« 夏バテ | トップページ | やっぱり2番手 »

2005年8月 6日 (土)

もうひとつの悩み

反逆リセット大魔王の長女。
とりあえず朝だけは彼女のやりたいことをやらせることにした。
でも昨日病院・美容院に行くのに姑に子供たちを預けたときに、「何でも泣けば騒げば思い通りにできる」と思わせるのはよくないから、適当に制限して我慢させるように」と言われた。
やっぱりそれでいいんだよね。
我慢できないときに、こっちも我慢できず手を上げたりするのが問題なんだけど。
職場同僚のあるママさんはすごい子供の扱いが上手なんだけど、腹が立つと別の部屋に隠れるそうだ。
朝以外なら使えるな(笑)

実は最近また新たな悩みが・・・。
不惑というのに悩みはつきず。
これこそ馬齢を重ねということか。

5歳長女の妊娠中、うちの夫婦はいろいろと試練があった。
妊娠が発覚して仕事一色の生活から子供のいる生活がなかなかイメージできず毎日思い悩んでいたら、夫が冷たくなった。
妊娠発覚時にはカンジダも併発していたので夫婦生活も思うようにできなくなり。。

ある時夫が以前私といっしょによく泊めてもらっていた独身男性プラス1名で飲みに行って朝帰りして来た。
そのプラス1名がどうも女のようで、はっきり明かさないので夫を疑った。
「信じてもらえなくてショック」との言葉を境に夫が急変した。
しばらく経ってから「結婚前に結婚したくないと言ったはず。だから今から離婚して」と言い出した。
今ならがっぽり請求して話に応じるが、当時は初めての妊娠で不安だらけだったので頑として拒否。

その後まもなく私の甥の結婚式に呼ばれて、何故か夫も同伴の意思を示して参加した。
そのとき泊まったホテルで例の女の勘で夫の携帯の履歴を盗み見た。
同期の女の自宅と携帯の番号がズラリ。
「やっぱりこういうことだったのか」
「慰謝料・養育費ちゃんといただきますからね!」と寝ていた夫をたたき起こす。
夫は言い訳めいたことを言いながら関係を拒否。
ただの同期と言う。

その後あるレクリエーションで彼女を紹介したいと夫に言われたが、異性の友達なんてあり得ない信条の私は断固拒否。
その後別居などを経て、無事長女を夫実家近くで出産。
育児休業明けにあるきっかけでその女性の写真を見る機会に恵まれる。

・・・。姑そっくりやんけ( ̄□ ̄∥;

自称「マザコンの気がある」夫。
これでもう決まり。

いろいろと浮名の多いらしい彼女はその後結婚して、どういうわけか今私と同じ部署(--〆;
夫の言うとおりただの同期なのかなと思うことにしていたが、今ランチしている仲間は大半私の夫とつながりがあって、ときどき上がる夫の話題・評価には必ずノーコメント。
脱がないと絶対わからない夫のマッチョさを何故か知っている。
その彼女もゲーマーで同じ職場になったことがないのにゲームソフトの貸し借りをしていた。
(頻繁に会っていた・・・ということか)

そしてこないだ以前彼女が引っ越したときにお祝いで同期の人間たちが彼女に家に集まって夜を明かし・・・という話になったときに、長女妊娠中夫が同期の飲み会と言っては無断外泊していたことを思い出した。
このときのことは夫から聞いてないけど、絶対参加してると思った。

帰って夫にもその話を夫が参加してない前提でよそのことのように話してみたら、途中で黙り込んでしまった。
グレー?ブラック???
彼女がなぜマッチョを知ってる・・・ということを再び聞いたら、「こないだも言ってたよな。下らない。」と却下された。

彼女自身は自分ももう子供もいるので過去の男性たちのことはあっけらかんとよく話している。
昭和50年代生まれ以降の若者の感覚
身体の関係があってもどちらかに恋愛感情がなければ友達・・・らしい。
付き合おうといわなければ既成事実があっても付き合ってないことになるそうだ。
この考えが一部の人のものであることを願いたいが。

長女の問題と共に気が重い。

※彼女はこのブログの存在を知っているらしいので敢えて書いてみた。

|

« 夏バテ | トップページ | やっぱり2番手 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156646

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの悩み:

« 夏バテ | トップページ | やっぱり2番手 »