« 師走初めに転び | トップページ | 変態較べ »

2006年12月10日 (日)

英ポロレッスン開始

昨日発表会に向けての初レッスンがありました。
昨日は娘の前の番の生徒さんがお休みだったようで、レッスン開始5分前に着くとどこからかバラード1番の調べが!!!それもチョーうまい!!!誰か部屋借りてんのか???

荷物を卸してじっくり見ると何と私たち親子の先生でした。
線の細い小柄なお手手も小さい先生なんすが、すごい迫力でした。
防音室ですが音は廊下にもしっかり聞こえるのです。
のだめとかでもそういうシーンいっぱいありますよね~。
皆廊下から練習室眺めてるの…。

まだ2分前なのにコンフォーコ以降をお弾きにならずにドアを開けられました。
あ~ん、もっと聴きたかったよ~~。
英ポロレッスン前のパフォーマンスだったんでしょうか。。でも素晴らしかったです。
もしかしたら演奏活動とかもされてるかも知れないな。今度聞いてみよう。


◎バッハインベンション7番

今まで難易度順で進んで来ただけあって、今回の新曲はチョームズ!
練習時も全然ノンストップで弾けませんでした。
レッスン開始。


あ、そこ・・・←あそこ、ではない(爆)


1音めでストップです_| ̄|〇
左手のモルデント?_下向きのトリルです_のところ、ずっと練習でミレミ~と弾いてたのですが、短調のスケールで行くとミのすぐ下はレにはシャープがつくんだそうです。知らなかったーーー。

1発目でこけてしまったので、ドギマギドーパミン大放出!ドーパミン前頭葉に残ってません状態になり、ボコボコになってしまいました。
普通の音符のレにまでシャープつけてしまったり。あーもういや!!!
こんなんで英ポロなんて行けるのか、とても不安と邪念に覆われてしまいました。

今回のバッハは手のフォームの注意はほとんど無し。曲の構成の説明が大半でした。
前回予告時にテーマフレーズを聞かなかったし、楽譜見てもテーマらしきものがよくわからなかったんですが、レッスンでテーマが今回は4つあると知りました。
しかもそれぞれ短いのです。(休符)シラソファソミシがメインテーマAです。
小節の半分ずつテーマが左、右と交互に出てきます。

以下指導事項。

・テーマフレーズの頭が浮き出るようにはっきり弾く。

・8分音符はスタッカートでもレガートでもなく、ノンレガートで弾く。

・5小節目後半から左右が広がって行くところはクレッシェンドにする。

・11小節目後半の右手ファミレドレシの前は「半休止」と言う。

・11小節目最後からの左手シラソファソミレ~のテーマフレーズと12小節目2音目からのシラソファソミ♯ラのテーマフレーズが重なる箇所は「密接進行」と言い、緊張感の高まる部分であるのでそれを踏まえて弾く。

・13小節目の右手最後から3音めから15小節目までの8分音符はレミレド、ラレドシ、レソシラ、ファソミ♯レの区切りを意識して弾く。間を切る訳ではない。

・21小節目の左手、弾きにくいがいつもの指番号によって指の高さを変える方法で弾くと安定する。

・22小節目に入る直前は「偽休止(ぎきゅうし)」と言って終わりそうで続く箇所。1音目の左手ド音はそっと弾く。


◎ショパン ポロネーズ6番「英雄」Op.53

さて、待望の英雄ポロネーズです。
結論から行くと期待を裏切らない素晴らしいレッスンでした!
素晴らしいのは先生の指導内容です。私の弾いたのはボロボロでした(爆)え?そんなんわかってまふか?

