« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の15件の記事

2006年2月28日 (火)

軟禁の後

昨日は結局2時前に点検が終わり、4時半に園の迎えに行くまでみっちりピアノタイムでした。

【練習内容】
・リトルピシュナ…短調スケールの所から最終ページまでのアルペジオまで

やっと最後のページまで辿り着きました。4ヶ月かかっちょるぞぃ(笑)
この本のお陰で 左手が随分動くようになりました。昔のハノンは両手ユニゾンで決まって左手が先に撃沈してたのがウソのよう。

・ドビュッシー ベルガマスク組曲「前奏曲」…最後まで弾けますがまだまだ譜読み段階です。

・ドビュッシー ベルガマスク組曲「月の光」…速い箇所もだいぶ板についてきました。あと一息と言うところです。

・ドビュッシー ベルガマスク組曲「パスピエ」…簡単そうに聞こえましたがなかなか難しいです。とりあえず最後まで音は拾ってますが。

・ショパン 革命エチュード…もういい加減どうにかなんないのって感じですが、今まで弾けてた冒頭の左手パッセージが詰まるようになりました。爪切ったからかな?完全スランプです。
向上した部分もあることはあるのですけど。

・ショパン 幻想即興曲…何故か革命の後に弾くとスムーズに弾けるのです。
これはいっちょ録音できるかな…としばらく挑戦しましたが、途中でタイムアーップ!(笑)
近いうちアップできれば…と思います。

昨日は沢山手を出しすぎてどれも不完全燃焼でした。
今後はもっと絞って練習したいと思います。

昨夜の長女のショパンレクチャーはノクターン7〜12番まで。
今晩13からにする?と聞いたら、「今日はスのつくのがいい」(爆)とのことでスケルツォを聴く予定です。
長い曲でよかった…。pht0120232151.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

今日は設備点検

今日はマンションの防災設備点検の日。火災報知器や消火器の点検を行う日です。
いつも平日なので15年に入居してから毎年すっぽかしていたのですが、今年は珍しく休みを取って待機しております。
9時から4時までの間だそうなのですが、いつになるかわからないとのことで、軟禁状態に等しいお休みです。
耳が遠いのでベランダで洗濯物を干せばインターホンが聞こえないし、ピアノもヘッドホンしながら弾いてるとこれまた聞こえない。掃除機なんて論外です。
仕方なしにインターホンのあるリビングで音抑え目にPCの音楽を流しながら、子供たちの保育園の手拭タオルの紐や名札つけをしたりしています。洗濯物、干してぇー!!!掃除機、かけてー!!!

昨日は長女がおばあちゃんとお買い物に行ったので、パパ・次女・私の3人でした。
パパも途中髪を切りに行ったりしたので雨の昼下がり静かな1日でした。
ピアノもリトルピシュナの後ろの方(笑)や革命エチュードを練習したり、ブルグミュラー18の新曲、クラーマービューローの1番やポロネーズ1番・夢・ベルガマスクの前奏曲の譜読みをしたり。
クラーマー・ビューローは思ったより楽譜は見やすくてホッとしましたが、やはり指定速度で弾けるのは遠い将来になりそう。。であの膨大な原文の説明は何なんだ!!あれは要らないぞー。日本語だけでいい。アルファベットはキライだ(笑)

指の訓練は音楽を聴いている時などにやってます。右手の薬指が動かないのでそれを集中的に、例の道具で地道に…(笑)ストレッチは気がついたらどこででも。お蔭で手指が常にドキドキしてる感じです。
左手に比べ右手が結構堅いですね。私の場合。早く克服しなくては。

そうそう、昨日久しぶりにエリーゼのためにを弾いてみたのです。
こないだ10数年ぶりに難所を克服した(ここに音源アリ)筈だったのに、また長年来のとおり滑る滑る、走る走る(^^;
どうやって克服したかな、確か指使いを少し変えてみたような記憶があるんですが、それが思い出せない。
たった数ヶ月前のことなのに…、悲しいことですね。寄る年波には勝てない(;;)

で夜になって夕食後長女から帰るコールがあったので引き続きピアノを弾いていました。
インターホンが聞こえないと旦那に怒られるので、注意しながら弾いてたのですが、やっぱり聞こえなかった。
でも昨日は次女が

「ばーちゃん、きたよー。」と教えてくれました。

ホントだ。よく聞くと鳴ってるぞー。助かったー!!…ってどうしてばーちゃんってわかったの???
今朝になって気づき次女の超能力に舌を巻きました。って偶然だろー?>自分
またまた親ばかエピソードですな(笑)

今日はいつになったらピアノ弾けるんだ?!
あ、楽譜見ながらライブラリー鑑賞と言う手もある。なかなかゆっくり楽譜見ながら聴くのってできないんですよね。
電車は朝は混んでるのでムリ、帰りは20分ぐらいしかないし、結構他人様の迷惑っぽい。夜は食事風呂終わると寝かしつけ。
ショパンのレパートリーを長女に講釈しながらですが、電気消してるので楽譜は見れません。てか私も眠い。

昨夜のショパンレクチャーはノクターンでした。
ノクターンって21番までありますよね。20番も21番も遺作ってのがわからないのですが、遺作って最後の一つじゃないんですか???
また脱線しました。昨日は7番ぐらいまで流れたでしょうか。
長女はいちいち「これノクターン何番?」と訊くのです。最初は教えてましたが、こっちが眠りかけてもまだ起きて訊き続けるのでキレてしまいました。プレーヤーとスピーカーの電源も自動的にキレるといいのだけど(^^;
安物なのでタイマーも手元スイッチもございません。また対策を考えねば…。

そんなこんなで毎度慌しいピアノライフを送っております。
ではまた軟禁状態に戻りま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

