« ほろ酔いピアノ | トップページ | ピアノバイオリズム »

2007年1月 8日 (月)

新年初のレッスン

今日は3連休最後の日になってしまいました。
実は意外な事実発見!!
一昨日昨日と調子よくピアノ弾こうと思っていつものようにチューハイ飲んだんです。
そしたらですね。ジョッキ_旦那が混浴仲間か誰かからもらった_半分も行かないうちに睡魔が来て…使い物になりませんでした(爆)
昨日なんか1杯飲んだ直後愚図った次女抱っこしてたら、猛烈に眠くなってそのまま次女と一緒に夜9時過ぎから今朝の7時まで寝てしまいましたよ!


体質変わった?!


リアルの私をご存知の方も驚くと思いますが、ホントにもうびっくりですわ。お蔭で土曜日晩アーンド昨日1日全然ピアノ弾けんかった!!!計算外です。
これから練習したいときは飲まん方がよいですね。


という訳で(笑)土曜日は新年初のレッスンでした。
去年最後のレッスン中に長女が怪我してしまったので、新年からは受付のある階のプレイゾーンで遊ばせますと先生に伝えようとしたら、今日から私のレッスンはそのプレイゾーンの前のレッスン室でやりますとのことでした。

いつもの部屋と違って窓がないのですけど、ピアノは結構弾きやすいのです。
いつもレッスン前に練習で借りてる部屋でした。

◎バッハインベンション12番◎
今回のは難しくてなかなかノンストップで弾けずエチュードに逃避してた訳ですが、前日あたりからやっとマシになって来て、レッスン時は音拾いの面ではまあまあのできでした。

以下指摘事項。

○テーマはラソラーラ、ラソラーラ…なのでもっと浮き立たせる。トリルはも少し速く弾く。

○8小節目の両手が合わさるところはだんだんと音を大きくして4拍目のところは最大にする。

○8分音符がつながっているところがあるので、ノンレガートで切ること。(スタッカートではない)

○12小節目から曲調が明るく変わるが少しずつ音の表情を変えて行くこと。いきなり調の変わったところで音色を変えるのではない。4拍目当たりから変え始める。

今回は音取りがやっと…の状態だったのでまた次回に繰り越されました。


◎ポロネーズ6番「英雄」
今回もペダルなしで最後まで見ていただきました。
なんか譜読み間違いが多くて、前は先生も気付かなかった音ミスの指摘が多々ありました。
あと楽譜自体の訂正も。版によって所々違いのあるショパン曲ですが、私の春秋社の楽譜にも注釈がついてて「ある版ではこの音になっている」というところを1箇所先生の指示通りに訂正しました。

それから主題部豪華版のところの右手の合いの手ありますよね。
(ターララー) タラララララン (タラタララララー)の所。
この装飾音の弾き方ってここの指摘どおりミ♭を連打しないで、ミファミレミラと弾いていたのですが、先生から「そこはミ♭を2回弾きます」と指摘されました。

先生からお借りしたパデレフスキ版の運指はミ♭の装飾音のあと、trの上に「32」とあるのですよ。
ピアニストの大半が同音連打で弾いてるから、同音連打が間違ってるか否かというのは一種の学説の違いみたいに捉えた方がいいのかな。先生はおそらく音大でそう習われたんでしょうね。

こういうとき先生の指摘どおり同音連打で弾きなおすか、先生に「こういう解説があります…」と先生の楽譜の運指を持ち出して異論を唱えるかは、自由だあああああああ!(大爆)イッツフリーダム。
でも私はケツの穴コマイから多分同音連打で弾くことでしょう(爆)

以下音間違い以外の指摘事項。

○冒頭部の半音進行が終わったあとの和音のところで力を抜かないこと。鍵盤をちゃんと押さえて和音を鳴らす。

○3,4小節、7,8小節の左手のフォームに注意する。54の指は下げない。指が上がるように手首を持って行く。

○17,18小節、21,22小節ののファーミミーのあとの8分休符をしっかり取る。左手はミラ ミラ ミラとグルーピングして弾く。左手だけの練習をしておくように。

○アルペジオ和音は最後の音をしっかり押えてもっと響かせること。

○30小節、46小節等のスケールの左手はもっと高い位置から弾き始める。このスケールが一番ちゃんとできてないので特訓すること。

○39小節の左手16分音符のところは弾きにくいがちゃんと音を押えること。

○41,43小節の左手伴奏はしっかり刻むこと。

○49小節以降の音が半音ずつ上がって音が変わるところは鍵盤の奥をしっかり弾く。

○58,59小節のトリルが短くなっているのでもっと長いトリルにすること。

○左手オクターブ連打は96小節、100,101小節のところで充分疲れを取ること(笑)

