« 真夜中のピアノ | トップページ | インフルエンザ »

2006年2月 4日 (土)

ショパンにどっぷり

ここ数日は革命エチュードを弾きまくり。
いくら脱力と言ってもやはり要らぬ筋肉を使っているのか、昨日から両手が筋肉痛状態です。
いちおうこんなような本も買って読んでる途中です。
こういうの読んでるとね、出て来る道具がとてーも気になるのだよ。トレーニングボードとか。
道具があれば道が開けるなんて錯覚に常々陥る、愚かな私。

昨日はちょっとお手本を聴いてみようとネットのピアノ曲事典で3名のピアニストが弾く革命を試聴してみました。
いつもは昔毎月配本の600円ぐらいのCDブックにあった無名のピアニストが弾いてるやつを聴いてて、そちらはごく普通に人間味あふれるというかオーソドックスな演奏なんですな。
それがそれがピティナさんのは!!!
最初にウクライナ人の若者のを聴いた瞬間に卒倒しそうになってしまいました。

は、速過ぎる・・・_| ̄|〇

こないだ自分で指定速度で弾いてみた(もち弾けんが)けど、そんなマッハじゃなかったぞー。
他の日本人ピアニストたちのもやはり、速い。
こんなん聴いたら「革命は誰にも弾ける」なんて幻想はぶっ飛んでしまうぞい。
ま、ピアニストがそう思わせたらおまんま食い上げ?!
「どーだ!すごいだろ!おめーらにはこんなことできんだろ!」と思わせてなんぼのもんでっしゃろけど。プロの世界は厳しいですなー。

そうそうプロで思い出した。
昔私が完全にピアノから離れる原因になったのは、ピアニストの友人だったんだ。
私が上京して2年ぐらいの頃、高校時代の同級生が上野での国際コンクール鑑賞のために東京に来たので私のアパートを宿に貸し。
当時はまだピアノの未練も切れてなかったので、私も当日券を買っていっしょに観に(聴きに)行き。
そのときも名前は忘れたが中国人男性のピアニストがずばぬけだった。
それはさておき。でコンクールが終わり、彼女が短期で音楽留学したときの仲間たちにホールでばったり会い、彼らに紹介してもらったのだが。
「ピアノはやってないんだけど、中国語やってる子で・・・」
え?なになになに???
私ピアノやってたことにならないの?家にピアノがないから?単に今やってないから???
と瞬時に?だらけになり。

その当時は独学で幻想即興曲やノクターンを弾けるようになったばかりだったし、高校時代私が習ってたことも知ってるのに・・・。クラビノーバもいつか買おうと思ってた頃だった。
でもすぐ結論が出た。
そーか。音大出てピアノの先生だけじゃなく演奏活動もして留学もするぐらいの人には私のレベルなんて「やってない」ことになるんだ。そりゃごもっともだ。
それに相手の短期留学仲間のことも「あまりピアノは弾けるって感じじゃないんだけど」って言ってたぞ。
なんだ芸術家なんて結局自分が上に見られたいだけか。見下されたもんだな-。
そーかそーか、こんなどす黒い野望のうずまいた芸術なんてクソ喰らえだ。
音大出兄貴が「音楽の世界には性格悪いやつもけっこういる」と言ってたのはこのことだったんだ。
音楽は楽しむもんじゃなかったんだ。などなど自分の中で大爆発。

今考えればそんなに怒るほどのことでもなかったのかな。
高校のときに地元国立大の教育学部の音楽科を受けようかと言うと、「てんてんには絶対ムリ」。
公立大学の滑り止めに公務員試験を受けようとすると、「国公立ぐらい試験難しいのに、大丈夫?てんてんにはムリじゃない?」
もち公務員試験は合格ですよ。滑り止めだったはずが二足のわらじになりやしたが。(公立大の勤労学生ね)
その後辞めてまた東京で違う官庁受け直してそこでも合格したっすよ。
(そこから人生狂ったと言う話もあるが(爆))
今考えると彼女は結構シビアなだけだったのだけど。
真に受けてそこから私は中国語一直線に。ほんま単純なやっちゃなぁ。
肝心の中国語は・・・外大の中国語専攻の現役学生レベルにプラスαぐらいで止まりますた。
こちらも万年中級者だす。おっと話が脱線。

