« 40の手習い | トップページ | 保育参加 »

2005年10月26日 (水)

言霊と理性

今日のタイトル。一見矛盾してますね。
「言霊」の後には「信仰」とか来た方がぴったり来るかも(笑)

言霊信仰には賛否両論ありますが、私の場合人生40年振り返ってみて、それはあるんだと痛感します。
謙遜や自信のなさから口にしていた言葉の通りの人生を歩んでいると言っても過言ではない(爆)

「どうせ○○高校は無理だから××高校でいい」
「大学は親がお金ないから無理なら昼働いて夜間学べばいい」
「どうせ男運悪いから」
「この人に結婚したら殴られるようになるかも知れない…(苦笑)」エトセトラ。。
途中で言葉の力に気付いてマイナーな内容や希望通りに済まなかった時の代替案を口にしないようにしてからは、人生少し明るくなって来たような。

現在気になるのは子育てに伴う言霊。
子供たちとの日々の奮闘の中でかなり感情的になってしまう部分があるのは否めません。
ここでやっとタイトルの半分の「理性」が出て来る(笑)

私の親は大正の人間(化石)にしては教育水準が高い人間ではあったのだが、かなりスノッブなタイプで、ヒートアップするとどこのやくざかと思うくらい流暢な暴言を吐いていました。
子供心に見苦しいなと思っていたくせに今は私が母親以上に口汚く長女を罵ってしまっている矛盾。
嗚呼、これぞ不幸の連鎖。。

頭ではわかっていてもどこかに甘えがあるのでしょう。
最近は長女も「そんなことしまじろうのお母さんは言わないよ」「先生はそんなこと言わない」等指摘するようになり。
かなり的を得ています。

旦那も「死ね、殺す、殴る、刺す」等の言葉を平気で使うので、冷静に観察していると第三者でもココロにぐさぐさと来るので、なるべく早く悪い言葉は撤退させようと思ってます。

あと、これは少し言霊とはずれるのだけど、娘に言う「早くしなさい」。
これは本当に早くしてほしいのですが、よくないと聞くのでなるべく言わないように我慢・忍耐(笑)

今朝は園に着いてから言わない記録を取ってみました。
でも無意識に言ってて3回ぐらい。
あまのじゃくな長女は「ゆっくりでいいよ」と言うと早くなります。
これは言葉のウラ霊(うらだま)???

|

« 40の手習い | トップページ | 保育参加 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156695

この記事へのトラックバック一覧です: 言霊と理性:

« 40の手習い | トップページ | 保育参加 »