昨年4月から譜読み開始して夏ごろまで毎日弾いて、今回休止期間を経てまた復活して練習してた訳ですが、ブログ・ネット仲間のまーみさんやもりぴーさんとも、「ここが難しい!」「ここがキライ!(笑)」と感想を共有してた苦手箇所!今までちゃんと弾けた試しがない!という箇所が多々あったのですが、それが雲散霧消。


雲散霧消…ですよ。


まるで魔法のようです。もうすごいったら!!感動すると言ったら!!!
先生も「注意してすぐ直せますね!」なんて言ってくれましたが、ここで習ったコツを全世界で英ポロに悩む日本語圏の皆様に1人でも多く伝授したい!!!と思いました。←かなりオーバー

では早速行ってみましょう!!!♯バトンじゃないってば

今回は中間部のオクターブ連打部分の前までの前半部分のレッスンでした。
「譜読みは済んでますか?」と聞かれ、「一応最後までは見ました」とのことで弾き始めたのですが、最初に


「今日はペダルなしで」


ガーン。ぺダルなかったら弾けまへんがな(泣)
と思いながらブチブチ、ブツブツ、切れながら、止まりながら、弾くはずでした。

♪ジャーン ジャラジャラララ・・・♪


はーーーい!最初からダメですー!(`´)


( ̄□ ̄;;ボーゼン…

いや前から冒頭部はすっきりしなかったんで、凹みはしませんでしたけど。

以下指導事項です。

・冒頭部の最初のオクターブ音はしっかり鍵盤を押さえる。すぐ離さない。離すと次の半音進行のところでまた仕切りなおさないといけなくなり弾きにくくなる。

・冒頭部の半音和音進行はつなげて弾くのは無理。フレーズに区切って弾く。
1小節目~2小節目最初のところはラ・♭シシ・ド♯ド・レ♭ミと区切る。(切る訳ではない)
他の箇所は音によって区切る場所が変わるが自分で研究してくるように。

・13小節目左手オクターブスケールは続けて弾くと音を外しやすいので、シーミファソ・ラシドレーと区切ると弾きやすい。
同じ部分の右手16分音符のところは楽譜どおり1拍目~4拍目の区切りで弾くと弾きにくいので、2音目単音のところを拍頭にすると弾きやすい。

ファ(2和音)・ラソミファ(2和音)・ラソミファ(2和音)・・・と主題部前まで同じようにフレーズ分けをする。

・15・16小節目の左手アルペジオも2拍目から4音ずつのフレーズの区切りにすると弾きやすい。

ソーー・レシミソ・レシミソ・レシミソ・レシミレ・ソミシソ・レシミ(ラー)

・17小節目最後~18小節目も以下のようにフレーズに分ける。ここの装飾音は先取りでよい。

ド・レファ・ミ(ファ)ミ・レミ  これ以降も同じく最後の1音から16分音符2音ずつ区切って弾く。

・23小節目の右手は手が大きいので現時点でも弾きづらいことはないと思うが、

ド・ソドッシシ・ミシッララ・ミラッソソの区切りで弾くとよい。

・29小節目の右手はアルペジオにしない。ちゃんと付点を意識して弾くこと。

・30小節目のユニゾンスケールはやはり指番号に沿って指の高さを変えるフォームで弾くこと。
指の高さを固定して平たく動かすととても弾きづらい。

・主題部Ⅱ33小節目以降の合いの手(爆)はミファミ・レミラと区切る。装飾音のレミのレ1指はちゃんと下げないと音が上ずってしまう。

・主題部Ⅱの次の49小節目からのド・ドッドレードッドミー・ドッレファー…の箇所は鍵盤の先ばかりで弾かない。
音が上がって行く8分音符のところは鍵盤の奥を弾くこと。

・当分はペダルなしで練習すること。ペダルなしでしっかり鍵盤を押さえられるようにすること。
ちゃんと鍵盤を押さえないでペダルを踏むとウォン~ウォン~ワン~ワン~とすごいうるさい響きになってしまう。

今回は先生の模範演奏頻出でした。
最後のペダル云々のところではペダルなしで鍵盤をしっかり押さえた弾き方のと、ペダルありのその弾き方のと見せて下さいましたが、あまり変わってませんでした。
なんか言い方難しいんですが、ペダルなしでも美しかった…ということです。

自主研究の宿題もあって譜面とニラメッコになっていますが、英ポロ却下にならなかったのが嬉しいです。
今回沢山あった楽譜にないフレーズの区切り_モツにもあったなぁ_をマスターすると、この曲は意外に弾けちゃうんですよね…とのことでした。

来週は待望のオクターブ連打部分から。
いちばんの難所ですが、金の指導はどう出ますやら…。
請うご期待。

|

« 師走初めに転び | トップページ | 変態較べ »

