« 森林浴へ出発 | トップページ | ポロネーズの女 »

2006年3月21日 (火)

森林浴の後

土日は山中の兄の家、楽しんで来ました。
雪の予報も覆し日中は上着がいらないぐらいいいお天気で、湖の船に乗ったり犬や猫と遊んだり、温泉に行ったり。
動物は子供たちも普段近所で見かけるのですが、なかなか触る機会が少なく、兄の家は一時よりは減って犬1匹、猫2匹しかいないんですけど、今回犬のお散歩初体験でした。
人見知りしないPちゃん、そして驚いたのは近所のお宅の次女が乗れそうな巨大なワンチャンのRちゃんの鎖を外してそこのお宅から散歩綱を持って来て…、いっしょにお散歩するのです。声かけもせず、です。
聞くとお互いにやりあいっこしてるそう。いやぁ、個人主義の東京の町中じゃ考えられないですね。

でその巨大だけどRちゃんの手綱を義姉が次女に持たせてくれました。
知らない人なのに吠えもせず唸りもせず、とてもおとなしいワンチャンです。
次女は自分より大きいのにものおじもせず手綱を持って嬉しそうにお散歩していました。
ワンチャンの方が歩幅が大きいので、次女がすぐに後ろに回ってしまい、手綱がワンチャンのおなかの下に入ってしまって、それをいちいち直している姿がこっけいでした。
怖がりな長女も今回の滞在で犬のお散歩ができるようになりました。
犬が走り出して追いつかなくなったら鎖や綱を離す方法を従姉に教えてもらい。ちゃんと習得しました。

2人とも猫にも興味津々。
1匹の猫は怖がって私たちに近づかなかったのですが、昔からいる古参の猫はよく入って来たので、次女が触る触る。こたつの中まで追いかけていたら、急に出て来て泣いてます。
「ママ、ねこちゃん、アングした~(泣)」いちおう服の上からだったのでケガはなく。でも2回噛まれました。
そんな思いをしているのに、しつこく「猫ちゃん大好き~」と抱きついたりして最終日にはとうとう顔面を引っかかれてしまいました。目スレスレのところだったのでびっくり。幸い目には入ってなかったようで一安心です。
次女は今回の旅に出る前に家のソファに乗り顔から落ちて、キーボードの背板で顔面打撲もしているので、それは悲惨な顔になっています。
我が家でいちばん整った顔なんだから大事にしてくれ~(笑)

そして私が興味津々なのはクラビノーバ(爆)
私のカシオのPriviaが10個買える値段だそうです。
すごい色んな音色やリズムとかがあり、フロッピーを入れる場所もあります。
スピーカーも大きくヘッドホンなしでもさすがな音色です。
鍵盤タッチはちょっと軽めな感じでした。Priviaの方が弾き心地いいかな。

長女に是非聴かせたいと思って兄に超絶技巧のポピュラーピアノ曲をリクエスト。
こんな弾き方になるんだと思うぐらい沢山音を使って、ディズニー音楽などを豪華に弾きます。
グリッサンドもじゃんじゃん出て来て。メロディとコードだけでこんなアレンジできたらいいよなぁ。
私はショパンを聴いてもらいました。革命のさわりを弾いたらとても感心してもらえて。
兄は弾けないそうです。でも私も最後まで弾けませんでした(爆)

そうそう、この日兄がショパンが苦手な理由を聞き出せたんです。
音大時代のピアノの先生がプロのショパン弾きだったそうなのですが、兄がうろ覚えな部分を適当に弾くと「お前はショパンを書き換えるつもりか!」と剣幕で怒り、その先生には嫌われていたそうです。
あるときドビュッシーが課題に出て、アラベスクを練習して行ったら、「お前にこんな曲は似合わない!」と言われ、ゴリウォグのケークウォークを持ってくと「こういうのが合うんだ」(笑)
そしてゴリウォグで学内1番の成績を取ったらしいのですが、その先生は「絶対認めない」と譲らなかったそうです。
その先生はショパンの模範演奏はするのに、ドビュッシーとか他の作曲家の曲は絶対弾かなかったそうです。
ちなみにその先生は31歳で亡くなってしまったそうですが。

この話を聞いて、またピアニストの偏狭な部分を知ってしまったような気がしました。
31歳で夭逝というのもぞっとし。ショパンにのめりこみ過ぎるとショパンのような人生になってしまう?!
ま、練習しても簡単なのしか弾けない私には関係ない話です(笑)
でもずっと練習してるときは気分がかなり落ち込んで来たりしたので、多少はあるかな…と。
それってただうまく弾けないからじゃーんなんて言わないで。ヘヘ。

そんなこんなで子供たちも楽しんで我が家に帰って来ました。
で昨日ようやくレントゲンと耳鼻科に行ったのです。
結果を聞いてこないだのポルターガイストは父だ!と確信しました。
長女の滲出性中耳炎の治療の方向を決めるためだったのですが、レントゲンの結果、アデノイド肥大蓄膿症が判明。
これがあるため鼓膜切開をしても繰り返す可能性が高く、投薬を続けるのも限界があるそうで。
睡眠時の無呼吸があるようだったら、全身麻酔でアデノイドを切って耳にチューブを入れる手術をする方向で考えた方がよろしいとのことでした。
こないだのチューブのショックからだいぶ慣れたのかな。今回は聞いて一瞬凹んだけどすぐ立ち直りました。
今度無呼吸を検査する機械を借りることになりました。

長女の寝起きが悪いのももしかしたら無呼吸による安眠障害だからかな。
実は亡父も蓄膿症だったのです。で昔は口から手術するのが普通なのに鼻からされて、嗅覚を失ってしまったのです。それで長女にも早く医者行けー!とガタガタやったんですかいね(笑)

メスを使わず済む方向に行ってほしいとは思いますが、長女にとって最良の措置が施せるよう母としては祈るのみです。

|

« 森林浴へ出発 | トップページ | ポロネーズの女 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あれれー???昨日コメントしたのに、消えちゃってる!重複しちゃうかも?ごめんなさいね♪

お父さんからのメッセージ、ありがたいね♪
そこまでして伝えたいくらい、娘と孫のことが心配だったんだねー。
この先の治療、心配だけど・・・きっとお父さんが見守ってくれてるよ♪がんばってね!
私も応援しています♪

投稿: yu-ki | 2006年3月22日 (水) 05時51分

>yu-kiさん

お返事遅くなりました。
コメント消えるの、どうしてでしょうね。
いつもすみません。。
めいちゃんさんやchibaggioさんも言ってたけど…。ココログに一度聞いてみますか。

ホントに次から次へとステップアップして…、めげずに頑張ります。応援ありがとう。

投稿: てんてん40 | 2006年3月23日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156803

この記事へのトラックバック一覧です: 森林浴の後:

« 森林浴へ出発 | トップページ | ポロネーズの女 »