« 第1回(9/2)のレッスン(BlogPet) | トップページ | 2台目候補はグランドタッチ »

2006年9月 9日 (土)

難聴研究の遺伝子検査

眩暈が原因でいろいろと病院巡りの結果、結局某大学病院の耳鼻科に落ち着いています。
昨日は先日の精密検査の結果を聞く日でした。
前回の検査は断続音や継続音を鳴らしてもらってスイッチを押すもの、耳に音を入れて音の跳ね返りを調べるもの、言葉の読み上げを10段階の大きさで聞いて書き取って行くものの3種類でした。

難聴が加齢のためにしては相応年齢が高すぎる_80歳ぐらい_とのことで神経損傷が原因?と言われていました。やはり検査結果だと耳の損傷はないのに、外耳・中耳・内耳とある中の内耳の音の跳ね返りがひどく悪い。
言葉の書き取りは大きい音だとちゃんと書けているが、小さい音だと音は聞こえても何を言ってるかが脳で判断できないのか?と言われました。

娘たちと同じです。娘たちも中耳炎の炎症が治っても音の跳ね返りが悪くて近所の先生がいつも首をかしげてました。やっぱ遺伝かな…。

難聴にはいろいろあるらしく、心因性てのもあるそうです。
耳の構造は悪くないのに、ストレスなどで聞こえなくなるというヤツです。

勝手○ンボ???

仕事場にもそんな感じの人いましたね。。
私はそれではない。
で原因不明の難聴の半分くらいは遺伝子が原因というのが実情だそうです。
で薬物でというのは遺伝子由来による難聴で、ある抗生剤を飲んだりするとガクッと悪くなったりするものがあるそうです。
薬物と遺伝のはつながってたんですね。

こないだ私より難聴の姉にいろいろ聞きました。
母(80歳)も年取ってから悪くなったような気がしてたのですが、昔から耳遠いよとか言ってた…。
そいえば私の今の聴力が普通の80歳聴力だったんだ(爆)基準なんて知らなかったからな…。とすると

母は100歳強???

母は私と会話してると私より姉よりか・な・り聞こえてないです。すごい叫んで話すし、聞き返しが頻繁。

先ほどの抗生剤で悪くなる遺伝難聴は女性に多いそうで。
で遺伝が原因か調べてくれることになりました。
現在の医療ではまだ治療法がなく、原因を知るとかそういう薬を飲まないようにするとか予防だけしかできないそうです。
で今回遺伝子検査で20CCの血を採りました。
まだ研究段階なので無料だそうです。難聴研究の遺伝子検査の同意書だけ署名しました。
30何個ある遺伝子の1つを調べるのに半年から1年かかるそうです。
全部調べてるうちに

お前は既に死んでいる

状態だなぁと思っていたら、今までの研究で難聴に関連すると判明したもの、関連しそうと思われるものをピックアップするそうです。良かった~。でも数年はかかりそうですね。

で眩暈外来の予約も取りました。難聴が原因でしょうとのことでした。
最近はこないだの過激なサンバまつり以来出て来てませんけれど、調べるだけ調べてもらおう…。
長女も最近声張り上げてしゃべってるし_幼児の特徴?_、車が通っただけで私の声が聞こえない!と騒いでいるので、長女もそのうち大学病院に連れて行こうと思います。

夫と知り合ったころは過労で中耳炎になったりはありましたが、今ほどは聞こえないことなかったので、2度の出産を経て聴力低下が進むにつれてやっとわかった感じでした。
今回の検査の結果と子供たちも私と同じような状態であることを夫に改めてじっくり伝えました。
いつも夫はそゆ私の真面目な話聞いてない(オイ)けど、子供たちは会話に支障がある程度ではない、園でも指摘されたことないというとフーンと聞いていました。

ひどく悪くなった当時は私が何回も聞き返すのでよくそれが原因でケンカしたりしてました。
最近はお互い慣れて来て、私も1度聞き返してわからなかったら、それ以上反応せず会話終了です。
大した話はしてませんからね(爆)
職場の持参物とか重要事項、どうしても伝えたいことは大きい声で話してくれるようになりました。
雑談ももっと大きい声で話してくれたらなぁと言ってもそれも生まれつきみたいなところありますからね…。

