« またまた紛糾、保護者会。(こうさぎ) | トップページ | 痩せた暁には… »

2004年9月21日 (火)

ほくそえみの入園面接。

離乳食日記から始めたこのブログももう5ヶ月が経過し、次女の入園まであと10日足らずとなった。
今回めでたく長女と同じ園に入園できることになったのだが、今日役所の通知書より先に保育園で事前面接があった。

もう一組の1歳過ぎの入園予定の親子と一緒に、園行事の0歳児検診に加わり、布団カバーの名札のつけ方の説明などを受けて、体重・身長・頭囲・胸囲を計測。
その後はまだ1歳未満のうちの子だけ、離乳食や授乳についての説明を受けた。

こないだの産院での9ヶ月検診で、ミルク会社の栄養士に「もうすぐ3回食にしましょう」と言われたのだが、そこでは「もうすぐ保育園に入るので入園後にします」と答えた。
うちの次女は6ヶ月から離乳食を始めたので、本当ならもう離乳後期に入るのだが、まだ離乳中期の状態だ。
まだ形のあるものは柔らかくても受け付けない。

保育園では午前10時・午後2時の2回、離乳食が出る。
なので2回食の場合、全部保育園でまかなえることになる。(ヤッホー)
3回食になると、3回目は午後6時ごろ自宅で…ということになる。

朝食を食べさせて登園させるのは1歳過ぎてからのようだ。
長女のときは保育園で朝食…を期待していたのに、1歳間近の入園だったので、「朝はきちんと家庭で取って来てください。朝のおやつはあくまで軽食ですので。」と入園時に釘をさされ、ガーンと来た記憶がある。

今回も3回食の最初の1回は朝自宅…を想定していたので、本当に嬉しい限り。
保育士の説明を聞いて、思わずほくそえんでしまった。

かたや次女も初めての場所なのに、保育園自体には毎日来ているからか、特有の場所見知りもせず、もちろん人見知りもせず、他の赤ちゃんにアプローチしたり、じゅうたんの床でゴロゴロしてみたり…。
とてもリラックスした表情だった。
説明を聞いているときに保健室の机の方までハイハイして行ってゴソゴソいたずら、注意すると彼女もほくそえんでいた。

0歳児クラスの部屋は外から見ていたより広かった。
一面にじゅうたんが広がり、食事スペースや畳部分があり、死角になっていたところになんと巨大なベビーベッド部屋があった。
もう既にロッカーや棚にも名前がつけられていて、準備万端という感じだった。

長女の入園前はとても精神的に不安定になって辛かったのに、今回は何だかワクワクドキドキ楽しみだ。
いや今回は2ヶ月の慣らし期間があるので、子供のいない日中生活が楽しみなのか???
ワタシがニコニコ浮かれた表情をしていたら、以前妊娠中に毎日聞かんぼうの長女を怒鳴りつけているところを横目で見ていた若い保育士が、ひとこと。

「お母さん、復帰したら大変になりますねぇ。」

思わず現実に引き戻されてしまった(爆)

せっかく減らした体重も戻らないように頭の体操と共に体の運動も頑張らなくては…。
精神安定のツボ_神門(しんもん)といいます_も復帰後少しまで貼っている予定なので、長女のときのように心身が乱れることはないと思うが。。。


主婦も集まれば十人十色。
主婦のブログがいろいろ楽しめる人気ブログランキングはこちらから見れます。
皆さんの1クリックで応援してくださいね!

|

« またまた紛糾、保護者会。(こうさぎ) | トップページ | 痩せた暁には… »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156431

この記事へのトラックバック一覧です: ほくそえみの入園面接。:

« またまた紛糾、保護者会。(こうさぎ) | トップページ | 痩せた暁には… »