二十歳過ぎればただの人

今日は親ばか記事になりそうなんで…。
タイトルはおとなしめにつけました(笑)

最近急激に私のCDのピアノライブラリーが増えたんで、毎晩寝入りばなの雑音消しのつもりでデジタルプレーヤーで音楽を聴いて寝ておりました。
すると長女が「私にも聴かせて~」とイヤホン半分横取りするんですわ。
1個になると途端に聞こえが悪くなる(爆)
ということで物欲の化身てんてん40はまた廉価なPCスピーカーを導入いたしました。

で昨日から寝るときにデジタルプレーヤーにスピーカーをつなぎ、子供たちにも聞こえるようにしてます。
音響効果は抜群ですね。時代の流れを感じます。
設備としてはデジタルプレーヤーと併せて3万も行ってない。昔のコンポってすごく高価だったんですけど。

流す音楽はもちろんショパンライブラリー(笑)
長女は記憶力抜群で、2歳前から20人近くいる保育園のクラスメイトの、これまた1人6枚ずつ以上は持ってるエプロンと口拭きタオルを全部暗記していたツワモノです。
エプロンを新調すると2日ぐらい時間が必要だったそうですが。。
平仮名カタカナもアンパンマンのあいうえお教室というおもちゃで3歳の頃2ヶ月強でマスターしました。
次女も最近お友達のロッカーやエプロンを覚え始めたようです。長女に続け~(^^;

でショパンライブラリー。
子供のころから聴いてればインプットされるかなぁと曲を流して、これは誰それの何とかって曲だよと教え始めました。昨日はスケルツォ2番。
ショパンのスケルツォは1番から4番まであることを告げると←合ってますよね?

「5番は~?何でないのー?」

「さあ、どうしてだろうね~。長い曲だから作るの大変だったのかな~。
作ったショパンに聞いてみたら?ってもう死んでいる人だけど。」と言うと、スピーカーに向かって

「ショパンさ~ん、どうしてですか~??」(大爆)

もう夜中の12時前だったんで「そんなことしたらホントにショパン出てくるぞー。」と言った途端、布団に慌ててもぐってしまいました。あー私ってイジワル。。
で今朝PCから音楽流してたらたまたままたスケルツォ2番だったんで(笑)、長女に聞いてみました。

「スペシャル・・・2番!」

おお!スと2番は合ってるぞー!すごいすごい!
毎晩1曲覚えてたら1年後2年後はすごい量になってる…ことを期待してまっす。
ってキライになられないようにしないといけないですが。。

そうそう、こないだ長女のレッスン時に3月にある発表会のプログラムをいただきました。
成人は4人だけ。1人だけベートーベンのテンペストでそれ以外は皆ショパンです。
ドビさまと2曲やる人もいました。
注目の講師演奏は、ショパンのエチュードOp.10-4。
ショパン曲のサイトで革命に続き易しいと評されていた曲ですが、CD聴いて楽譜見ると難しそうです。
先生はかわいい顔して飄々とした感じなんですが、小学生の頃から続々コンクールで入賞とかしている人で、やるときゃやるのね。と言う感じです。楽しみー。

長女はバーナムで習っているのでもうヘ音記号にも入って両手で弾いています。
ふわ~とした手のフォームをマスターしたので先生にいつも褒められて嬉しそう。
レッスン前の私との練習で私が厳しく言ってもヘラヘラして、根気よく練習しておりまっす。

肝心の私のレッスンについてはこないだ次の人がもう待ってたので、先生に打診できず、姑に次女のお守りも頼んでなくて保留状態です。
クラーマービューローも届いたし、早くレッスン受けたいなぁと思うのですが。
母親の趣味のために子供預けるなんて、仕事と育児一筋のまじめな姑は許してくれるかしら???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

DIPLY MUSICで初録音

昨日定例の子供たちの耳鼻科に行って、長女は左耳の鼓膜切開をしてもらいました。
中耳炎とかはもうよいのですが聴力がどんどん下がっていて、鼓膜の内側に汁が随分たまっていてそれが原因とのこと。
ジュジュジューッとかなりの量の液が出されており。これでよくなるとよいのだが。
今日も来院するよう指示され今日は夜間診療がないので時間休を取る予定で、いつもより遅い朝です。

今日は3時半起きだったので革命をめちゃくちゃ練習しました。
倍テン練習も全曲やり。あの主題後のややこしい左手のところも何とか通せるようになったかな。
最近左薬指をできるだけ使うようにして、薬指1本で荷物持ったりつり革持ったりしていたら、かなり強くなって来ましたよ。
左ばかりやってたらこないだ右もトレーニングボードで動かしてみたら、右薬指の方が動きが悪い。
油断なりませんねー。右も頑張らねば。

でだいぶ前から懸案(笑)のゴリウォグのケークウォーク。
なかなか上達しなくてなんかもうピークが過ぎたような、興味が冷めたような感じだったんですが、今日ちょっと録音してみました。
携帯音楽プレーヤーでの録音です。ちょちょいのちょいのはずだったのに随分遠い道のりでした。

ゴリウォグのケークウォーク ドビュッシー

今日は練習なしで一発録音です。
歯切れが悪くて、これ本当にBランクなのぉーー??!!>全音さん
なんか簡単そうでも仕上げるのは難しいなと痛感した1曲でした。
アラベスク1番の10倍かかったんじゃないかな(爆)あれも仕上げた訳じゃないけど。

デジタルプレーヤーで直接録音…はiPodとかにはない機能ですがあまり使い勝手はよくないかな。
便利は便利ですけどね。PC持ち歩かなくていいし。
音質は5レベルくらい選択できます。音も悪くないでしょ?
もっとちょこちょこ録音しなくちゃね。せっかくだから。

