« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の15件の記事

2007年6月29日 (金)

長女受難と怪談

昨日は長女の厄日でした。
こないだ小学校の歯科検診で指摘されて、近所の歯科で治療して終了したはずだった、下前歯。
乳歯とずれて後ろ側に永久歯が生えて来ているのですが。
こないだからその歯の間の歯茎が腫れて来たのです。
食べるたび痛いというので、今度は別の少し遠めの小児歯科に行きました。

前の歯医者では放っておけば乳歯は抜けるからとのことだったのに、その小児歯科では抜かないといけないとのこと。ネットで調べてもそういうケースは抜くことが多いとあった。
それを医師が言った瞬間に長女が大騒ぎ。
歯医者の椅子に座った途端にも泣き出してはいましたが。

恐怖心が強いのでしばらく通って慣れてから抜きましょう。
でも慣れなかった場合は抜く時に暴れると危険なので、大学病院で体に麻酔をして抜いてもらうことになります。

とのことでした。
大学病院で抜歯なんてとてもじゃないので、身体に麻酔をするときの注射は背中に刺すんだよ、とっても痛いんだよ、といろいろ諭して帰途に着きました。

でバスを降りて歩き始めた瞬間、私の後ろを歩いていた長女の方で鈍い音がした途端、悲鳴が。
何と、バス停脇で椅子か何かでつまずき、傍の低いブロック塀(上部は金網になっている)に激突。
こめかみを打撲してしまいました。
最初どこを打ったかわからなくて泣いていましたが、みるみる目の横が膨らんで来た。


キャーーーーーー!!!←私^^;


あまりの騒ぎに降りたバスがしばらく様子を見て停車してました^^;
その後私たちが歩き始めるとようやく発車しましたが。

長女は赤ん坊の頃ハイハイをしなかったので、転んでも手が出ず今までもよく顔面をケガして来ました。
あとはパパに殴られてとかもありますが。そういう運命なのかなぁ。なんて考えてたら。

打撲してしまったので昨日はお風呂に入らず寝かせて、その後次女とお風呂に入っていたら、何回か長女の叫ぶ声が聞こえる。でもその都度開けて長女に呼びかけて耳を澄ませても何も聴こえない。

もしかして急死して私を呼びに来てる?など下らないことを考えてたら、今度は脱衣所でバタバタ人の気配。
あ、パパが家族混浴の準備をしてるのか(爆)と思いながら、次女と遊んでいたけど、入って来ない。
ドアを覗いたが気配はない。


空耳アワー(爆)


気にせず風呂から上がり、気になる長女を見に行ったら既に寝入っていた。

でその後近所の保育園ママさんにお借りしたCDの取り込みをして曲名入力をやっていた時。
作曲者名を「バッハ」と入力したつもりが、キーを押し間違い変換後の言葉が…


罰じゃ\(゜ロ\)(/ロ゜)/


なんか単なる間違いとか偶然じゃないような気がしてしまい、


ゾ~~~~~~~~~


後で寝る時に旦那にこの一連の話をしたら、長女が叫んでたのも聴こえなかったし、自分も脱衣所には行かなかったとのこと。


ガーーーーーン。コワイ。なんか時期が早いのでは?!

よく考えてみると、のだめのテルミンネタで四○怪談の話を職場でオモシロ可笑しくしてた。
ちょっとやばかったかな。(私自身も中学生の頃経験あり)

今朝になって長女の顔見たら、その主人公さながらの風貌になってました。
マジ怖かったっす。

眼科に行ったら、念入りに検査してくれました。
いちおう眼球は無事だったのですが、今回打った部位は視神経が集中しているところなので、気をつけないと失明しますよと釘を刺されました。アチャー

ポルターガイストをこうやってオモシロ可笑しく書いてるのもイケナイことかも(恐)


罰じゃキャー


Kega


| | コメント (10)

2007年6月26日 (火)

第5回関東ドルチェ練習会

今年度は長女の小学校やら、次女のレッスン開始やらで去年の今頃と較べると充実した週末ですね。

先週は土曜日から家族のお出かけ→ピアノレッスン→マンション理事会などちょっとハードスケジュールで、しかも朝と夜中の空いてる時間にダンナに人志松本のすべらない話とか仮面ライダーカブトのDVD鑑賞に誘われ!(1日の行程です(爆))
ああ、何て欲張りなんでしょう。。ぎちぎちにスケを組むと週明けに来ます。昨日も案の定死んでました。
いちおう仕事には行きましたけど(爆)仕事もしましたけど(大爆)睡魔との闘いだった…。反省。