「ピアノレッスン記「英ポロ編」」カテゴリの記事

コメント

レッスンお疲れさまでした!
英ポロしか分かりませんが、
参考にさせてもらいます。

なるほど、区切るイメージですね。言われてみれば、そんな感じで弾いてみると、弾きやすい感じがしますね。先取り装飾音ですが、これって、拍の頭に装飾音が来るって意味で良いんでしょうか? オイラはファミ(ファ)ミレの(ファ)とミが分離して弾けない(同時に和音のように押してしまう)んですよね。ゆっくりなら分離できるんですが。。あと、ペダルなしでの練習、昔習っていたころには、よく言われました。ペダルでごまかせないから、練習になるんですよね。最近やってないので、やってみようかな。。次回からは、待望の中間部ですね! こちらも楽しみにしてます!

投稿: もりぴー | 2006年12月10日 (日) 14時38分

>もりぴーさん

こんにちは。参考になりますでしょうか。。

>先取り装飾音ですが、これって、拍の頭に装飾音が来るって意味で良いんでしょうか?

いえ、それは先取り禁止の場合なので、ここは拍頭の直前に入れます。
私も同時に弾いてしまいますね。
なんかあそこは和音が多くてグチャグチャになりますね。

ペダルなし練習はなかなかよいようです。
オクターブ連打が昨日よりちゃんと音押せるようになってました。気のせいかも知れませぬが…^^;

中間部の左手も区切りを言われそうですね。2拍目から~とか。いろいろ試してみてます。弾きやすそうなのがそれだったので…^^

投稿: てんてん40 | 2006年12月10日 (日) 19時06分

わあ、わあ♪細かいことが書かれているわあーーー!

参考にさせていただきますね。楽譜にメモメモ・・・。

いつか弾いてやるんだい!

投稿: かおる | 2006年12月10日 (日) 22時06分

てんてんさん、こんばんわ。お邪魔します。

うわっ、英ポロですか、それにバラ・スケも。すごい~。雲の上の人だったー。長いブランクの後、1年で・・・ってブランク関係ないようですね。ここで、プロフィール拝見させて頂きましたが・やりますね、若い旦那とか^^。英ポロも、別れの曲も楽しみにしています。私もリンクもお願いしますね。

投稿: keiakari | 2006年12月10日 (日) 23時48分

こ・・・これは参考になる!!
早速コソ練しよ~っと♪
今日教室のクリスマス会でね、ショパン大好きな生徒さんと話してたんだけど・・・
やっぱ英ポロってショパン好きには特別な曲みたいだね^^
その人は私よりもかなり年上の方で、今日はマズルカを弾いたんだけど目標は英ポロなんだって!
完成されたてんてんさんの英ポロを聴くのを楽しみにしてま~~す♪

投稿: まーみ | 2006年12月11日 (月) 00時57分

>かおるさん

参考になりますでしょうか…。
もっと早く今の先生に習いたかったです。
何ヶ月も悪い状態をすり込むばかりだったので…。

投稿: てんてん40 | 2006年12月11日 (月) 06時29分

>keiakariさん

こちらへもようこそ!
リンクありがとうございます。
選曲だけはがっついてますが、実際はそうでもないんでどうぞ宜しくです。

別れの曲は中間部の難所の音取りできてから全曲やろうと進めてますが、全然ダメですね。まあ、気長にやるとします。

投稿: てんてん40 | 2006年12月11日 (月) 06時31分

>まーみさん

クリスマス会、お疲れ様でした!
悲愴2、どうでした?

>やっぱ英ポロってショパン好きには特別な曲みたいだね^^

ウフフ、私たちの年代は特にね…。
あ、でもその人は年上なのか(笑)
うちの先生の指導はすごいです。
なんか本当にちゃんと弾けそうになりそう。
ペダルなし練習1日やるだけで効果出て来ましたよ。

是非1月の練習会で聴いてやってくださいませ。

投稿: てんてん40 | 2006年12月11日 (月) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156981

この記事へのトラックバック一覧です: 英ポロレッスン開始:

« 師走初めに転び | トップページ | 変態較べ »