そんな訳で17年もピアノのブランクが空いたのは、住宅事情や生活事情もさることながらこういう心理的な打撃が大きな原因だったのです。
彼氏もあまりできなくてヒマこいてた20代30代前半。暇つぶしにTVとかじゃなくてこんときピアノやってればなぁとなかなか自由時間の取れない最近は思うのでありまし。
でもネットとかもなかったから孤独なピアノ生活になってたかもね。

過去の愚痴はさておき。
こないだ注文したショパンCD全集が昨日届きました。
木製のCDラックまでついてて、最初はそれいらんから安うして。とか思ってたのですが、なかなかよいです。
ちょっとした愛蔵ライブラリーです。て肝心の中身は聴いてませんが(爆)
この土日でぼちぼちWM10とDIPLY MUSICに取り込もうと思います。
楽譜_世界音楽全集ピアノ篇のショパン集1~6_の方もちょうどこれを書いてる途中に届きました。
うっふっふ。楽譜を見ながらショパン鑑賞。あー至福の週末(笑)

今日は夕方から育児困難解決のためにボランティアの教育相談を受けに行って来ます。
最近こちらでは育児の記事が激減してしまいましたが。
日々娘たちの叱り方接し方に悩んでいるのです。
こないだの東大和のハーレムおじさんみたく、最後は脅しです。
相手が大人だったら脅迫罪なのです。
叩いたりは最近はだいぶ我慢できるようになりました。
父親の折檻から守る努力も功を奏し、このところはほぼ被害ゼロです。
本来子供好きじゃなかったのに、「自分の子なら大丈夫かな」と思ったことは軽はずみだったのですが、過去を責めても仕方ないので、これからのために善処への努力を惜しまずに行きたいと思います。

|

« 真夜中のピアノ | トップページ | インフルエンザ »

「ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ピアノを辞めた理由にも、人それぞれあるんだな~と。(笑

たしかに、ピアノ専門職の人は、人付き合いが苦手な方が多いかもしれませんね~。

一般の人が、カラオケに行ったりコンパでお酒飲んだりして、たわいもない会話で盛り上がっている頃・・・
専門職の方は個室で黙々とレッスンに励んでいるのでしょうからね(笑

うちの娘の先生も、愛想のいい言葉を発したことがありませんし(^^;


でも、その彼女は・・・もともとちょっとひねくれているよーにも思えます(^^;
てんてんさんは、史上最強の災難に遭われたのでしょうね(^^;
過去をバネに、今を生きる!としましょう♪

あのね、こないだぼやいていた14小節目からは、何回かに一度成功するようになりました。
で、主題の終わりかけの左手・・・これで凹んでいます。今日も練習の鬼と化す私・・・(爆

投稿: yu-ki | 2006年2月 4日 (土) 12時48分

>yu-kiさん

ウフフ。とうとう暴露してしまいました。
yu-kiさんの譬え言い得て妙ですね。
あの「巨大付箋」先生の話、ウンウンという感じです。だって親御さん来てても顔出さないんですよね。 

うちの先生は私が中で見てるのもあるけど、次の方が来ててもお見送りとかしてくれますよん。
それにこないだ娘がトイレ行ってる間に娘の次の時間帯は高校生…ということから、私が高校でソナタ2の月光1曲で辞めた話をしたら、「結構弾けるんですね」と言われて驚きました。
先生から見ると全然…なのにね。