そして日曜日はドルチェの練習会!11時から3時間いつものサロンで行いました。
今回は1台の部屋しか空いていなくて、ちょっと手狭でしたですね。
2台ピアノの部屋を覗いたら男性が1人で練習されていたので、「代わって~」と心の中で叫んでいました。
あの後あの部屋に人数は増えたのだろうか。。

今回はまーみさんtakakoさんポーちゃんさん自由の女神さん、のりさん、私の6人の参加でした。

ちょっと湿気ていたから?エアコンが冷えていたから?椅子が低かったから?なのか私にはちょっと弾きづらいピアノでした。
YUさんウェルカムの時と同じ部屋だったんですが、その時はとても弾きやすかったのでピアノが変わってたのでしょうかね。つや消しの躯体でしたし。
他の皆さんは弾き易いと仰ってる方もいたのでよかったですが。低音の響きは素晴らしかったです。

でアホな私はこんなにでかいフルコン、こんなに小さい扉からどうやって入れるのか?と言う思念が練習会中ずっと地下鉄漫才のように渦巻いていました^^;
まさかスタインウェイまで分解できるとは…。takakoさん、教えていただきありがとうございました^^

メンバーももう何度かお会いしている方ばかりになりましたので、前回からの進化ぶりなど演奏の鑑賞法も深くなって参りました。

今回まーみさんは夜教室の大人のコンサートの本番がおありとのことで、バラ3を練習されました。
1日ピアノと飲み会(笑)漬けで緊張が夜まで続いて大変だったことと思います。お疲れ様でした。

第1回練習会で私のへっぽこバラ3を披露したときに、「実はこれの譜読みを始めますと」宣言されて半年強でここまで仕上げられるとは!
直前レッスンで苦手箇所について先生にダメ出しされたとのことですが、いやぁレベルが違いますです。
タッチや音色の進化ぶり、オクターブのレガートなどなど素晴らしいですよ。関西の皆様楽しみにしていてくださいね^^

バラ3以外は昔懐かしい花の歌とかクシコスポスト(運動会!)やモーツァルトロンドなどを豪華に弾いておられました。しばらく弾いていないという曲もあったのですが、全然退化してない演奏でした。スゴイです。
コンサートの後の選曲も楽しみですね。


takakoさんは今回だけではありませんが、音色とタッチのレベルが違います。
レッスン中のベトベンソナタ悲愴2楽章・3楽章やテンペスト(赤い激流!)、幻想曲さくらさくらなどを弾かれました。

さくらさくらは前回もステキでしたがとてもピアノ100選初級編に載っているとは思えない技巧で、和楽器のイメージを彷彿とさせる演奏でした。
私も前回の後ちょっと弾いてみましたが、軽くなっちゃって^^;せっかちなのでダメなんですよね。

今回は自分の演奏の後凹みまくりだったのですが、takakoさんのベトベンが印象的で思わず帰宅後一通り弾いてみたほどでした!


自由の女神さん、今回も聴かせてくれました。
バッハのパルティータは私は聴いたことなかったのですが、二声と言うのに複雑な譜面をしっかり弾かれていました。インベンションどころじゃないですね。

後ショパンのワルツ3番、シューベルトソナタ(のだめちゃんのコンクル予選の曲)、バラ1を披露されました。
女神さんのショパンは聴いていて安心します。バラ1のコーダの部分、よく右手疲れないよなーとしきりに観察させていただきました。後ろからごめんなさい^^;
のだめちゃんのシューベルトソナタは全曲聴いたことがなかったのですが、この日全曲拝聴!
ほほーこんな中盤なのかとかのだめちゃんの放電状態の雑念を振り払いながら(笑)しかと聴かせていただきました。
シューベルトは楽しき農夫しか弾いたことないので、まだ1曲も知らないのですが、ソナタもよい曲ですね。
シューマンとシューベルトが未だに混乱する私ですが、このソナタもいつか弾けるようになれたらなぁと思います。
※記事アップの後、念のため確認したら、やっぱり混乱してますた(恥)


そしてポーちゃんさん。遅れて来られるとのことでしたが、会が始まって間もなくかけつけてくださいました。
ポーちゃんさんのいつもすごいところは、毎回暗譜!そして知られざる作曲家の名曲レパートリー。
今回シューマンのユーゲントアルバムの小さなロマンツェやバッハインベンション、ソナチネアルバム、モツソナK.545などを弾かれました!