○97小節の調の変わるところは思い切り弾くところなのでボリュームを上げる。
104小節からはsotte voceなのでそっと弾くこと(笑)

○連打部分の終わる120小節のミーミミ ミーミミ ミーミミのところでゆっくり仕切りなおしをし、最後の16分音符ミミのところから元の速さで弾き始める。

○128小節からのショパン特有のメロディのところはもっと謳うように弾く。

○177,178小節の和音も抜かない(爆)ミミミ ミ ミ ミ|レ ラ ∥
ミのところは最後までしっかり押えて、レからつなげてラも抜かずしっかり弾くこと。

今回は何箇所か褒められたところもありました。
1、オクターブ連打に入る前のアルペジオ和音の押さえ方がよくなった。
2、オクターブ連打の左手もなかなかよい。

オクターブ連打はだいぶ慣れて来たようです。疲れなくなりましたし。
ここがクリアできても主題部のところとか結構思ったより難しいところ多いですね。
また1週間ゆっくり&片手練習、頑張りまっす。

|

« ほろ酔いピアノ | トップページ | ピアノバイオリズム »

「ピアノレッスン記「英ポロ編」」カテゴリの記事

コメント

初レッスン・・・私は13日だ!
でも全然練習してない^^;
お手々がイマイチ調子良く無くてね・・・・
ここで無理すると酷くなるので、今は指くわえて鍵盤眺めてます(笑)
お酒、弱くなったのけ?
bossも飲むとすぐ寝るじょ!
私は・・・ギンギンに目が覚める(爆)
少しは弱くなりたいよ。
うちの酒代は食費より多いかも??

英ポロの楽譜眺めながらブログを読ませて頂きましたぞ!
そして弾けてる気分を味わいました^^;

投稿: まーみ | 2007年1月 9日 (火) 17時01分

私も近頃アルコールに弱くなりました。
先日もビール中ビン一本にウーロンハイ二杯、日本酒常温で二合程飲んだあたりで記憶が飛び、再起不能状態。
翌日お客さんとお話していて気が遠くなりました。
もう、居酒屋で深酒は卒業かなあ。
今度、ご主人にお留守番してもらい、女同士おしゃれにチョビっとひっかけません?

投稿: 笛吹きワイフ | 2007年1月 9日 (火) 22時33分

>まーみさん

左手だよね。接骨院とかで電気かけてもらったら?
と言う私も英ポロ練習再開した前後の右手親指根元が万年筋肉痛。お互い手をいたわりましょう。

昨晩は1杯飲んだけど眠くならなかったです。
3次会4次会平気で行く人だったので、こんな状態はホントに前代未聞なのだ^^;

>うちの酒代は食費より多いかも??

そういうの、わかります~。
てか飲んでるとき、まーみさん食べないもんね。

>そして弾けてる気分を味わいました^^;

こないだ弾けてたジャン。
私は連休あたりからちょっとモチベーションダウンで英ポロへの愛が冷めています^^;

投稿: てんてん40 | 2007年1月10日 (水) 04時40分

>笛吹きワイフさん

>先日もビール中ビン一本にウーロンハイ二杯、日本酒常温で二合程飲んだあたりで記憶が飛び、再起不能状態。

今の私から見ると、強いですねと言いそうですが、昔を知っているので、かなり弱くなりましたね。
その量じゃまだ1次会ですものね^^;

>今度、ご主人にお留守番してもらい、女同士おしゃれにチョビっとひっかけません?

おお!それは是非宜しくお願いします。
音楽談義、のだめ談義いろいろ楽しみにしてます。
以前いただいたメルアドに連絡させていただきますね。

投稿: てんてん40 | 2007年1月10日 (水) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5157002

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初のレッスン:

« ほろ酔いピアノ | トップページ | ピアノバイオリズム »