« 突風来たる | トップページ | 第4回ドルチェ練習会 »

2007年5月13日 (日)

5/12のレッスン

前にも書きましたけど、最近ずんずん太って来ましてね。
今日また臨月妊婦になりましてん。過去最高体重ですゎ。

ピアノの先生に妊婦と勘違いされたかもなぁ。
通販で買った女性用Lサイズの半袖ルームウェアがSサイズのようにパツパツやった。
なんか昔より完全に食べる量少ない(つもり?)のに、ノイローゼになりそう。。

職場とかで遥かにスマートな人がダイエット…とか言ってるの聞くと、私の中で何かが爆発するんです。
もうノイローゼなのかな(爆)


今日は2週間ぶりのレッスンでした。
バッハインベンション最終曲とマズルカとスケ2。もういっぱいいっぱいです。30分レッスンですからね。
5分ぐらいはオーバーしてるんですが。

【バッハインベンション15番】
子供の頃に弾いてかなり印象が強い曲です。1番の次くらいに。
いつもの曲より弾けてると思ったのですが、またまたさんざんでした^^;

・音ミスは2箇所ほどあり。

・トリルは5小節目右手ソ♯と21小節目ラ♯については上から入る。
ソラソー ラシラー ではなく、ラソラソー シラシラー。
「tr」と同じに弾く。他の同じトリルマークはソラソー ラシラーでよい。

・今回は主題部分・間奏部分は想定した通りで合ってました。

5小節目後半から7小節目前半は「超加主題」、19小節目後半から21小節3拍目のファまでは「反復主題」。
反復主題などは平均律になると結構込み入った形で出て来るそうです。ゲー

・8~9小節目は「4音列」と言って左手は シ ラソファミ ミファソラ ソファミレ レミファソで区切る。

・11小節目はⅠ部分の締めくくりのカデンツなので軽く弾かない。

・16小節目からは間奏Ⅱ部分であるが、バッハ自身がつけたスラーであるので、カンタービレで弾くこと。

最初通して1回と指摘事項を受けながら1回弾きました。
なかなかうまく弾けないものですね。また次回に持ち越しとなりました。
現在レッスン曲が多いので、15番が上がったらシンフォニアには行かないでバッハはしばらくお休みとなりました。

【マズルカ5番】
リズムだけは得意なはずのマズルカですが、今回はみっちり基礎を教わりました。
先生からショパンの弟子のミクリ?版の楽譜のコピーをいただいて、そちらで弾きました。

・全体的にフラフラして不安定な印象を受ける。
くぐり指とかで指をひねらないように、腕から指にかけてまっすぐになるように奥の方へ斜め前へ打鍵する。

・4小節目などの装飾音のあるファシ シレーのシのところで指を跳ねないように奥で止める。
鍵盤で腰→腕→指と体重を支えるような感じで打鍵すること。そうでないと不安定になりミスタッチが続出する。

・最後のレファシー(オクターブ)のシーはちゃんと鍵盤の前で手を準備してから奥の方を弾く。
用意してなかったり、鍵盤の端っこを弾くと音がきつくなったり、汚くなったりするので要注意。

今回は手指のフォームについて大特訓。上記の注意事項を右手だけを全部見ていただきました。
先生の仰るフォームをマスターできると指が疲れなさそうです。
指摘直後に一瞬できたりすると、とても手指がラクにいい音それなりの大きい音がちゃんとできるんですよ。
一瞬芸じゃなくて一生芸にしたいものです(笑)

【スケルツォ2番】
前回はコンアニマのメロディに入る前の世にも奇妙な物語風のところまででした。
で今回は繰り返しのところてんに入る前の両手オクターブのレーのところまで(爆)

ポイントは3箇所ということで猛特訓です^^;

①「ところてん」…指を動かさないように弾く。鍵盤の上の方に向かって行くように。最初の両手ラで腰からの体重を支えられる体勢で弾くこと。

②「にっぽーん」…最初の「にっ」のところはやはり弾いた途端に力を抜かない、フワフワさせない。
体重をかけてしっかり鍵盤の奥で止める。そのままの体勢で次の「ぽーん」の打鍵に移る。
この和音も上から押すだけだと音が悪くなるので、前方に向かって、斜め前に奥の方を打鍵する。