それでは朝の用意に移りま~す。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

道具大好き♪

こないだの喉の件は耳鼻科の内視鏡で診てもらったら、「何もない」とのことでした。
じゃーなんでつっかえてんだ?苦しいんだ?自律神経の方かも知れませんねぇ。
また転勤シーズン近づいて来たし。去年は下痢が続いて痔が勃発…だった。
今まで各ブランチで処理していた業務を都内集中化することになり、今の職場の体制がガラッと変わるのです。
異動しないとしても増える新メンバーへの引継ぎやらは絶対あるだろうし、所掌もかなり変更ということで身辺バタバタしていて落ち着きません。。春ってやーねー。

さて今日はタイトルを「道具フェチ」にしようと思ったのですが、以前「妊婦フェチ。」と言う記事を書いたらもうその言葉でたどり着く件数の多いこと多いこと。大体検索ワード中いつも1位です(爆)
なので大人しい表現にいたしましたって言っても結構怪しいですけどね。

さてさて、私めピアノの技術を短い時間で効率的にアップさせたいあまりに道具や策に走っておる昨今ですが、先日ようやく御木本メソッドトレーニングボードが届きました。
フィンガーウェイツみたいに高くなく結構手頃な値段では…と思われますがいかがでしょう。

ジャーン!!
17
これは表側です。手を広げるトレや指の独立性を高めるトレに使います。

17
これは裏側。指先を強くするトレ用です。間違えて1個予備のタボまで貼ってしまいました(^^;
ま、トレーニングに支障はなさそうです。

17 17 17
自分の手を添えて写そうと思ったのですができなかったので、長女の小さい手を添えてみました。左がタボの左右を行ったり来たりして指の独立性を高めるトレ。真ん中は指の間を拡げるトレ。右はタボをこすって指先を鍛えるトレです。イメージ湧きますか???
あまり詳しく書くと著作権や特許権の侵害になるかしら。詳細は書籍をごらんください(苦笑)

とりあえずまだ説明書を一生懸命読んでいるところです。
この道具でなくとも代用できるものはあるかなぁというのが率直な感想ですが、これで鍛えるぞーみたいな気合は入ること請け合いです(笑)

私はフニャチ…もとい左手のヘナチョコ姉さんを鍛えるのと指の動きを速くする目的でこれを入手したのですが、道具が来る前から手を拡げるストレッチを試しに本のとおりやっていました。
前も記事に書いたのですが、どれも90℃開かなかった右手の2-5の各指間が何と3-4以外は開くようになったんです。ごっついごっつい。
革命エチュードの二次主題のところでラレラレ~と11度のアルペジオが出て来るのですけど、それが届く確率が増えましたv!!
ピアニストの録音聴いてもちゃんとしたアルペジオじゃなくラとその後の和音の8分音符になってたりするんで、ちょっとうれしーかも。…てそっちの方が難しいんかいな???スライドとかいうやつかな。わかりませんが(^^;
左の方も10度の3つ和音も楽勝になりました。前は2つ鍵盤の端にひっかけるのがやっとでした。

革命の左手が4の指でいつも滑り、途中のギザギザ進行のところも4-5の動きがペラペラしているので、このために買ったようなもんです。手を大きくするのと同じくらい即効で結果出るとよいのですが、指先鍛錬の方はなかなか道具に慣れなくて難しそうです。

頑張れ、道具大好き♪星飛馬!!!

今日は晩のうちにピアノ弾いとこうかいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

独学終了への第一歩

1月から長女がピアノレッスンを始めて毎週付き添っています。
そこで先生のグランドピアノ_先生よりきっと年季入ってる_を見る度うずうずしていて…。
わかりますよね。そう、私も習いたいんです。
独学も楽しいですが無駄が多かったり遠回りな気がすることがあって、やっぱり先生にときどき見てもらった方が効率いいかなぁとか思い。
いつもレッスン時は2歳怪獣次女も連れて行ってるので、それがネックなんですが。。
ちょうど長女のレッスンの後の高校生の方が隔週レッスンだそうなので、私も月2ぐらいで習いたい…。

昨日ダメ元で旦那に聞いてみました。
「いい先生なので私も月1~2ぐらいで習いたい」と。
案の定「もう弾けてるのに何で習う必要がある」とか言われました。
「ダメ元で言っただけだから」と言うと、「行くなら行っていいよ」との回答。

やったー!!

第一関門突破です。
次の関門は次女のお迎えをお願いする姑。花金(死)がレッスン日なので旦那に頼むのは酷かなぁと。
その次の関門は先生ですね(爆)
先生がOKじゃないと始まらんぞー!>自分

何か一歩踏み出せて嬉しいです。いちばん難しいと思われた関門が難なく通過できたので…。
習えたとしてどういう展開になりますか。

20代になってやった楽器系の習い事は全部挫折した私。
月2回で12000円の二胡教室。グループレッスンでしたが、レッスンのたびに中国人の先生(男)に練習と関係なく手を握られるので転勤と共にやめました。
昔いたところの近所の知人(同年齢)にエレクトーンを習いました。
兄の家でしか練習できない(今は遠方)、その子の性格と合わない、の理由で数ヶ月で発表会に1回出てやめました。
今度は大丈夫かなぁ。私がダメになったら長女も行けなくなるし。
悪いことばかり考えるのはやめとこう。

先生宅は人工象牙のグランドピアノなんですよ。
こないだ少し触らせてもらいました。
本当に習えるといいんですけど。楽しみー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

お尻の次は・・・

昨年9月に長年の友の内痔核とおさらばした私ですが、こないだ次女のインフルエンザのときに喉を痛めてから、もう2週間近く経つのに喉の異物感、圧迫感が取れなくなってしまいました。
今度は喉にいぼ???
単なる良性のポリープならいいのですが、祖父を食道ガンで亡くしているので、明日病院に行こうと思います。
本当は今日夕方子供たちの耳鼻科で診てもらおうと思ったのですが、すんごい雨で足が遠のき帰って来てしまいました。

