« 授乳生活5年目の節目 | トップページ | 長女の初恋、潜在能力開発育児。(こうさぎ) »

2004年8月28日 (土)

長女の初恋、潜在能力開発育児。

我が家の長女は4歳。保育園の年少クラスである。
0歳児クラスから保育園に通っていて、大きいクラスのお兄さんたちに気に入られたり…ということはときどきあったのだが、年齢が上がるにつれクラスの人数も増えて来るからか、人気が落ちてきた(爆)

ところが最近そんな彼女にも好きな男の子ができたようだ。
8月に中途入園して来た男の子で、家でやたらとその男の子の名前をパソコンで打ったり、口に出したりしていた。

親としても「ホ~」という感じだったのだが、こないだ園で目の下にアザを作って来たので、聞いてみるとなんとその男の子につねられたとのこと。
担任の保育士に今までのことを話すと、「そういえばよく二人で手をつないでますねぇ。」「ちょっと目立つタイプで気に入った子によくちょっかい出すんですよ~。」と言っていた。

その日はお尻にもアザができていて、担任に聞かれたのだが(以前父親がアザ作ったことあるのでマークされてるんです)わからなくて、後で長女からまたその男の子にやられたということを聞いた。

そうやってたびたび痛い目に合ってるくせに、まだその男の子を好きだと言っている長女。
なんかヤバいぞ。このまま行くとワタシのような男運人生になりそうだ(爆)

ちょっと前にこちらの記事で私の最近の育児の困難について書いたが、実は私自身も幼少のころ末っ子にもかかわらず母親から虐待まがいのスパルタで育てられた。

ちなみに私の母は戦前小学校の教師をしていたのだが、師範学校(めちゃ古)で児童心理やらいろいろと心理学を学んだらしい。
そういう人間でもいざ自分の子供に対しては理性が働かないこともあるのだ。
いやそういう教養のある人間だとは聞いて信じられなかったほどのバトルだった。

それを私の極悪非道母ちゃんぶりの口実にする訳ではないのだが…。

その後ふとココログの記事一覧で見つけたあるブログで育児の本が紹介されていた。

「子育てに失敗するお母さん成功するお母さん」である。
早速アマゾンで調べて、同じ著者のもう1冊の著作「おかあさんのポジティブ育児法」と一緒に購入してみた。

まだ半分も読んでいないが、どうも母親の潜在能力開発のイメージトレーニングによる自己改革を提唱しているようだ。

願望達成のイメトレなら独身時代にもやったことがある。
その当時は「○○語がスラスラ話せるようになっている」とか「結婚は○○な人と…」といった類の内容だったが、まあ相手を必要としないもの(爆)については大体達成できた。

夫婦関係についても「新良妻賢母のすすめ」という本の内容のイメトレを実践して、改善できた経緯がある。

育児は切り離して考えていたが、やはり同じことなんだなぁと思った。
娘たちの将来のためにもまたイメトレで一日も早く肝っ玉母さんになってみよう。


ただいま人気ブログランキング参加中です。皆さんの1クリックで応援宜しくお願いします。

|

« 授乳生活5年目の節目 | トップページ | 長女の初恋、潜在能力開発育児。(こうさぎ) »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211458/5156409

この記事へのトラックバック一覧です: 長女の初恋、潜在能力開発育児。:

« 授乳生活5年目の節目 | トップページ | 長女の初恋、潜在能力開発育児。(こうさぎ) »