自宅での練習環境はプリちゃん1台、下のお子さんの年齢がいっしょなどなど私といろいろ共通点の多いポーちゃんさんですが、始めて2年ぐらいでこれだけ進まれるとは素晴らしいです。
しっかり楽譜を追ってらっしゃるので譜読み後の仕上がりもよいのではないでしょうか。。


そして男性紫一点ののりさん。今回練習会は2回目のご参加です。
到着後期待されていたlkさんの欠席を知って少し落胆された様子でしたが、女性軍に囲まれてしかと弾いてくださいましたよ!
いでたちがお若い!後ろから拝見すると女性のようなしなやかさをお持ちです。ああ、私も痩せなきゃ(爆)

曲の方は発表会用に練習されているラプソディ2番、他は悲愴3楽章、恋に落ちてを弾かれました。
第1回のときに較べて随分進化されていました。前回は忘年会後のご参加だったから…ということだそうですが、ラプ2もベトベンソナタも強弱はっきりしていて、メリハリのある演奏でした。
で・・・ラプ2に聴き惚れていましたら、残り1ページ半というところで、突然演奏中止。
何事?!と思っていたら、おもむろに鼻をかまれました。


どつぼにはまる(爆)


演奏再開後も押さえ切れなくて…、のりさん始め静かに鑑賞されていた皆様、すみませんでした。
実は今日も仕事中同僚が鼻かみ始めた時に思い出してつぼにはまりました(笑)あやしいですね^^;

あれだけ冷静に弾ければ発表会も大丈夫でしょう(笑)羨ましい。
悲愴3楽章も男性らしい、takakoさんとはまた違う色を持った演奏でした。ベトベン、いいですね~。
モチベーションアップになりましたよ!

そして最後に歌謡曲(古)の「恋に落ちて」。
序奏のアレンジメントが原曲に近くて、のりさんと年代の近いメンバーは湧きました。そして静かに合唱(合掌…ではありません(爆))
伴奏譜だったのに時折旋律が入ってました。今度は弾き語りでお願いします^^;


最後に私なんですが、今回かなり撃沈しました。
レッスンでやっているマズルカ5番・スケ2のほか、スケ1・3、英ポロを弾いてみました。
もうボロボロですわ。スケ1とかは自宅では結構音取れてたんですが、新曲で緊張してるのもあってかほとんどさわりで終わり。代わりに弾いたスケ3も音外しまくり。

スケ2もコーダは前回は結構ごまかして弾けたのに、今回外しまくり。最後に弾いた英ポロはちょっと弾いてなかっただけで左手も両手も和音をつかめなくなってました。汽車ポッポも石炭切れという感じ。
以前マスターできた脱力コントロールが全然できなくなってて、発表会のボロボロより更にボロボロでした。両手共途中で硬直してしまひ。実は今も両手の甲がうっすら痛いのです。
ここ2日ほどピアノは触っていません。暗譜ももうダメだった。
ピアノって何でこんなに残酷な楽器なのですか?!


英ポロよ、さようなら~(爆)


と言うわけで以前拝命した「英ポロ娘。名誉会長」は降りることにさせていただきました。
夏の関西で弾こうと思ってたんですけど、無理かなぁ…。


練習会の後は遅めのランチです。
以前まーみさんが失礼なこと言われたお店の今回はビアホールの方に入りました。
ビアホールの方は料理が豪華メニューでした。立地の割りに安かったですし。
お話も雑談から過去の人生経験やら浮気男、ピアノのこと、ドルチェのイベントについてなどなど、話題が多種多岐に渡り、大変有意義な語らいでした(爆)
皆さんのお話聞いてると、私なんてまだまだヒヨッコの甘ちゃんですね。もっとドーンと構えてこれからの人生を歩みたいと思います。

自分のできには撃沈しましたが、皆様の演奏にはいろいろと触発され、モチベーションアップできました。
大変にありがとうございます。

次回は8月5日の予定です。メンバーのかたがたには会場の予約取れ次第、詳細を追って連絡いたします。
また今後共宜しくお願いします。

| | コメント (18)

2007年6月22日 (金)

テルミン再び

…と言ってもまだ買ってないのですが。
テルミン、私のハートをドキュンです。
マイナーな楽器なのかと思いきや、東京じゃ結構第一人者の演奏家の講習会やら講座やらワンサカありますぞ。
パッと見参加しにくそうな時間帯が多いのですが、その気になれば行けそうなスケジュールです。

そして日々テルミン、テルミンと検索してたら、こんな愛らしい楽器を発見。


マトリョミン


昔向かいのおうちのお姉さんちにマトリューシュカがあって、それ目当てに遊びに行ってのを思い出します。
懐かしい!パルナス!(意味不明@関西限定ネタ)

これはテルミンの日本の第一人者の演奏家の方が作られたそうです。
マトリューシュカにテルミンを入れてしまった!
寒いと音程のコントロールが悪いだとかで外套とかも売ってるそうだす(笑)

電源入れて置いてると、周りの物に反応して音出したりするそうですよ。
人形だとチトこわいかもですね。電源切ろう(笑)
こちらは女性の愛好家が多いようですね。

本家テルミンの市場はというと、結構ありました!
楽天でもこんなのとか。
できてるものだと本体だけで5万強というとこでしょうか。
いろんなブログで紹介されてる外国サイトとか見るとも少し安いようです。3万強とか。

テルミンキットとかだとこないだ国内の6000円ていうのがありましたけど、外国製でも↑の既製品ばりのキットが1万とか。ヤッスーイ!!
説明書が英文?そんなんPCのヘンチクリン翻訳ソフトで充分ですがな(爆)
英米学科卒なんで生で読めないといけないはずなんですが。いやあ、電気工作はラジオ1台しか作ってませんので(違爆)

レッスン再開時のバッハインベンションのピーターズ版はフランスの楽譜店で買ったんですが、そのときに支払い方法とかでちょっといろいろあって、メールのやりとりするのにへっぽこ翻訳ソフトが大変役に立ちました。


あ、また話それた(爆)


日本のテルミン人口は世界でも多いそうです。
音程は4オクターブ以上出るようです。でも曲頭でいきなり音を合わせるのは至難の業のよう。
10年ほど前にやはり物悲しい音色に魅せられて二胡を始めたものの、自分で音程調節する楽器に挫折した私。いちおうチューナーは持ってますが。

まあ、二胡は月謝がグループレッスンなのに1時間6,000円だったのと、先生のセクハラ_今はあり得ないですが_と言う原因もありましたけど…。

…やっぱり鍵盤楽器が無難ですかねぇ。
でも自作キットはどれか買うと思います。
第一人者の竹内先生の教則本が丁寧なようなので、そっちもゲット!


ピアノ、大丈夫ですか?>自分(爆)

| | コメント (16)

シャトルシェフの怪

昨日はダンナが年休だったので長女の学童保育は休ませて、自宅に直帰させました。

前日から夕飯も作ってくれると言うので楽チンだなあと思っていたら。

帰りの電車内でキッチンに放置したシャトルシェフのことを思い出した!

ダンナは作る前後に台所の汚れ物や食器類に一切触れないタイプ。

私が放置したシャトルシェフの中にはもう数日前から火を通していないカレーの残りが(爆)

ダンナが気づかぬよう台所の隅の足元に置いたのだけど、帰るとやはりモラハラ男と化していた。

豚肉の角煮を作ろうとして禁断の白カレーを見てしまったらしい。

シャトルシェフはカリスマワーキングマザーのももせいづみさんの著作を読んで買った代物であるが、今回のような例についてやはり言及されていた。

シチューなら黒カビ生えて黒シチューというところか。

そうなってしまうと片付けるのがおっくうになるんだよねぇ。

あ、昨日一応片付けましたが。


のだめやんけ(爆)

リアルの知り合いに引かれそう…

| | コメント (4)

2007年6月19日 (火)

第二の楽器

こないだ待望ののだめのコミック新刊出ましたね。
のだめファンの皆様プリリンつけてマスか?

 
(左:おまけつき 右:コミックのみ)

のだめもアニメになってからちょっとブームが下火になった感がありますが、前々回前回シリアスだったのに比べて、今回は久しぶりに小ネタ続出。
毎日思い出し笑いこらえんのに苦労してますー(笑)


で今回インパクトに残ったのは

「小鳥に説教する何とかの聖フランチェスコ」と

世界最古の電子楽器テルミン

何とかわゆいネーミング。発明者の名前なのか。
手を触れないで演奏する?!そんなオカルトな楽器が本当にあるのか?!と調べてみたら、何と随分マニアがおられるのですね。ビックリ

諭吉サン未満の値段で手作りキットまで売ってる。

実は昔中学時代に兄の道具使ってラジオ製作かじったことあるのでとても興味が湧きました。

また久しぶりに半田ゴテふるってみっかなぁ。
でも完成しても早朝深夜には鳴らせないですね。
ホラーな音色にホンマもんが寄って来そう(爆)

うまく行ったらdolceで披露なるか?!

| | コメント (10)

2007年6月16日 (土)

有名人に会う

有名人に会う
(ご存知こち亀両さんで~す)

有名人に会う
(ここが有名な派出所です。秋元センセのサインもありました)

有名人に会う
(両さんの机。机の中は私の職場の机と大差ないかも(爆))


今日はピアノレッスンお休みなので、近所の義姉親子&我が家総勢で食べ放題へ。
その後某有名人に会いました(笑)
子供の頃はまさかこんなとこまで来れるようになるとは思わず、毎週ハチャメチャ譚を読んでましたものですが。

振り返ってみるとピアノも思いがけない展開ですよねぇ。
明日行く道知れずというところでしょうか( ̄m ̄)

十年後はどうしてんのかなぁ…(笑)

| | コメント (8)

乳がんのこと

山田邦子 番組きっかけで乳がん発見

昨夜mixiニュースでこの記事を発見。
私は最近仮面ライダー以外はテレビ観ないので、山田邦子さんは随分ご無沙汰してましたが。

運のよい人ですね。乳がん検診とか受けてなかったのでしょうか。
でも「おっぱいが大きかったから」というのが羨ましい。
いや、私も子供産んで長い授乳生活の後前よりデカクはなりましたが、最近は腹の方がデカイ(爆)

ってそうじゃなくって(笑)
私もですね、独身の時から毎年職場の婦人科検診受けています。
母方の祖母が乳がんで片方のおっぱい切除してたからです。
その後は90歳過ぎまで元気で大往生でしたが。
大往生だったのでお通夜の後、夜明かしでお香焚いてる時に親戚中で宴会みたいになって盛り上がりました。
でお棺を覗いたら、亡くなったばーちゃん笑ってたの。こんなお通夜なんて滅多に経験できないでしょうね。

あ、また話それた。
で実姉は良性だったけど胸のしこりを取ったらしいですし。
遺伝するんですよね。がんは。

婦人科検診は今まで乳房の方は触診だけでした。
自分で触って…というのがまだイマイチよくできないのです。
毎日やらなくてはとは思うのですけど。

で今年からマンモグラフィーというのもやることにしました。
やった友人によるとおっぱいをギューと機械ではさんでつまんですごく痛いそうです。
胸ない人は特に(爆)
触診では完全に見つかる訳じゃないみたいですね。
マンモグラフィーの方が確率高いそうです。

現に職場の友人も毎年の検診受けてたのにその合間に乳がんになった子がいます。
私の出産した頃に病気されたので、事後報告だったのですが、温存にしたの?とは聞けず。
再開したときは元々小柄なのに、また更に細くなってしまってて。
抗がん剤で頭髪も全部抜けたそうです。

乳がん、コワイですね。
早期発見が鍵のようです。ならないで済めばよいですが。

| | コメント (8)

2007年6月14日 (木)

果てしない抵抗( ̄ω ̄)

昨日保育園にお迎えに行った時のこと。
今春新調した上履き2足がもう小さくなってしまったので買い替えたのですが、小さい方も安物とは言え捨てがたい。

ということでたまたまお迎え時にいた担任その1の先生に保育園の予備用に引き取ってくださいと話して、翌朝早番保育士にも説明して渡した古い上履きがカバンに入っていた。

怪訝な顔をして見ていると、担任その2の先生が出てきたのでもいちど引き取ってくださいと話をしたら、

「担任におっしゃいました?」「はい」

「じゃあ早番保育士には仰られなかったんですね」「早番の先生にも説明しました」


(o`∀´o)


その件は落着して帰る用意をしていると、また担任その2の先生が来て名無し箱を指差し、


「昨日ここにあったシャツ○○ちゃんのですか?」「はい、そうです。」


「お名前書いてなかったんですよね?」「いいえ、書いてましたが別の方の荷物に入ってたと言って昨日××先生から受け取りました」


「名前はここで書いたんですか?」「いいえ、家で書きました」


ヒャー、見事に逆らいまくっちまった。
姉の名前が入ってるのを書き直せとかその後も続きましたが…。

最近脳内が整理されてないのでカンペキに全部管理できんぞ(o`∀´o)

洋服と言えば、長女と私もパツパツでボロボロを着続けてましたが、いえ、長女は泥んこガキなので春買ったのがボロボロなんす。

ズボンも丈に合わせて買ったらウェストから股上にかけてが小さくて、いつもシャツがベロンチョ。

私のも太りすぎて去年の半袖は皆チビT状態(爆)

痩せるのが待てなくなって、こちらは抵抗をやめて大きいサイズに新調しました。
今日の服は楽チンです。
これでいつでも救急車に乗れるぞ(違)

| | コメント (6)

2007年6月13日 (水)

ええ加減にせぇ

こないだ財布を置き忘れたばかりと言うのに、そういう年頃なのでしょうか、月曜日に定期券を忘れ、夜また財布を忘れ。


クソダヴォ(o`∀´o)