その先生がひねくれたのは生育環境など親との関係とかもあるのでしょう。
でもピアノだけでもできるものがあって良かったね、その先生。

革命は練習するとどつぼにはまって行きますね。神経も参って来るけど、たまには明るい曲で休みましょう(笑)
主題の終わりがけ?また「○小節め」で教えてください。

投稿: てんてん40 | 2006年2月 6日 (月) 04時29分

「巨大付箋」。。。(大爆


せっかく明るい曲で休むアイデアいただいていたのに。。。

今日は暗い曲で休憩してしまったわ~(^^;


革命の弾けない部分、自分のブログに書いています(笑
よかったらまたいらしてくださいね♪


玄関先まで送ってくれるなんて、スバラシイ
!やっぱり、人間そうでなくっちゃね(笑

でも、先生と世間話をするのは骨が折れそうなので、うちの場合はこれでいいのかも?!なんつって(笑

投稿: yu-ki | 2006年2月 6日 (月) 18時35分

>yu-kiさん

とうとう下の子がインフルエンザになってしまいました。
でも病院に着いた頃熱も下がり帰宅したら39.6→37.1℃に!回復早っ。
という訳で日中コメントしてまっす。

暗い曲でも休めたらいいですよ~。
革命のことはyu-kiさんちで詳しく。

長女のレッスンも慣れたらyu-kiさんとこみたく入り口まで送って一人でレッスン受けさせたいのがホンネなんですけどね。
下の子が騒ぎまくるので気を遣うのだ…。

先生はこないだ休まれた時に一瞬疑ったけど、10代でもうコンクールで賞取ったりしてる人にしては良くできてると思います。

投稿: てんてん40 | 2006年2月 7日 (火) 13時19分

あらら~ついに貰いましたか(^^;
もう熱が下がっていたら安心だけど、あとの家族がもらったら大変!
てんてんさんが貰うと、家事とか大変ですから気をつけてくださいね♪
(ちなみに、うちは私一人だけ無事でした~★)

うちはいちおう全員復活したんですけど、私がなんとなく多忙なので、まだ調律の再依頼はしてないって感じです(笑
3月くらいになりそうかな?(^^;

ピアノ教室のお話、お宅の門まで送っていって、また門の前まで迎えに行くって感じなんです。
前の先生のときも、今回の先生も、親の店のお客様なので、先生のお母様から寸評を聞かせていただいています。
『Mちゃんはおとなしいけど、練習はほかのどの子よりも進みが早いですよ!やっぱりお母さんが弾けるお家は違いますね♪』って感じで。

本当はもっと細かくいろいろ教えてもらいたいんだけど、あまり執拗に聞くのも嫌がられるかな~とか(笑

来年の2月頃に発表会をされるんだそうです。(1.5年に一度らしい)
で、それが終わったら、下の子もお世話になるつもりなので、下の子のときはちょっとお話たくさんしたいな~(・・・ってか、してほしいな~)と思っています(笑

革命のお話、ぜひぜひお越しをお待ちしています♪
あ、でも看病の合間のお手隙のときにいらしてくださいね~♪(笑

投稿: yu-ki | 2006年2月 7日 (火) 13時47分

>yu-kiさん

やっとPCの前に座れた~。
仕事休みのつもりで早起きしないでいたら、連日朝になって旦那が「ボクが休む~」とか言い出すので、ピアノもPCも満足にできずじまいの日々です(^^;

次女の熱がようやく下がったと思ったら、今日帰宅したら旦那が死んでました。
「うつすと治る」てホントだね~。
明日は長女以外休むようだなぁ。2人の看護と言うことで…。

ピアノの先生は親御さんのお得意さんなんですね。だったらあまりむげにできないですね。なんか悪口言っちゃってごめんなさい。
親御さんには是非ご内密に(^^;

うちはいっしょに聴いてますがもっと長女の素質とか教えてほしいけど、本人目の前にすると言いにくいようですね。
「下のお子さんも習って是非6手の連弾を…」とは言われました。
なんかそういうファミリーいいなぁ。。

投稿: てんてん40 | 2006年2月 9日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156767

この記事へのトラックバック一覧です: ショパンにどっぷり:

« 真夜中のピアノ | トップページ | インフルエンザ »