« のだめ実写版 | トップページ | 2台ピアノのためのソナタ »

2006年10月21日 (土)

第5回(10/21)のレッスン

先週はのだめドラマ持ちきりの1週間でした。
ビデオのタイマーが2分遅れてて最初のシーンも切れていた上、最後のミルヒがオケの提案するところ以降もぶち切れていたので、職場の隣席の女性にビデオを貸してもらい、今朝3回目を観ました。
家族が起きる前に原作1巻もまた読んじまったぜ。あ~のだめ中毒(笑)
でもう後2日で2回目放送なんですね。早ーい。
レッスン1の冒頭に出て来たビエラ先生役のチェコフィルのズデネク・マカル指揮者はまたいつか出て来られるんでしょうかね。フジテレビも結構気合入ってますね。ますます楽しみです。

今日は昼から娘たちが数えで7歳と3歳なので、七五三写真を撮りに行きました。
パパはオリエンタルラジオ風ジャケットで、私はのだめドラマ初回の最後の千秋が着てたような服です。
七五三の家族写真にカジュアルちゅうのもうちぐらいかね。でも夫婦二人とも仕事に着て行ってる服なのでよしとしました。フフ
長女は七五三は2回目だったのでよかったのですが、次女の方が髪を結うあたりから愚図り始め、頑として着物着るのを拒むのです。襦袢姿で泣き喚くこと1時間強(TT)ホンマどないしよかおもたわー
結局強引に着せたらやっと撮影スタンバイできる状態に復活。
1年後に満3歳で撮ってもよかったね~。あー疲れた。

イベント終了後に2週間ぶりのレッスンがありました。今日は娘のレッスン中に30分だけ生グランドで練習してレッスンに臨みました。高い音とかグランドの方が響きがいいですね(当たり前だ)。タッチもだいぶ差を感じなくなってきました。慣れて来たんでしょうね。。

○バッハインベンション4番
この曲は今日が初回レッスンです。一部トリルの変なところの注意を受け、黒鍵の入るところの手のフォームのチェックを入れていただき、何と今回は1発合格でした。あへ~。
前回のレッスン日から2週間かなり狂ったように弾きまくっていたので、かな。
次回は8番に進むことになりました。

《チェック入ったところ》
・黒鍵が入る箇所は腕を持ち上げて、ピアノ側、つまり鍵盤の奥の方で弾き、白鍵だけになってくるところで手をまた手前に戻して来る。
・指は1指から5指にかけて上がるように弾く(文章じゃわかりづらいでしょうが)。
・これらを無視して全部鍵盤の手前の方で弾くと弾きづらいし、音が硬くなる。

○モーツァルトピアノソナタK.332 第2楽章
今日は初めて最後まで弾かせてもらいました。中断しながらですが。
もう音色の作り方の指示ばっかりですわ。上がる音下がる音という表現があるのですが、指のフォームのこと?音色の収まり具合のこと?前回レッスンあたりはチンプンカンプンで。
前回は楽譜のスラー表示のとおりフレージングできたら完成に近いとは言われたのですが、今回はまた一歩進んで楽譜表示にない抑揚などの説明尽くしでした。
例えば8小節目の4拍目左手ラドシド(下部にファーソー)のところ。
楽譜ではラドシドにスラーがかかっているが、そのまま弾くと平坦な音色に聴こえるので、2-3音のドシ、4-次小節め1音のドソに気持ちスラーをかけるとよい。アクセントをつける訳ではないそうです。

スーパーピアノレッスンみたい

で前回チンプンカンプンだったのも、その都度先生に指摘されて直していると何だかわかったような、マグレなのか「ホントのモーツァルトって感じです~!」と褒めていただける箇所も出て来て。ホントのモーツァルト知らんもんなぁ私(爆)
なんかいい感じに終わりそうだったのですが、先生が「終わりにしますか。それとももうちょっとやりたいですか。」とおっしゃるので、今度は先生の指示なしでモーツァルト再現に近づけたいなと思い、リトライということになりました。

音の上げ下げの読み取りは慣れて来ると自然に手が上下してできるようになるそうですが、まだまだ楽譜読むのがせいいっぱいなので、遥か遠い道のりという感じです。
モツアルト、レッスン曲にして退屈だなぁと思ってたけど、少しはまって来たかもしれません。

で!!!

レッスン終了後に、、、とうとう来ましたよ!発表会のお知らせ。
先生門下ではなく、楽器店全体の発表会のようです。
子供の部と大人の部の日にちが分かれていました。
大人の部の日は3月と4月に1回ずつ、合計2回。
是非都合のつく日に参加してくださいとのことでした。そりゃもー!!!(笑)
11月あたりには曲を決める予定です。
「レッスンでやるには勿体無いような、ババーンと弾ける曲、行きましょうよ。結構曲持ってるでしょ?」とのことでした(笑)はは…それは譜読みだけ(爆)

先生はその場でやりたい曲聞きたかったみたいでしたが、ちょっと心の準備がなくて回答を持ち越すことになりました。ハハ
発表会にお決まりの暗譜!私の苦手な暗譜!の件をポロッと先生に漏らしたらなんと!!!

大人の部は楽譜見てOKプギャー!(笑)

楽譜持ち込みOKならレパの幅広がりますねー。
早速曲候補を拾い出してみました。一応練習すれば半年後に仕上がりそうなのを。

1、バラード3番  バラ1・2追い越してしまいまして。これがバラで一番まともに弾けそうだから。
2、スケルツォ2番  最近また練習復活してまして、だいぶ覚えて来たし、ストップ箇所も減って来た。何より聴く人を圧倒しそう(笑)
3、軍隊ポロネーズ  ホントは英ポロ行きたいけど人前でキレイに弾くには程遠いのでちょっと易しめのポロネーズでしかも演奏効果高いものということで。

後は・・・思いつかないなぁ。全部ショパンや。やっぱりスケポロバラに収まりましたなぁ。
再開後のレパはシューマン、ベトベン、モツアルト、ドビュッシーもあるけど、聴かせどころはショパンやもんねぇ。

|

« のだめ実写版 | トップページ | 2台ピアノのためのソナタ »

「ピアノレッスン記」カテゴリの記事

コメント

やっぱここはスケルツォでしょう!(私的な希望・笑)
わたしどーしてもバラ3ってもう一つなんで、個人的に勝手にスケルツォに一票入れておきます(笑)。

投稿: えぴのすけ | 2006年10月22日 (日) 20時58分

わ~、もう発表会ですか!すごい~。
私としてはぜひスケ2をお願いしたいです。笑
楽譜持込でもあのてんてんさんの長いのは大変でしょうね~。でも受けるかも!

投稿: ピアノフォルテ | 2006年10月22日 (日) 23時48分

>えぴのすけさん

やっぱりスケですか(笑)
バラ3って知らない人が聴くと眠いかもですよね。結構タラタラ進むので…。

投稿: てんてん40 | 2006年10月24日 (火) 05時42分

>ピアノフォルテさん

>楽譜持込でもあのてんてんさんの長いのは大変でしょうね~。でも受けるかも!

ウフフ。4~5ページ見開き状態にできるように台紙をつける予定ですよ。(準備はや)
ちょっと置くだけで済むのなんて短すぎますものね。。

投稿: てんてん40 | 2006年10月24日 (火) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156948

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回(10/21)のレッスン:

« のだめ実写版 | トップページ | 2台ピアノのためのソナタ »