ネットでいろいろ調べたら、

怒鳴り声の出しすぎはよくないらしいですね。

都はるみの♪あん゛~こぉ~つばき~♪の小節ばりに毎日うなりながら娘を怒鳴っていたもので。
そのつけが来たのかも知れません。
カラオケポリープではないはずです。

あー苦しい。。早くしぼんでくれぃ。

私が死んだら住宅ローンがチャラになるので、この話を旦那にしたら無言でした。
死んだら夫孝行かいなと思うとなお死ねません(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素朴な疑問

先週は週初めの朝から夫婦大バトルになってしまったので、少々神経が疲れていたのか、この土日は子供に起こされるしピアノも弾けない休日でした。
ドビ様の音源は楽譜を見ながら聴いたけど、途中で眠ってしまって…。
子供のころ「クラシックは眠くなるからつまんない」なんぞと申す輩に憤っていた私ではありますが、今は言えないですな(苦笑)
でもつまんないから眠ってんじゃないよー、私の場合(笑)気持ちいいから。

ところで普段あまり人に聞けないのですが、ピアノやってて素朴な疑問が何個か湧き。
まず1番。
「譜読みって一体どの程度まで読んだのを言うのか。音を拾ったら?ある程度弾けるようになったら?」

ちなみに私は音を拾った時点でと思ってますが・・・。他のブログとか読んでると違うのかなと思うこと多々あり。

そして2番。
「譜めくりをする時演奏が止まってしまうけど、皆ある程度弾けるようになったらやっぱり暗譜?」

めくってもらう人がいることなんてそうそうないですよね。
ちなみに現在私は譜めくり難しい楽譜はコピーしてつなげて貼ってます。でもコピーした楽譜ってヨレヨレでしかも値打ちがかなり下がったような錯覚に陥る。皆どうしてんのかなー。暗譜も結構至難の業なんですけど。

そして3番。
「楽譜広げて台におくとちゃんと広がらないけど、弾く前に全ページ後ろに折ったりして広げておくの?
新しい楽譜とかもったいなくない?」

・・・てそうしないと楽譜じゃないですね。この疑問は追加です。広げても戻って来たりするけど、洗濯ばさみやクリップで挟んだりします?

こういう疑問の答えってプロはどうしてるのかとか気になっちゃう。
で自分と同じことやってたりしたら親近感湧いたりとか(笑)

すみませんが皆さんどーしてるか教えてくださーい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

中級者のため息

今日午前中は長女の生活発表会でした。毎年もじもじ…で落胆も少なくなかったのですが、今年はまあ昨年よりは成長したかな?
かぶりものが外れたり、鬼のまわしが気になったりせわしなかったですが。

彼女のあがり症は私譲りですね。人前で緊張しない方法ってないんでしょうかね〜。
仕事柄演奏も講演もする兄に言わせると聴衆が増えれば増えるほど気持ちよくなるそうです。あー、別世界(笑)

0・1歳クラスは参加せず通常保育でした。
来年は次女もデビューだ…。
次女はかなり肝据わってそうです。なかなか楽しみです。

ここんとこのピアノ練習はドビ様ばかり。
「月の光」つながりでベルガマスク組曲の前奏曲とパスピエの譜読みが終りました。
メヌエットだけは途中で挫折。かなりの難易度です(爆)

3声嫌いやねん。右手で2つ弾くやつ。
それを言えば革命は2声ですね(^_^;)
ゴリウォグの不調なのも3声の主題部分。
メロディが曇っちゃうのれす。精進しなくては。Bランクに何週間かけとんぢゃい!!
いえ、完璧に仕上げたいだけです>自分

そうそう、あのトレーニングボードも届きました。まだ手を拡げるのしかやってませんが、最近ストレッチやるようになって、ベルガマスクの左手10度和音が届いてます。右手は堅いからまだ無理かな?
指先を強くするのも早くやらねば。
タボをまだ貼り付けてない(泣)

こんな訓練で超絶技巧に近付けるのか。私の場合速く弾けないのは脳神経伝達の問題とは思うけど、手は尽しましょう(爆)
川島先生の前頭葉活性化訓練もやっときましょうかね。

(By モブログ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

不思議なできごと

今朝はパパも元気復活(35.2℃低~)で出勤。私は次女を連れて病院で登園許可をもらって来ました。
保育園は9時半過ぎて預かってもらうことはできないので、午前数時間のために1日また看護休暇をもらっています。もったいなあい。今後はあまり病気しないといいのですが・・・。

昨日の日曜日は旦那も私も熱が下がったので、昼間にピアノを弾いてみました。
リトルピシュナの基礎練習も含めて3分の2冊ぐらい。左薬指の練習を結構やりました。
私は左の4の指が一番弱いんですよね。鍵盤に立てた状態で外から軽く押すだけでもペコペコンと凹んでしまいます。他の方はどうでしょう。
最近指のストレッチもやるようになって気づいたのですが、私の場合左手指はどの指間も90℃以上すんなり開くのに、右は異常に硬い。普段細かい動きで使うから筋肉がついて硬いのか?最近の革命練習で左手が柔らかくなっているのか?左の方がオクターブが多いから?詳細はわかりません(爆)

ストレッチと基礎練習の後はいつもやっている月の光、革命、ゴリウォグを何回か弾きました。
月の光がいちばん進歩が感じられます。ルバートが苦手なので今度はシャドートレーニングしてみます。
速いところももう少しで原曲に近づきそう。

何を弾いていてもやっぱり革命が今の自分の基本のようですぐに戻って来てしまいます。あー、愛しているのね(笑)
相変わらず止まり止まりですが他の曲より多目に弾いています。
昨日は不思議なことがありました。
いつもの全音の楽譜の他にこないだ来た春秋社の楽譜を見て弾いてみたのです。
そしたら楽譜が全然違ってて(曲はもちろん同じだが)、いつもなら通るところが途端に弾けなくなってしまいました。主題が終わる25小節めから?強弱が全音ならmf→pのところが春秋社ではfzになってるところで力尽きてしまいました。
強いからと力入れてる証拠ですね。いつもここは音を下げて…というとこだったので調子狂ってしまいました。
最後のジャンジャン!のところも左手オクターブになっています。
版によってこんなに違うとは…驚きです。パデレフキ版とかコルトー版とかだとまた違うのかしら?