ここは特訓中一瞬会得できました。和音を押さえるのにいつもよっこいしょって感じなんですが、会得した瞬間はとても軽くて力が要らないという感じで、音も通った音になりました。よっしゃー(笑)

③コンアニマの左手…粒がガタガタになっているが原因はやはりフォーム。指を上下して弾かない。
ちょうど中指の先を中心にして手首が弧を描くような感じに動かして弾く。

それと、コンアニマの終わりの部分のアルペジオ、某サイトで知った右左細かく分ける方法で弾いたら、「てんてんさんは手が大きいので楽譜どおりで弾けますから、そっちで練習してください!」と釘を刺されました。ハハ^^;
最後の部分は私の弾いた、パデレフスキ版と同じ左右に分けての指使いでよいそうです。

以上のポイントをクリアできればソステヌート・ソトヴォーチェの静かな所の前までと、コーダの前の繰り返し部分が一気にマスターできますね。
後の部分はこの3つの基本を充分練習してから入りましょうとのことでした。

トンでもアルペジオとかコーダもだいぶマシになって来たんですけどね。
いつになったらそこに入れるのか気が遠くなるようです。

でも最近グランドピアノに指がだいぶ馴染んで来た感じ。
1ヶ月に事前練習とレッスンで3時間は弾くようになったからでしょうか。。
先生に音の違いを指摘されても、何となくわかるようになって来ました。
いつも同じ手指や姿勢の注意受けてるような気がしますけど(爆)

明日はドルチェの練習会です。スタインウェイの2台の部屋。
鍵盤とか調整してあるでしょうか。。左側がすごく重くて「クソー」「チクショー」を連発してましたもんで。

明日ご参集の方々、何卒宜しくお願いします。

|

« 突風来たる | トップページ | 第4回ドルチェ練習会 »

ピアノレッスン記「マズルカ5番・スケ2編」」カテゴリの記事

コメント

てんてんさん、こんにちぱおぱお♪

ボク、もーすぐ「某練習会in関西」に行くんですが、恐ろしい目に遭いに行って来ますw

実は、グラピって、殆ど弾いたことなくて・・・

余裕で指回らんかも・・・(汗)


いちお、『月光3rd』をメインに持って行くつもりですが、最悪、白鍵オンリーの簡単曲に逃げようかと(爆)

投稿: マサキティ | 2007年5月13日 (日) 14時59分

こんばんは、です~♪

ドルチェの練習会、頑張ってください。

グラピだと、、特にてんてんさんくらい指がまわる曲になる、やっぱ、鍵盤タッチの違いを感じるものですか???

発表会の音源とか、、そんなの全然感じられなかったですよぉ。。

また、ドルチェの練習会の報告、待ってますね♪

投稿: おんぷ | 2007年5月13日 (日) 22時25分

>マサキティさん

こんばんぱおぱお♪

>ボク、もーすぐ「某練習会in関西」に行くんですが、恐ろしい目に遭いに行って来ますw

お!ピアノオフデビューですな。
恐ろしい目…、最初の参加の時はそんな感じですよね。

>実は、グラピって、殆ど弾いたことなくて・・・

>余裕で指回らんかも・・・(汗)

最初慣れるまでは重いかもしれませんね。
スタジオとかで練習してみれば?
大阪も都会だからいろいろあるでしょう。

>いちお、『月光3rd』をメインに持って行くつもりですが、最悪、白鍵オンリーの簡単曲に逃げようかと(爆)

白鍵オンリーの曲って、童謡しか思いつかないんやけど^^;

投稿: てんてん40 | 2007年5月14日 (月) 20時36分

>おんぷさん

こんばんは^^

>グラピだと、、特にてんてんさんくらい指がまわる曲になる、やっぱ、鍵盤タッチの違いを感じるものですか???

まわるというより、滑るの方が的確なような気が(爆)
タッチの違い、もちろん感じますよ。
でも最近先生に重く感じない打鍵法を教わって、必死でマスターしようと努力してます。

>また、ドルチェの練習会の報告、待ってますね♪

ハーイ。ちょっと遅くなると思いますが、お楽しみに~。

投稿: てんてん40 | 2007年5月14日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突風来たる | トップページ | 第4回ドルチェ練習会 »