« ちょんまげ兄弟 | トップページ | 我が家のおせちとおもち »

2004年12月31日 (金)

あるルール違反

今日はもう1回投稿。
年末にふさわしくないタイトルだが、保育園がらみで気になっていたことがある。
ここ数日早起きができず子供に起こされて早朝のイメトレができないからか、ちょっと心の調子がよくない。
このままだと年を越せないので、ここで書いてしまおう。
(ここから続きに行きます)

最近保育園で急に愛想の悪くなったママさんが2人いる。
1人は長女のクラス、1人は次女のクラスの人だ。
長女のクラスの人は以前にも一度私が失敗して険悪になった経緯があり、休業中にようやく改善されたばかりの人だ。
次女のクラスの人は10月に知り合ったばかりの人だ。

どちらも毎朝会う人たち。
ちょっと前までは普通にしていたので、原因は何なのかずっと考えていた。
長女のクラスの人は前歴があるので何か気を悪くしたことがあるのだなと思うのだが、次女のクラスの方はわからなかった。
で2人の共通点をさがしてみた。

そしたら、何となく浮かび上がって来た。
我が家は保育園のお昼ね布団のカバーかけを月曜日でなく、土曜日の朝に行っている。
二人共土曜日の朝出くわして、とてもびっくりされて声をかけられたり、そういう顔をされたのである。
いちおう長女のクラスの方は、まだ長女だけだったときに他の2人子供いる人が土曜日にカバーをかけているんだよと教えてくれた人でもあるのだが…。

二人共土曜日出勤で子供を預けているので、私が休みなのに土曜日の朝のこのこと保育園に出て来ているのが目障りなのかな…と思った。
保育園では床清掃のあったときは12時半~2時半くらいに来てくださいと言われた。
その時間は毎週守られるべきルールだったのかも知れない。
我が家は旦那が子供たちを見れないことも多く、いっしょに連れて行ったりするので、登園児が午睡中の時間はうるさくするかも知れないので避けたかった。

こういうルールってわからず犯して始めて制裁を加えられて気付くものだ。
そのときは既に遅いというのも癪に障る。
シカトするというのも大人のすることではないが、私の住んでいる地域は下町だから?下町なのに?かなり排他的なところで、余所者に心を許すのに時間がかかるようだ。《これまでの経験から)

とりあえず新年は4日の仕事初めの日しか布団カバーかけができないのでよいが、次からは土曜日昼間に行くことにしよう。
2人のママさんともちょっと距離を置いて様子を観ることにしよう。
先生方にそのルールが実在するものなのかも確認することにしよう。

来年3月12日過ぎれば登園も退園も時間がずれるので、また朝夕の環境も変わりもうしばらくの辛抱…というところではあるのだが。

|

« ちょんまげ兄弟 | トップページ | 我が家のおせちとおもち »

「育児」カテゴリの記事

コメント

いろいろ、一年、ホントお疲れさまでした。

・・・いやぁ〜いろいろあるもんなんですね、ママ仲。。。

来年から幼稚園の我が息子に付随することで、いったい何が起こるのか???と今から思ってしまいます。でも、ワタシ、かなりうといので、シカトされても気付かなかったりして?!とも思ったり。昔、いじめのつもりで私のことをシカトしているらしい女の子達にシカトされているのを気付かないフリとかして、余計に怒らせたことのあるワタシ。。。だって、しょっちゅう転校生だった私にとってはそんなことでいちいち気を悪くしているとなんだか気分的にもったいなかったんだもの(笑)。

ふとそんなことを思い出していました。

さて、明日から2005年☆
気持ちを切り替えて、少しでも楽しみましょう♪

本年中は大変お世話になりました。
どうぞ来年もヨロシクお願いいたします♪

投稿: うっし〜 | 2004年12月31日 (金) 00時45分

>うっし~さん

こちらこそ、本年はお世話になりました。
計るだけダイエットを教えてもらって本腰入れてやせられたのはうっし~さんのお陰です。(拝)

シカトされてるのを気付かないフリなんて…、すごいですね。
私はもう気付いただけで滅入ってしまいます。
気にしないコツとかあるのかしら。
まぁ、投稿してちょっと楽になったので、新年は張り切って行きたいと思います。人様の顰蹙を買わない程度に(爆)

新年も宜しくお願いします(^^)

投稿: てんてん40 | 2004年12月31日 (金) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156532

この記事へのトラックバック一覧です: あるルール違反:

« ちょんまげ兄弟 | トップページ | 我が家のおせちとおもち »