味見の方はてんこもりです(笑)
本当はノクターンばかりやる予定だったのですが、9-1の1曲を通して満腹に(笑)
すごくいい曲ですね。これまたルバートが苦手なのでちゃんとするにはもっと弾き込まなくてはと思いました。(これまた当然(^^;)
他はエチュードの10-1、10-3、25-1。急にエチュードが弾きたくなったのです。
10-1はエチュード中でも難易度の高い方だけあって、数小節でノックアウトですわ。音がまず拾えません。
なんてったって私は全音Bランクですからな。1個1個度数が広いんでねぇ。指は長いし広がるはずなんですけど。
10-3はあの半音パッセージを3・4・5指だけで上がるんてどんなんじゃぃと好奇心だけで見ました。
案の定超絶技巧曲でした。足も出ません(爆)

25-1はエオリアンハープですね。上の2曲よりは弾けましたが連符の頭を出すのが難しいですね。
ちょうど今やってるブルグミュラー18の5番の右手が同じような連符の曲なんです。そちらの説明だと慣れるまで最初の音をちょっと長めに弾くとよいとありました。φ(..)メモメモ
そっちができるようになってから25-1はやるとしましょう。

エチュード集頑張りたいけどなかなか手強いですね。
そうそう、こないだ仕上げた軍隊ポロ(軍とか革命とか闘い系が好きな私)も久しぶりに弾いたら1の指で2音弾く5つ和音の音が取れんのです。もう忘れてます。悲しいです。

そんなこんなで昨日はいつもの何十倍も楽しめました。「悲しみました」が正しいかも(爆)
最近寝るときもショパン集をデジタルプレーヤーで聴いているのですが、そのせいかここのところ毎日ピアノの夢を見ます。
何台もピアノが出て来て、昔のチェンバロ風なのやらグランドピアノ、アップライト、オルガン風、エレクトーンとまるで楽器屋さんのようです。
あ、グランドピアノだ!と鍵盤の方に回ると鍵盤がドから高いレまでしか15鍵しかない!とか、弾くと豆腐のようにつぶれてしまうとか・・・。夢の中でもまともに弾けません。夢の中ではピアニスト!でもいいのにね。
グランドピアノは一軒家に買い替えない限り置けないと言う意識が無意識に見せてるのでしょうか。
実際は防音工事すれば、娘たちが家を出たら置けないこともないですけどね。
たかが趣味に何百万もかけることを旦那が許すはずがない・・・というのが一番なんでしょう(悲)
許してもらえるよう努力してもいいのですが、まだそこまで度胸がない(爆)

今日は最後の看護休暇でまた弾けるかなと思いきや、病院行って帰って生協の後始末とかバタバタしてたらおやおやもう3時回ってます。4時過ぎに長女のお迎えに行く予定だし、おっと洗濯も干してねー。くそー>自分
ま、また毎日ぼちぼち弾くこととしませう。
ちょちょいのちょいの録音設備、どーなったあ???(大爆)←簡単な曲でもアップしましょうかね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ショパン全集編集作業に没頭

インフルエンザ急襲の我が家。
次女は昨日当たりから平熱に。お蔭様で月曜日には登園許可もらえそうです。
旦那の方が昨日から熱が上がり出し、38℃台まで行く一方、私も喉と頭が痛いなぁと熱を測ると37℃台。
普段35℃台ですからねぇ。しんどい訳だ。
1人無事な長女は元気をもてあまし、近所のばーちゃんを呼び出し自宅でしばらく遊び夜はお泊りに…と送り出したが、「ママがいい(泣)」と帰って来ることになり。
主婦は具合悪くても休めないのが辛いどすなぁ。ハァ。

今日の音楽ライフ(爆)
前買ったショパン全集のノクターン集を楽譜つきで聴いてますた。
いやぁ、気持ちいい、気持ちいい。思わず眠ってしまったぞぃ。いつものことだけど。熱っぽいからなおさらね。
味見したい曲が何曲も出て来ましたよ。革命よりは難易度低そうなのばかりだったので、ちょっとこっちの静かな方でしばらく楽しんでもよろしいかな。
ホントはエチュード全曲制覇したいですけど。最近は中高生でも全曲弾けるツワモノもいるそうですね。
エチュードやり出すと眉間のシワがどんどん増えて行きそうだ。
そういえばピアニストのプレイ中の写真もすごいですよね。顔はうつさんでええっちゅうねん。あの貴公子ユンディでもねぇ、恥ずかしいもの見てるみたいな気持ちになるのっす。こんなの私だけ???横顔とか手とかでええねん。
皆さんそれだけ熱心に弾いているということなんですがね。