月曜日晩は新しい職場の歓送迎会だったのですが、帰りに電車の切符を買おうとして財布がないことに気づき、一緒にいた隣の係男性に借りました。

ホルモンの調子ですかね。

でこのところ助三昧です。毎日1時間弾けるか弾けないかなのに、3曲も無謀かと思いつつちんたらやってます。

自分にとっての難所も大体把握できて来ました。

助一は序盤の音が跳びながら上がって行くところとコーダの上から2音+1音の右手進行の部分。

特にコーダの部分は遅めに弾いてらっしゃるルービンシュタイン先生もめちゃ速弾きです。

他は音さえ取れれば速弾きは可能な部分 も多いですが、ここはなかなか手ごわいです。
薔薇一のコンフォーコみたいな運命を辿らねばよいのですが。

難所練習中に、最近ちょっとご無沙汰なTAKAYAさまの教えを思い出しました。

「ある程度弾けるようになった時にいい気にならない」

「音が安定するまでゆっくり練習を積む」


道のりは長いですが、心して頑張ります。

| | コメント (6)

2007年6月10日 (日)

6/9(土)のレッスン

今日は長女の小学校の学校公開です。
いつもどおり登校班での登校なので、私も平日のように5時起き。昨夜はかなり寝苦しくてフラフラになって一度起きたので結構へヴィー。

日曜日なのですが、ダンナはすごく気合入れて服も新調、髪の毛ツンツンにして昨日に引き続きお友達と遊びに行ってしまいました。予定が入ってから学校公開のお知らせが来たので仕方ないと言えば仕方ないですが。
ま、こないだの運動会は途中で抜けたけど一応いたし(爆)
あまり多くを期待しない方がいいですかね。
最近の日曜日はピアノの練習会とかで私の出かける方が多かったから、強く言えな~い^^;

学校公開は先ほど国語の時間に覗いてみました。
挙手がすごい!皆。勢いありますね。若いから(爆)
長女も挙手して発言したりしてましたが、声が小さかった。
私の姿に気がつくといきなり萎えてる(爆)オイ、萎縮するな(笑)
でも思ったより活発に勉強してて良かったです。
5時間目までやってるので、このあともう1回覗いてみようかな。

さて、昨日はレッスンでした。

【マズルカ5番】
曲想とか全般的にはよいそうです。
注意事項は2箇所。
・34小節目の2拍目、3拍目の右手ファーソ ファ♭ソファのところはソと♭ソに意識を集中すること。

・最後の和音(また)はやはり手の用意をしないでいきなりバシャッと弾いているので音が汚い。
上から指をポンと落とすのでなく、鍵盤に静かに指を置いて前方に押すこと。

暗譜も大体できて来ました。でも最後の和音が一番難しいですね。
和音は叩く癖がついてるのか、どうも矯正が利かないです。要研究。

【スケルツォ2番】
今回は最後まで聴いていただきました。中間部とコーダで2回ほどつまずきましたが、最後まで何とか弾ききりました!

・ところてんにっぽーんのぽーんの和音がきつい音になっている。
上から鍵盤を叩かないように。斜め前に体重をかけて弾くと音が柔らかくなる。

・ところてん日本文化国家のページの4回目のにっぽーんの左手ドのオクターブの和音は4回のうち一番重厚に弾くこと。

この2点をやり直ししたら、「このページはそれで完璧ですね!」と言われました。和音の押し方定着させねば。

・次のページのファーミレラファミレラファミレラの最初のファは3から5に押し直しているが、5のままで弾く。
右手5指だけで踏ん張らないで左手♭レのオクターブと一緒に支えると右がグラグラしない。

・世にも奇妙な物語風のところの2巡目。左手ドレミファソラ♭♭シのファで1指になるときに先に肘を上げる。体は前に倒す。

いつもと同じ箇所の指摘ですが、前回レッスンよりはだいぶよくなっているとのことでした。

・con animaの流れるメロディーの箇所の8小節目の右手シーシを意識する。

・同じく15~17小節目ドーー ドード ドーの弾き方に注意する。上からポンポンと押さない。小指を伸ばし気味に気持ち鍵盤の奥に少しずつ入って行く感じで弾くこと。

・同じく31,32小節目の右手、ミーー ファー(ラ)のところはミを弾いて手を自然に戻すような感じでファをそっと弾くとフレーズが終わる感じになる。

・その後のメロディがオクターブになるところは軽く鍵盤をなぞっているだけで弾いているが、1指の音をしっかり押さえてオクターブ音を出すこと。

・初めての静かなところ(sostenuto)以降の切ないメロディーの箇所の内声の3連符のシラソがトリルのように聴こえる。432の指で弾くときに4の指が鍵盤をひっかいたようになっているが、そうせず奥から少しずつ手前になるように432と均等に弾く。

・leggieroの右手アルペジオのところは先週と同じ指摘。右手下降してくるときの1指から4指に移るときに先に肘を上げること。(左手アルペジオで上昇時も同じような肘の使い方をすること。)

手、指、肘の形がまだまだ基本ができてないようです。
今まで適当に弾いてた癖が残ってしまってて…、なかなか難しいものですね。

レッスン曲と別に最近はスケ1、スケ3も練習してるのですが、先生のフォームに関する注意事項が役立ってます。スケルツォは結構似たフレーズ多いので、1曲をクリアすると他のスケのポイントもクリアできそう。

レッスンは来週はお休みです。

| | コメント (4)

2007年6月 9日 (土)

ロボコン100点♪

050_2

昨日はいいことありました。次女がトイレでウンチ…じゃなくて(笑)
長女が持ち帰った学校のテストが全部100点だったんです!

私自身はケアレスミス多くて得点高くても90何点とかでなかなか満点は取れなかったクチなので、ちょっとビックリです。パパはなんか納得してました。何故?!

長女は入学直後は何かトラブルがあると泣き喚いたりフリーズしたり、担任を困らせていたようで、個人面談でもたっぷりイヤミを言われたりしていたのですけど、ちょっと前の学童保育クラブの面談時には、「遊びや勉強面はとてもいい面を持っているので、叱りすぎずいいところを伸ばしてあげてください」と言われていました。

テスト自体を見ると自分の学校時代より随分易しくなっているような気がしないでもないですが、でも嬉しいです。
これからも頑張れ~>長女

で最近のテストってカラー刷りなんすね。ガリ版テストは化石?(爆)

| | コメント (6)

2007年6月 8日 (金)

ケツ根が生えそう

昨日いただいたコメントの中に


助二


と言うのがあってビックリ。
私の所属の略称だからです。
読み方は違いますけどね。
そっかスケ2だったのかぁ(笑)

ちなみに助一から助三まであって、助三がエライの。なんのこっちゃ。


それはさておき、こないだ職場の方に便利なものを教えてもらいました〜。

リンクは帰宅後に貼りますが、

TSUTAYA DISCUS

子供ができてから、レンタルビデオとかトンと縁遠くなってしまったのですが、借りるのは宅配、返却は郵送でのレンタルシステムだそうです。

DVDとかは買うと高いので冬ソナとか気になるドラマも今まで観ずじまい。

でもこれなら月に8枚で2000円足らず。
いいですねぇ。

CDとかもあるのかな。詳しく調べてみよう。

でも観る時間あるのかな(^_^;)

| | コメント (8)

2007年6月 7日 (木)

スケスケ大好き(笑)

いきなりエロカワイイいタイトルですんまそん。

もうそういう季節ですねぇ。
今年は胸元強調するようなデザインが流行りなのかな。
私のようなスケべおやじには嬉しい傾向です。ダハ
(自分は相変わらず中核派ルック(爆))

とまあ冗談はさておき、最近のマイブームはスケ!スケ!スケ!

レッスン曲のマズルカ5番とスケ2がもう譜読み終わってるので、前頭葉の叫びによりまた浮気(笑)
こないだスケ3を始めたのをきっかけに、スケ3の音が取れて来たら今度はスケ1行ってます。
譜読みは大体終了。

あ、スケ4もこないだ体調崩してケツ割った日に妄想譜読みしました。


スケローラーはバラよりイケそうv


スケルツォって聴かせどころが音符少なくて演奏効果が高いですよね。
そりゃ難しいことは難しいんですけど、エチュードのような底意地の悪さを感じないというか(爆)

音を拾った後はまたコルトー先生の出番。
昨日あたりから演習やってます。
ただ曲を練習するだけではどうしても引っかかるところが、演習で指の鍛錬をするとあら不思議。すんなり弾けたりします。

顔コワいけどコルトー先生好きやわあ。

ほんでもって、スケ3のコーダの説明。
どのピアニストの動画観ても皆さん速弾きセブンで、アチャー到底弾けなそう…とちんたら練習しておりましたら。

「大抵のピアニストがやっているように著しく速く弾くのではなく、元のテンポに戻すだけ。
コンフォーコは速さでなく力強いタッチで表現するように(趣意)」とのこと。


めっちゃええ先生やわ〜


「男性的な絶頂」も慌てず弾けということだったし。

地道に3曲頑張ろうと言う気になりましたです。

| | コメント (8)

2007年6月 4日 (月)

6/2(土)のレッスン

こないだの土曜日はレッスンでした。
先週サボったレッスン記、今週は自らのために復活いたします。

【マズルカ5番】
4小節単位のまとまりを意識できていて、だいぶスッキリして来たとのことです。
以下注意事項。

・8小節目の右手ファレッドシソファーの所が滑っている。原因は焦っているから。
手指の形に気をつけて慌てず弾くこと。

・13小節目の4拍目ラソの入り方はよい。その後クレッシェンドになっているのだが、ガタガタなイメージに聴こえる。その原因は左手。単音と和音で音を大小させてしまっているから。楽譜の指示どおりクレッシェンドで弾くこと。

・sotto voce.のところをテンポを落として弾いているが、速度は落とさない。

・一番最後の和音は手の用意をしないで弾くとバシャッとした汚い音になってしまうので、鍵盤の上で位置を決めてから弾く。(仮面ライダーカブトのクロックアウトだっけ?でやりたい!(笑))←これは一度だけ成功。とても音が違ってました。ははー。


【スケルツォ2番】
先週はですね、sostenutoには入って20小節までの所特訓して終わりだったんです~;;
私の一番苦手というかつまんない箇所。しっかり見破られてました。あは♪

その時の指摘事項。
・sostenutoの最初のミーファーと移る所の腕の動きに注意。ヨイショーと腕を持ち上げない。静かに上部に少し移動させる感じで弾くこと。

・sostenutoから13小節目~の左手が下がってしまってるので、上げたまま弾く。和音はチャチャー、チャチャーと2音ずつフレージングしてよい。

で今週もちょっとしか行かないのかと思いきや、今度はあのトンデモアルペジオから怒涛の箇所を通って、ところてん復活する前のところまで見てもらえました。
ひゃー!緊張しましたー!聴かせどころって緊張しますよねぇ。私だけ?

今回の指摘事項。
・ところてん日本文化国家が終わって、世にも奇妙な物語風の箇所の2巡め。
左手のドレミファソラ ♭♭シ。132132の運指のところ、2回目の1を弾く前に肘を先に上げること。

・con animaに入る前の左手♭♭シラソ♭ソファミが滑っている。♭♭シラの2音と後の4音を区切るとよい。
音が進むにつれて手が下がらないようにする。

・leggieroの軽快なメロディから始まるアルペジオのところ以降、手と肘の動きの猛特訓を受けました。
指だけで弾いてると何百回練習しても弾けるようになりませんとのこと。弾いたフリですな(爆)
右手の下がって来るアルペジオ、左手の上がって行くアルペジオの時は、1の指が終わるときに先に肘を上げること。
ぶつ切りで4321、4321…と弾いて、次に肘の動きを加える練習をすると自然に43214321とつながるようになる。

時間切れで以上となりましたが、トンデモアルペジオの左手オクターブは褒められました。
「よく音を押さえきれてますねぇ」とのこと。「この部分、好きでしょう?」と言われました。
え?ばれました?ここ最高に盛り上がるところですものね。
独学の時から難しいのでここばかり部分練習してましたし。

支え特集や肘の動き特集やら、とてもためになる特訓ばかりです。ホントはハノンやチェルニーなどテクニカルで練習すべきなんでしょうけどね。
今回のレッスンでは部分的な指摘に終わったので、今回の注意事項を踏まえて全般的に研究して来てくださいとのことでした。

で昨日家族で出かけて大きい書店に入った際にとうとう買いました。パデレフスキ版のスケルツォ集!
全音や春秋社とは違う部分があって面白いですね。先生はどれが良いと仰るかな。
また来週も楽しみです。


| | コメント (6)

2007年6月 1日 (金)

耳VS録音

耳バーサス録音
↑この書類のクリップの配置見て!( ̄m ̄)
機械でやったん違いますよ。なんか人間とは思えない。
うちの職場は基○外の外キャシャーンも沢山います(爆)
(書類を持ってる方とは別の方がクリップ止められました)

あ、例のコワい女性。トイレでいきなり叫ばれたり既に被害者も出てるようですが、ワタシはターゲットになってないようです。
いちおう出くわしたら声かけたりしてるんですが、フニャフニャと当たり障りのないお返事ばかり。
やっぱ顔薄いシトは大丈夫なんですね。(何が)


さて、ピアノですが(笑)、昨日のコルトー先生の絶頂解釈、やっぱ誰も絡む人いなかったですねぇ。
下ネタの極意の寸止めが守られてなくてモロ出しだからしゃーないか(ノ_-;)

最近スケ2がスッキリして来た気がしたので、かおるさんちのスケ2娘。企画に参加しようかと今朝録音しました。

一応譜めくりうまく行かないところ1ヶ所以外はノンストップ急行(笑)

ですが、録音を聴くとダメダメですね。英ポロもそうでしたが。
なんか打鍵方法が根本から違ってると言うのがデジピなのにわかってしまいます。ハア

明日レッスンでまたシメてもらおう。。

今朝の音源はコチラ

お耳の保障はいたしませんので悪しからず。ププ

| | コメント (18)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »