週土曜日のレッスン

ここんとこ更新頻度落ちてました。
テンパリ状態回復…というところでしょうか(爆)

先週末に長距離サイクリング通勤をしたら、昔の病気が復活?痛みはないのですが直腸の中に血袋みたいなのができたようで翌日下血しました。きたねー
圧迫すると時々なるんですよね。様子見ながらチャリンコ暴走族することとします^^;

先週は合計2時間も練習できなかったのですが、土曜日レッスンに行きました。
毎日弾けないなんて本当珍しいです。沢山寝てるのに夜早く眠たくなるんです。
ノニも効いてるんですが、睡眠時間少なく済む訳には行かないようで。

レッスンに行くとき、ポストを見たらだいぶ前に注文したラローチャ女史監修のグラナドスのロマンチカ集・ワルツ集が届いてました!
ロマンチカ…何か古い歌謡曲みたいですね(爆)
スペイン語わからないのでそのまま音訳してますが、もっといい日本語あるかも。

レッスンに早速そのまま持ち込みましたよ。
ホチキス製本の薄い楽譜でした。なのに2冊で1万円…。
でもラローチャさんは貴重なグラナドスの直弟子のお弟子さんですからね。今のうちに買っておかないと25年後にはこんな値段じゃ買えないでしょう。(またブランク25年?爆)

新しい楽譜は速度表示もちゃんとついていて、先生も興味津津でした。
先生はまだ音源聴いてらっしゃらないようなのですが、ちゃんとフレージングや曲想とかも指導されていて、本当すごいなと思います。

シンフォニアのことすっ飛ばしてますね。
ようやく主題がスッキリ聴こえるようになったとのことで、2回ぐらい通して弾いて合格となりました。
いやぁ2声みたいな訳に行かないですね。○付くのに1ヶ月かかってます^^;
次回は6番の予定です。
主題分けを見せてもらって書き込みをする時に先生の楽譜を見たら、何か外国語で説明入ってました。
外人の先生についてらしたのでしょうか。
遠い存在ですね。ピアノのプロの世界ははるかブルジョアジーと言うイメージです。

グラナドスに戻ります。
Rapsodia Aragonesa、日本名が出てるサイトがありました。「アラゴン狂詩曲」と訳されているようですね。
アルファベット打つの面倒いからこっちにしようかな(爆)

アラゴン狂詩曲、レッスンで弾き始めたらイントロのところでスッ転んで仕切り直したのですが、「出だしがとてもキラキラしてステキですね」と言っていただきました。その後滅茶苦茶だったのに・・・穴に入りたい(笑)

その後はフレーズのまとまりをちゃんと意識して、ペダルを踏みっぱなしにしない。
呼吸をちゃんと入れる。焦らない。パッセージとメロディの違いをはっきりさせる。
不協和音ぽいフレーズのところは主だった音をはっきりさせてあとは、おかずというか添える程度に響かせる。
などなど種々の指摘をいただきました。
「左手伴奏はかほりづけ程度」と言う表現もありました(笑)
あとメロディのところで、


もっとやらしく弾いてください(爆)とか。


レッスン開始1年以上経って先生もだんだん砕けてこられたようで。
突撃系なら得意なのですが、やらしく弾くのは苦手。早くやらしく弾けるようになりたいですね^^;

来週のレッスンまで毎日練習できるといいのですが。

仕事も慣れては来たけど、訊く人によって指示が正反対だったりして板ばさみ状態も多々。
色んなサプライズがあって飽きませんが、対応に困ることもしばしば。
そんな毎日が夜の眠気を誘っているのでしょう。

ま、とりあえずきばります(笑)

|

« 今日のアドベンチャー | トップページ | 第8回関東ドルチェの会練習会 »

ピアノレッスン記”rapsodia aragonesa”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のアドベンチャー | トップページ | 第8回関東ドルチェの会練習会 »