同じ階の知り合いにも難聴の奥さんがいて、ご主人がうちのと似た感じで声の小さいタイプ_あと公務員でゲーマーというのも同じ、実家の団地まで同じ棟!_らしく夫婦の会話は半分も成立しないとボヤいてました。
仲間がいるだけで気が紛れますね。傷の舐めあいですが。

遺伝子検査の結果、楽しみです。
娘たちには私の下がり眉、アメ耳、汗かき、難聴、夫の巻き爪と悪い所が多く遺伝してるようです。
子供がお互いの悪い所ばかり似てると夫婦喧嘩の種になるのはよくあることで。うちはそういう直せないことが原因では喧嘩に至りませんが、子供には申し訳ない気持ちです。

|

« 第1回(9/2)のレッスン(BlogPet) | トップページ | 2台目候補はグランドタッチ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

80歳の聴力であれだけピアノが弾けるなんて!
ほんとにそんなに進んでいるのですか?
先日お話したときほんとに気がつかなかったし、帰り道もちゃんと会話してましたよね~。
ご本人としてはいろいろご心配ですよね。
でもめまいの原因がそれとはっきりすればひとつ気持ちが楽になりますか?
お大事に!快復しますように。

投稿: ピアノフォルテ | 2006年9月10日 (日) 00時16分

>ピアノフォルテさん

またまた~、ヨイショしていただいて(^^)ありがとうございます。

>ほんとにそんなに進んでいるのですか?

らしいです。電子ピアノ始めたのが気になってるので検査をするたびに医者に聞いたら、どの医者も騒音性難聴にしてはあなたの年齢が若すぎるって…。
ピアノフォルテさんのお声は聞きやすいトーンだったので…あまり異常をお感じにならなかったのかも。
大きい声でもあまり聞き取れないメガヘルツの方もおられるのです(爆)

>でもめまいの原因がそれとはっきりすればひとつ気持ちが楽になりますか?

そうですね。脳腫瘍とか重病でないことがわかれば万々歳です。
聴力の方も時によって聞こえがよくなったりすることもあるので、希望を捨てずに行こうと思います。

投稿: てんてん40 | 2006年9月10日 (日) 08時44分

遺伝子検査ってそんなに時間がかかるんだぁ・・・
医療もどんどん進歩して、治療も遺伝子レベルにまでなってるのね。。。

>ひどく悪くなった当時は私が何回も聞き返すのでよくそれが原因でケンカしたりしてました

私の友達も同じ事言ってた。
彼女の場合は旦那さんが左耳が全く聞え無い(生まれつき左耳その物が無い)ので、声をかける時は必ず右側からかけないといけない。
仕方無い事なんだけど、何度も聞きかえされるとついイライラしてしまって「聞え無いふりしてる?」って思っちゃって喧嘩になると・・・・
悪口を言う時は左から囁くのだそうだ。

子供の事とか色々心配もあると思うけど、かげながら応援してるじょ^^

投稿: まーみ | 2006年9月10日 (日) 15時52分

>まーみさん

そう!最近の医療は進んでるよね。
難聴は治しようがないのも多いそうですが。。

>彼女の場合は旦那さんが左耳が全く聞え無い(生まれつき左耳その物が無い)ので、声をかける時は必ず右側からかけないといけない。
仕方無い事なんだけど、何度も聞きかえされるとついイライラしてしまって「聞え無いふりしてる?」って思っちゃって喧嘩になると・・・・

そっか耳自体がない難聴でもそう思うのか。
なら耳があれば尚更ですね。
「仏の顔も三度まで」って言うけど、2回聞き返しが限度だよー。自分も長女に何度も聞き返されるとキレてる(オイ)
難聴親子なのにお互いいたわれよー状態ですね。
長女は医者嫌いで大学病院連れてくまでに一苦労しそうです。
私みたいに音楽も会話もまあできる程度に留まってくれればと切に思いますが。。

投稿: てんてん40 | 2006年9月10日 (日) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156916

この記事へのトラックバック一覧です: 難聴研究の遺伝子検査:

« 第1回(9/2)のレッスン(BlogPet) | トップページ | 2台目候補はグランドタッチ »