またまた脱線。
いつも自宅で音楽を聴くときはwindows media player10にヘッドフォンを挿して聴いてるのですが、ノクターンを聴きながらふとライブラリ画面を見ると、元から収録されているCD情報の表示がガタガタで気になり出して…。
熱っぽいというのにいや熱っぽいから?いつもだったら面倒なことに打ち込み始めました。
全16枚のCDの曲名が収録順に並ぶように日英まちまちな曲名を日本語に統一、番号がついたりつかなかったりな曲タイトルを打ち直し、アーティスト名がピアニスト名だったり「ショパン」だったりまちまちなところを全部訂正。デジタル音楽プレーヤーで検索しやすいようにアルバム名もCD別に名前をつけ直し。

この作業をしているうちにマズルカの曲タイトルが長調なのに「minor」だとかポロネーズ第1番~第7番までの名前のついてる曲以外は全部「第1番」になってることに気づき。
買ったときも前奏曲・即興曲のCDの曲タイトルが3個しか入ってなくてしかも曲名が違っていて、全部打ち直した後販売業者にそのことを知らせました。
「販売元で全部をチェックできないのでご指摘ありがとうございます。」なんてご丁寧な返事をもらったのに、また更に指摘するのもなぁ。
デジタルプレーヤーがもっと普及すればこういう間違いも商品価値を下げる原因になって来ると思うのですが、CDのケースや説明書は間違ってないから、チマチマ訂正入力するのもまあいいか。
という訳でこないだは全CDの取り込み作業、1枚のCDの訂正入力で4時間以上かかったのですが、今日は夕方の数時間で全16枚をキレイに揃えてデジタルプレーヤーにも無事転送し直しました。我ながらすごい集中力。シラフじゃできんだろーなぁ(笑)

音楽鑑賞初心者としてはまずどれがどの曲なのかを有名曲以外にも覚えて行きたいのですが、ついつい耳慣れた曲ばかり聴いてしまいますね。
今日のノクターン集は初めて聴く曲も沢山ありましたが、番号だけの曲は覚えづらい。表音記号や数字は苦手なんですわ。漢字だったら一発で覚えられるんだけど。
そーいえばポロネーズは2曲ほど曲番が漢数字で入っとりました(笑)もちろん打ち直しましたが、そういうのは普通の数字の方がいいですな。

明日はどうなることやら。次女はまだ外出できないので家にいることになりそうですが、私も体調良ければノクターンの味見でもしますかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

とんだ1週間

今週は月曜日からの次女の発熱→インフルエンザでてんやわんやでした。
インフルエンザなんて自分も周りの人も罹ったことなかったので、まさか罹るなんて思わなかった。
昔は学校で定期的に注射してましたよね。
今は任意接種になっているようで、毎年はやっていないのですが今年は2人計4回大枚はたいて接種したんですけど…。A型には効かないそうですな。(涙

初日は私が休み、2、3日目は旦那が休みました。
いつも次女のことは見なかったパパですが、今回が本格的なお留守番デビューというところでしょうか。
彼がいちばん恐れているのはウンチのオムツなのですが、初日はなんと3回もしたそう。
イヤイヤ…と思ってると呼ぶのですね。これぞマーフィーの法則(笑)
2日の看病生活で昨日から旦那もダウン。今日は長女抜きの3人で病院に行って来ました。
天気もよくて次女は大はしゃぎ。旦那も昼過ぎてゲームができるくらいに復活しました。

今回旦那が休んでくれたのは大いに休み節約になり助かったのですが、いつも朝になって意向表明があるので日中やるつもりで早起きせず寝ていたら、ほとんど自分のやりたいことやるべきことが中途半端な状態でした。
でもピアノは夜ちょっとした合間とかに日に1回は弾いていたし、ショパンライブラリーとかも通勤中や昼休み、就寝時に聴いていたので、さほど大きなブランクにはならなかったかな。

こないだのことですがいきなり革命を弾き始めました。
ストレッチもリトルピシュナなど指慣らしもなく弾いたら、両腕が大変なことに…。
今指の脱力などのトレーニングの本を読んでいるのですが、なかなか思うように脱力できていないようです。
とうとう道具にも手を出してしまいました。
そこまで鍛えてどーするよ。いえいえ、できるところまでは挑戦してみたいものです。

長女の先生も歌の伴奏しか見てませんが、すごく柔らかく弾いていました。
これからの課題は基本フォームと脱力の見直しですね。

曲の方ですが、革命はまあ通せるようになったりならなかったり。
あるページで革命の冒頭部分のペダルは小刻みに踏むのがいいと知りました。
半分踏むとか半分上げるとか右ペダルの踏み方もいろいろあるのですね。
ブルグミュラー18を1冊仕上げればペダルも上達するかしら。

譜読み中だった月の光は大体音は拾えたので、途中速くなる部分をちゃんと速く弾けるよう練習しています。
ドビュッシーの曲は右と左が入り乱れてて慣れるまで大変です。3段譜の曲とかになったらどーすんだ。
アラベスク1番のときは適当に右左弾きやすい手で弾いてたのですが、こないだ長女のレッスンを見ていたら、先生が「上の五線譜にある音符は右、下にある音符は左で弾くのですよ」とこれまたごくとーぜんなことなのですが言っていて、「そーだったのか!!」と気づいた次第です。あんた初心者以下やな>自分
やはりレッスンは無駄ではない(爆)

ゴリウォグのケークウォークは仕上がってるつもりで録音して聴いてみると、ゴリウォグ人形がそこらでひっつまづいてるような歯切れの悪さ(悲)
強弱もつけてたつもりがあまりついてない。
途中のパロディと笑い声のところは音を外すことが多い。などの理由でアップには程遠い状態となっています。
こないだ全音ピースの難易度表で見たら、なんとBランク。小学校で弾いたエリーゼのためにと一緒ですかー。
悲しー。
ま、難易度には左右されず地道に頑張りますわ。

それから例のクラーマービューローも教則CDと一緒に注文しました。
何とお届け予定日は3月中旬だそうです。先長っ。
ドビュッシー全集も1と2が届いてないですが(苦笑)
クラーマーが届くまで練習曲はブルグミュラー18をじっくり練習したいと思います。
今のところ5番までやっています。いちおう弾けてるけど録音して聴いたらまた悲惨なんだろーなー。

近頃のピアノは録音設備が進んでていいですね。
子供の頃から今みたいな電子ピアノとかあったら人生変わってたかもなぁ。
ピアノ嫌いな兄(音楽兄と別です←当然ですが)が一緒に住んでて、彼が非番で家にいる日は練習できなかった(泣)
環境のせいにするのはいけないけど、優しい家族のいる人たちや音楽一家がうらやましかったです。

またそろそろ他の曲の味見がしたくなって来ました~。(yu-kiさんの影響?!)
そうそう、こないだ新しい楽譜が来たときにスケ2の冒頭部分だけ1ページ分弾いてみました。
あれだけでも何か気持ちいいですね。20ページもあるから短気な私に全曲弾くことは不可能と思うが。。
あ、もちろん技術もないからですね(自爆)

来週には次女も復活できるかなぁ。月曜日には登園許可取れるよう祈ります!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

インフルエンザ

月曜の夜元気だった次女が急に39度の高熱を出し、夜中にビデオ観ると言い出したりするのでおかしいなと思っていたら翌日には39.6度に。
慌てて病院に行くとすぐさまマスクを渡され隔離されました。
検査の結果はインフルエンザA型。でも高熱は数時間で37度台になり。

こちらは動かず検査、診察、薬の受取りと全部お越しいただいてスタッフの皆様お疲れ様です。と言う感じです。

次女の方は微熱ながら元気で元気で…。
私は仕事暇なので今週いっぱい休んでやれとのんびり構えていたら、今朝になって旦那が看護休暇取るかもと職場に言ってあると言うので急遽今日は出勤しましたー。
ホントは娘の病口実に私の看護のあるところで休むつもりだったようですが(爆)
一応一人で診ようと決心してくれたので、以前病の次女を置いて行って、「てめーが休め」「休みをつぶしやがって…殺す」などの怖いメールで寿命縮んだ 過去はあるのですが、今回は彼も年休でなく枠外の看護休暇だし、抜け目のないように薬や保険証のありか等の連絡事項もしっかりして思い切って託すことにしました。
昨日ウンチしなかったから今日しそう…。
彼の一番嫌なのはウンチのおむつ替えなんだわさ。
私だってやーよ(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

ショパンにどっぷり

ここ数日は革命エチュードを弾きまくり。
いくら脱力と言ってもやはり要らぬ筋肉を使っているのか、昨日から両手が筋肉痛状態です。
いちおうこんなような本も買って読んでる途中です。
こういうの読んでるとね、出て来る道具がとてーも気になるのだよ。トレーニングボードとか。
道具があれば道が開けるなんて錯覚に常々陥る、愚かな私。

昨日はちょっとお手本を聴いてみようとネットのピアノ曲事典で3名のピアニストが弾く革命を試聴してみました。
いつもは昔毎月配本の600円ぐらいのCDブックにあった無名のピアニストが弾いてるやつを聴いてて、そちらはごく普通に人間味あふれるというかオーソドックスな演奏なんですな。
それがそれがピティナさんのは!!!
最初にウクライナ人の若者のを聴いた瞬間に卒倒しそうになってしまいました。

は、速過ぎる・・・_| ̄|〇

こないだ自分で指定速度で弾いてみた(もち弾けんが)けど、そんなマッハじゃなかったぞー。
他の日本人ピアニストたちのもやはり、速い。
こんなん聴いたら「革命は誰にも弾ける」なんて幻想はぶっ飛んでしまうぞい。
ま、ピアニストがそう思わせたらおまんま食い上げ?!
「どーだ!すごいだろ!おめーらにはこんなことできんだろ!」と思わせてなんぼのもんでっしゃろけど。プロの世界は厳しいですなー。

そうそうプロで思い出した。
昔私が完全にピアノから離れる原因になったのは、ピアニストの友人だったんだ。
私が上京して2年ぐらいの頃、高校時代の同級生が上野での国際コンクール鑑賞のために東京に来たので私のアパートを宿に貸し。
当時はまだピアノの未練も切れてなかったので、私も当日券を買っていっしょに観に(聴きに)行き。
そのときも名前は忘れたが中国人男性のピアニストがずばぬけだった。
それはさておき。でコンクールが終わり、彼女が短期で音楽留学したときの仲間たちにホールでばったり会い、彼らに紹介してもらったのだが。
「ピアノはやってないんだけど、中国語やってる子で・・・」
え?なになになに???
私ピアノやってたことにならないの?家にピアノがないから?単に今やってないから???
と瞬時に?だらけになり。

その当時は独学で幻想即興曲やノクターンを弾けるようになったばかりだったし、高校時代私が習ってたことも知ってるのに・・・。クラビノーバもいつか買おうと思ってた頃だった。
でもすぐ結論が出た。
そーか。音大出てピアノの先生だけじゃなく演奏活動もして留学もするぐらいの人には私のレベルなんて「やってない」ことになるんだ。そりゃごもっともだ。
それに相手の短期留学仲間のことも「あまりピアノは弾けるって感じじゃないんだけど」って言ってたぞ。
なんだ芸術家なんて結局自分が上に見られたいだけか。見下されたもんだな-。
そーかそーか、こんなどす黒い野望のうずまいた芸術なんてクソ喰らえだ。
音大出兄貴が「音楽の世界には性格悪いやつもけっこういる」と言ってたのはこのことだったんだ。
音楽は楽しむもんじゃなかったんだ。などなど自分の中で大爆発。

今考えればそんなに怒るほどのことでもなかったのかな。
高校のときに地元国立大の教育学部の音楽科を受けようかと言うと、「てんてんには絶対ムリ」。
公立大学の滑り止めに公務員試験を受けようとすると、「国公立ぐらい試験難しいのに、大丈夫?てんてんにはムリじゃない?」
もち公務員試験は合格ですよ。滑り止めだったはずが二足のわらじになりやしたが。(公立大の勤労学生ね)
その後辞めてまた東京で違う官庁受け直してそこでも合格したっすよ。
(そこから人生狂ったと言う話もあるが(爆))
今考えると彼女は結構シビアなだけだったのだけど。
真に受けてそこから私は中国語一直線に。ほんま単純なやっちゃなぁ。
肝心の中国語は・・・外大の中国語専攻の現役学生レベルにプラスαぐらいで止まりますた。
こちらも万年中級者だす。おっと話が脱線。

そんな訳で17年もピアノのブランクが空いたのは、住宅事情や生活事情もさることながらこういう心理的な打撃が大きな原因だったのです。
彼氏もあまりできなくてヒマこいてた20代30代前半。暇つぶしにTVとかじゃなくてこんときピアノやってればなぁとなかなか自由時間の取れない最近は思うのでありまし。
でもネットとかもなかったから孤独なピアノ生活になってたかもね。

過去の愚痴はさておき。
こないだ注文したショパンCD全集が昨日届きました。
木製のCDラックまでついてて、最初はそれいらんから安うして。とか思ってたのですが、なかなかよいです。
ちょっとした愛蔵ライブラリーです。て肝心の中身は聴いてませんが(爆)
この土日でぼちぼちWM10とDIPLY MUSICに取り込もうと思います。
楽譜_世界音楽全集ピアノ篇のショパン集1~6_の方もちょうどこれを書いてる途中に届きました。
うっふっふ。楽譜を見ながらショパン鑑賞。あー至福の週末(笑)

今日は夕方から育児困難解決のためにボランティアの教育相談を受けに行って来ます。
最近こちらでは育児の記事が激減してしまいましたが。
日々娘たちの叱り方接し方に悩んでいるのです。
こないだの東大和のハーレムおじさんみたく、最後は脅しです。
相手が大人だったら脅迫罪なのです。
叩いたりは最近はだいぶ我慢できるようになりました。
父親の折檻から守る努力も功を奏し、このところはほぼ被害ゼロです。
本来子供好きじゃなかったのに、「自分の子なら大丈夫かな」と思ったことは軽はずみだったのですが、過去を責めても仕方ないので、これからのために善処への努力を惜しまずに行きたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

真夜中のピアノ

昨夜は子供たちと寝て1時間ぐらいしたころに旦那が帰宅。
いきなり私の方に鍵が飛んで来たので寝ぼけ眼でびっくり。すぐさま抗議すると寝室の隣のリビングのPCの電気がつけっぱなしで眩しいと言い。
寝室は暖房器具やエアコンがつけられない部屋なので、リビングの暖房をつけてドアを開けて寝るのですが、暗闇の部屋にPCのスクリーンセーバーの淡い青い光は確かに眩しい。

私が時間を見つけてPCの音源を聴いたりネットを見ようとここ1週間ぐらい夜PCをONにしたまま寝ていたのを今日までずっと我慢していたそうです。もちろん朝は消しますよ。
あ、そうですか。そんなことで我慢してたなんて。すんまへんなー。
旦那の部屋は家庭内LANのブランチなのでPCのインターネットエクスプローラーの立ち上がりが悪いらしく、一応画面は暗くなるけどいつもつけっぱなのですが、それはドアを閉めてるから眩しくないので迷惑じゃないそうです。
言われてみればそうだけど。

お蔭ですっきり(?!)目が覚めたので夕べは思い存分ピアノの練習ができました。
今朝譜読み完了した月の光は楽譜を職場に置いて来てしまったのでお休み。

【練習曲目】

ゴリウォグのケークウォーク
幻想即興曲
革命エチュード
ブルグミュラー18の練習曲 Op.1 Op.2 Op.3 Op.4

曲数は少ないですが、革命はもう10回以上弾きました。
いつも引っかかるところの倍テン練習もし、左手に力が入らないように意識して弾きました。
前より疲れなくなったように思います。
ちょうど主題の次の橋渡しみたいなところ(爆)のややこしい左手のところになると、左手首が逆「く」の字になるんです。かなりリキが入った態勢です。もっと脱力しなくては。

幻想即興曲は右手の脱力に注視。
しつこく革命を弾いた後に弾いたら曲が軽~く感じられました。多分比較の法則。
上の方から半音ずつ下がって来るところでいつもくたびれてしまうのですが、今日は最後まで楽勝でした。
でも鍵盤を外すところはいつも決まっています。これはライフワークかにゃ。

最近ブルグ18があまり弾けてなかったので、1番から指定速度で通して弾いてみました。
2番はまだ指定速度では追いつかないところもありますが、3番・4番はまあまあイケました。

いきなりブルグミュラーを何曲も弾き始めたのには理由があります。
実はこちらのブログ主催で「クラーマー友の会」というものがあり、管理人さんやかおるさんたちの勧めもあり(許可されただけ?(笑)、是非会員になりたいと思ったからです。
練習曲も何冊も掛け持つとまた消化不良を起こすので、ブルグミュラーの18曲を仕上げてからクラーマー・ビューローに入ろうかな・・・と。
★3つの3課程からいきなり★5つの5課程は無謀かなとも思ったのですが、やる気があれば受け入れていただけるそうなのでその気になっています。

この練習がきっかけで上級曲がよりスムーズに弾けるようになれるといいなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »