« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の30件の記事

2004年8月30日 (月)

計るだけダイエット、3ターム終了。

7月20日から始めた計るだけダイエットも昨日で6週間を経過、3タームが終了した。

結果は
  8月17日朝→8月30日朝・・・0.8キロ減↓
  8月17日朝→8月30日夜・・・±0キロ

ちなみに
  8月17日朝→8月31日朝・・・0.6キロ減↓ だ。

今期は減るどころかグラフの上限を突き破ったりしていたのでどうなることかと思ったが、10日目過ぎたあたりから朝は少しずつ減って来ていた。

昨朝は前期と同じくらい減ったぞと思ったが、晩になって800グラム増えてプラマイゼロになってしまった(泣)

今期のトピックスは人気blogランキングに登録して、日記・雑談(主婦)ランキングのほかダイエットランキングにも参加したことだ。

ダイエットランキングのページに飛ぶと、当然のことであるがアフィリエイトもダイエット、ブログもダイエットで、ダイエット情報が満載である。

いろんなダイエッターがいて、セレブな方やよく研究されて系統だった記事を連載されている方、ご自分の体験談をきめ細かく書かれている方などなどバラエティに富んでいて、とても勉強になる。

と同時に誘惑も多い。
ダイエットと言えば、ダイエット食品やダイエット器具だが、腸内洗浄なるものまであるようだ。
これは説明を見てるだけでなんだか恥ずかしいが、宿便を取るのは効果的なようだ。

私はコントレックスとやはり腸内洗浄の飲むヤツを購入した。
コントレックスは昨日から飲み始めたが、まだ便秘解消とまでは行っていない。

これからが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月29日 (日)

とうとう一人立ちができました。

昨年12月に生まれた次女も今日で8ヶ月と17日。

数日前からつかまり立ちのときに一瞬手を離したりしていたが、今日はかなり長時間_と言っても数10秒だけど_テーブルのスプーンを両手で取って遊びながら、両足だけで立っていた。

最近はハイハイも自由自在で、パパの部屋やリビング、お姉ちゃんのいる部屋を行ったり来たりしている。
速度も速くて、さっきあっちにいたのに???なんてこともザラである。

喃語も大人が勝手に解釈してるのだろうが、私に向かって「マンマ」、旦那に向かって「パッパ」、長女に向かって「ネーネー」と言いながら近づいて来ることが多い。

 空耳かな???

まだ手にしたものを口に入れる仕草はしないのだが、大人の動作を真似したりする。
バイバイとか万歳とか、結構気合を入れて次女の前でやってみせるとできるのだ。

一昨日近所のばーちゃんちに行ったときも、長女の昔のコロコロおもちゃを私が先にやってみせたら、ちゃんと傾斜にボールを載せていた。

なんだか長女のときより感動してるなぁ。
長女も数週間でカタカナをマスターして、このごろは巷の看板やプレートのカンタンな漢字もスンナリ読めるようになって来た。

今日は親ばかモード全開。
どうもすみませんm(__)m


ただいま人気ブログランキング参加中です。
皆さんの1クリックで応援宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月28日 (土)

長女の初恋、潜在能力開発育児。(こうさぎ)

きょうはsoecchiが掲示板をダイエットした?
きょう、?するはずだった。
soecchiで、ダイエットしなかった。
soecchiは、

我が家の長女は4歳。
保育園の年少クラスである。
0歳児クラスから保育園に通ってい

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「金宝(チンパオ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女の初恋、潜在能力開発育児。

我が家の長女は4歳。保育園の年少クラスである。
0歳児クラスから保育園に通っていて、大きいクラスのお兄さんたちに気に入られたり…ということはときどきあったのだが、年齢が上がるにつれクラスの人数も増えて来るからか、人気が落ちてきた(爆)

ところが最近そんな彼女にも好きな男の子ができたようだ。
8月に中途入園して来た男の子で、家でやたらとその男の子の名前をパソコンで打ったり、口に出したりしていた。

親としても「ホ~」という感じだったのだが、こないだ園で目の下にアザを作って来たので、聞いてみるとなんとその男の子につねられたとのこと。
担任の保育士に今までのことを話すと、「そういえばよく二人で手をつないでますねぇ。」「ちょっと目立つタイプで気に入った子によくちょっかい出すんですよ~。」と言っていた。

その日はお尻にもアザができていて、担任に聞かれたのだが(以前父親がアザ作ったことあるのでマークされてるんです)わからなくて、後で長女からまたその男の子にやられたということを聞いた。

そうやってたびたび痛い目に合ってるくせに、まだその男の子を好きだと言っている長女。
なんかヤバいぞ。このまま行くとワタシのような男運人生になりそうだ(爆)

ちょっと前にこちらの記事で私の最近の育児の困難について書いたが、実は私自身も幼少のころ末っ子にもかかわらず母親から虐待まがいのスパルタで育てられた。

ちなみに私の母は戦前小学校の教師をしていたのだが、師範学校(めちゃ古)で児童心理やらいろいろと心理学を学んだらしい。
そういう人間でもいざ自分の子供に対しては理性が働かないこともあるのだ。
いやそういう教養のある人間だとは聞いて信じられなかったほどのバトルだった。

それを私の極悪非道母ちゃんぶりの口実にする訳ではないのだが…。

その後ふとココログの記事一覧で見つけたあるブログで育児の本が紹介されていた。

「子育てに失敗するお母さん成功するお母さん」である。
早速アマゾンで調べて、同じ著者のもう1冊の著作「おかあさんのポジティブ育児法」と一緒に購入してみた。

まだ半分も読んでいないが、どうも母親の潜在能力開発のイメージトレーニングによる自己改革を提唱しているようだ。

願望達成のイメトレなら独身時代にもやったことがある。
その当時は「○○語がスラスラ話せるようになっている」とか「結婚は○○な人と…」といった類の内容だったが、まあ相手を必要としないもの(爆)については大体達成できた。

夫婦関係についても「新良妻賢母のすすめ」という本の内容のイメトレを実践して、改善できた経緯がある。

育児は切り離して考えていたが、やはり同じことなんだなぁと思った。
娘たちの将来のためにもまたイメトレで一日も早く肝っ玉母さんになってみよう。


ただいま人気ブログランキング参加中です。皆さんの1クリックで応援宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月27日 (金)

授乳生活5年目の節目

平成12年4月に長女が生まれてから、途中次女の妊娠で8ヶ月お休みしたが、母乳育児を始めてから5年目に入る。実質の期間は3年と9ヶ月。(詳細はコチラ

ワタシの場合かなり気合を入れて完全母乳にこだわって来て、長女の時は産院からもらった小缶2個のみで腰痛の入院中を除いてミルクを買わなかった。

今回の次女は夫実家近くに引っ越してから授かったこともあり、姑に預けたりする機会も多くて、長女の時よりは柔軟になった。
それでも母乳中心で、ミルクは月に1~2回というところであったが…。

1ヶ月ほど前から産後ダイエットを始めたからか、ここのところ次女の吸い付く時間が1時間近くになって、しかも授乳間隔が2時間空かなくなってしまった。。

ダイエット中の飢餓感についてはここ数日収まったのではあるが、どうも母乳不足になって来たようである。

今までスティックミルクのみで来たのだが、先日とうとう缶ミルクを購入し、1日1回忙しい時間帯にミルクを上げるのが日課になり、混合栄養に切り替えた。

ミルクを足すとますます出が悪くなる…とのことで、長女のときは意地でも足さなかったのであるが、、、

まあ、10月には保育園入園も控えてるので、ちょっと前は慣らし期間にミルクを練習してもらうつもりだったが、早めに開始した…ということで。。。

母乳を減らしたときに気をつけないといけないのは、体重増加である。
長女のときに日中飲ませなくなったのに、食欲にまかせて食べていたら、17キロ太った苦い経験があるので。。

計るだけダイエット3タームめの今期は10日ほど経過したが、減るどころか少し増えて来た。(200グラムほど)
停滞期、ツライものがあるが頑張ろう。


ただいま人気ブログランキング参加中です。
皆様の1クリックで応援宜しくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年8月24日 (火)

久々に笑いのツボにはまる。

昨日ブログサーフィンをしてるうちに、人気ブログランキングに行き当たり、覗いてみた。

今まで名前は見たことあるけれど、よく仕組みがわからなくて深入りせずじまいだったが、読んでみるとさすがに上位ランキングのブログとかは面白い。(例:こんなの

上位に限らず下の方の新規ブログも面白いのがあった。(例:こういうの

夜中に見ていたが、久々に声を出して笑いのツボにはまってしまった(^^;
休業中だと大人と話す機会がほとんどないし、旦那も無口でほとんど話さないから大人向け言語中枢が衰退してしまいそうなのであるが、よい刺激になった(^^)

ブログサーフィンもこれからの楽しみが増えますた。


ただいま人気ブログランキング参加中です。
皆さんの1クリックで応援お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり排便ストライキ。

以前こちらの記事で書いた長女のトイレトレ。

先週土曜日に義姉親子が来ているときに便意を催したので、パパが紙パンツを取り上げてみた。
敵もなかなかしぶとく、結局大騒ぎして紙パンツを奪取し、トイレの中でおしっこだけして眠ってしまった。

トイレからなかなか出て来ないので覗くと便器に突っ伏して寝てるので、紙パンツを破いたらいきなり起きた。

「紙パンツ、破いちゃダメー!!!」

その後も便器でできないか様子をみてみたが、一向に埒があかずそのまま引っ込んでしまったようだ。

そして次の日曜日。
遅い朝に1回おしっこに行っただけで、あとはウンチもおしっこも出なかった。

そして月曜日。保育園に週末からの顛末を話しておいたが、園からは「あまり強硬手段を取ると却って遅くなりますので、好きなようにやらせてあげてください。」と言われた。

日中は園では出ず、帰宅してからやっと出たのだが、3日も放置したからかウサギさん状態だった。

やっぱり無理強いはダメだった。

旦那が「お前がいつも妥協するから…」と非難していたが、今回のストライキでちょっと休戦だ。

紙パンツは便利だけど、トイレトレには妨げだ。


ただいま人気ブログランキング参加中です。皆さんの1クリックをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月23日 (月)

ダイエットにはだかる種々の壁。

7月20日から始めた計るだけダイエットも1ヶ月を過ぎ、約2キロは落ちたところなのだが、最近停滞気味で、ある壁にぶつかっている。

①飢餓感 ②強固な便秘 ③マイナスイメージの3つの壁である。

まず飢餓感
夕食が遅くても8時には終わるので、夜中が辛いのである。

夜11時ごろになってくると、空腹感がずんずん来て、飲み食いの衝動に駆られる。
でもここで食べてしまうと、明日の体重計測がツライものになってしまうので、ぐっとガマンし中国老茶を飲む。

この中国老茶は輸入物であるが、ダイエット向けであるということで、中に説明書が入っていて、
「間食したくなったらお茶を飲んで、普通の食事以外は食べないように。これを続けているとそのうち空腹感がウソのようになくなります。ただし、食べてしまった人は最初から空腹感はありません。」
と書いてある。

このお茶のお陰か、以前よりは胃が小さくなったようだ。
ソフトドリンク(炭酸飲料)を昨日久しぶりに飲んでみたら、味が以前と違って感じられた。

朝食は英語で”breakfast"(断食を破る)と言うが、本当に夜中から朝にかけて断食…という感じだ。
昨夜はあまりにひもじくて、親戚からもらったかじるタイプの生姜をお茶請けにガリガリ8本ぐらい食べてしまった。

生姜は少ないカロリーで代謝を上げるためしてガッテンの本と書いてあったが、食べたあと全然暑くないのに身体中から汗が噴出して来た。

それから便秘の壁。
中国老茶は飲むとおなかが緩くなる人もいるようだが、便秘になる人もいるらしい。
どうもワタシは後者のタイプのようで、最近は週1ぐらいしか開通しない。

妊娠中は毎日快便だったのに、授乳中は長女のときもすごい便秘になった。
今回もそうで時々イチジクさんのお世話になるくらいだ。

お茶の説明にはそういう人は薄めて飲むように…とあるが、なかなかすぐには改善されない。

最後にマイナスイメージ

今は明らかに標準体重を大幅に超えているのだから、このまま行けば生活習慣病への道まっしぐらなので、ダイエットは必須の道なのであるが、夜中に空腹に耐えたりしていると、「もうこのままごちそうも甘いものも食べられないのかなぁ。」とか「食べても太らない人ってどういう体の仕組みになっているのだろう。」などと考えなくてもいいことが頭に次々浮かんで来てしまう。

若い頃、毎日お菓子を激食いして最高今の体重くらいだったのに、今は間食もしないし、ご飯のおかわりもしないのにこの有様だ。
これが中年太りの兆候なのであろう。

とにかく今の時期を耐えて乗り越えるしかない(;;)
またときどき膝の古傷が痛み始めたので…。
次女も日に日に重くなって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女の”珍”語録

こないだの週末、長女が保育園の帰りに近くのばーちゃんちに行きたいと言うので、遊びに行った。

パパは病み上がりで久々の出勤というのに、花金(古すぎ)でまた梨のつぶて。
ちょっとゆっくりさせてもらった。

お食事のあと、パパの小さい頃のアルバムを長女と閲覧。

いろいろ見て行くとパパのフルチン姿の写真が出て来て長女が一言。

「パパのここ、髪ついてないね~。」

下ネタ大好きのワタシは大爆笑。
ワタシ→ばーちゃん→じーちゃんへと伝言ゲームで長女の発言は伝わり、また大ウケ。

ちなみに私の家族の写真にはフルチン、フルマン(失礼)写真は一切ない。
なので、旦那の実家で最初にアルバムを見たときはビックリ仰天。
まじまじと比較してしまった(爆)

 普通はあまり写さないですよねぇ。

長女の前の保育園でも、1歳児クラス時代、クラス全員がすっぽんぽんで写っている写真があった。
思わず担任の保育士に指摘したら、「ちょっとまずいかなぁとは思ったんですけどね。」と苦笑いされた。

それから、うちの旦那は実家でも未だに風呂上りにすっぽんぽんで母親や姉の前に出たりする。

また更に信じられないのは、それを見た姑が毎回嬉しそうに「どれどれ、成長ぶりを見てやろう。」と言いながら覗きに来ることだ。

それを気色悪がるワタシの方がおかしいのかな???
悩むところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月22日 (日)

掲示板

今までHPに設置していた@niftyの無料掲示板にリンクさせていましたが、ブログの方がメインに近いので、ちょっと趣きを変えてココログの記事形式の掲示板にしてみました。

記事にコメントという形で投稿する掲示板です。

記事以外のお話や質疑など、どんどんカキコしてくださ~い。
宜しくお願いしますm(__)m

てんてん

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2004年8月21日 (土)

旅の便り〜第1号(こうさぎ)

金宝(チンパオ)は、soecchiは長女もダイエットしないです。
soecchiは、

今朝9時ごろ自宅の最寄り駅から東京ゆきの快速に乗った。
普通車両は満員。
旦那がグ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「金宝(チンパオ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月20日 (金)

ちょっとびっくり、娘の才能。

oekaki

今日はちょっと親ばかモード(^^;

昨日保育園に長女を迎えに行ったら、この絵を見てと渡された。
ついこないだまで殴り描きだったので、てっきりクラスの他の子が描いたものをもらったのかと思って、担任保育士に確認したら、なんと長女の作品だった。

最近昔買ったおじゃ魔女ドレミのぬりえに随分はまってると思ったら、ようやく美術の才能に目覚めたか???

音楽か美術かと言えば、美術かな~?

ちなみにワタシは音楽系、旦那は美術系である。
 どっちかと言えば…ね。

ワタシは絶対音感があるし、器楽をずっとやっていて、学校時代は合唱コンクールとかもずっと伴奏担当だったので、歌は遅い開花だったけど。。
 歌はスノッブなカラオケ専門ですが(^^;

旦那はお絵描きが得意。
ここのブログのプロフィールの絵も旦那作の落書きである。
ペイントで描く絵は絶品。
昔同じ職場にいてまだラブラブのころ、職場のパソコンの壁紙がワタシの似顔絵だった(爆)

長女の歌はどうも調子っぱずれで、歌詞もめちゃくちゃ。。

どうやら旦那の血を引いたかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月17日 (火)

今が踏ん張り時。計るだけダイエット、2ターム終了。

計るだけダイエットの2タームめの2週間は、帰省や飲み会など、ダイエットの妨げ事項が多かった。

結果は
  8月3日朝→8月16日朝・・・0.8キロ減↓
  8月3日朝→8月16日夜・・・0.5キロ減↓

前回の2週間の半分の成績である(;;)
でもあれだけ飲み食いして、減っただけマシ…というところか(慰)

計るだけダイエットの健康管理シートを読み返してみると、ちょうど一番最初の「2週間後には○○kg目指します!」の目標体重が今回の最終体重だった。

1日100グラム減をいつも目標に掲げているが、実際の成果はちょうどその半分。
これからは落ち込まないように、設定目標を1日50グラムに変更してみようか。。

それでも純粋計算すると、11月末の職場復帰時には今より5.2キロ減の予定だ。
今回の次女の妊娠発覚時より9キロ減、とりあえずの目標「旦那より軽くなる」は達成できる予定だ(^^)

ガタガタ期、右下がり期、停滞期でいうと、今はちょうど停滞期。
今が踏ん張り時である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月15日 (日)

実は極度の汗かき。

今日はいつもと打って変わって涼しい。
昨夜からエアコンつけてて、昼窓を開けてみたら部屋の中より涼しかった。

冬生まれの私は昔から夏が大キライ。
汗かきで服や髪が水をかぶったようにぐしょぐしょになるし、怪談とかで涼むと今度は冷や汗が出て効果なし。

今は仕事休んでるからエアコンの下にいるが、朝長女の保育園に行って帰って来ただけで、シャツがびっしょり。
日中掃除などしようものなら、サウナ並みだ。
1日3~4枚は着替えている。

汗をかかない旦那からはすごい蔑んだ目で見られるし、体力がないから…とかデブだから…と誹謗中傷される始末。
確かに昔激やせして一夏だけ汗をかかなかった年はあったけど。。

汗をかきすぎると血が濃くなってしまうらしい。
そんなこと言われると、焦ってまた汗かいてしまう。。。

今日は涼しいから大丈夫かと思ったら、ご飯食べたあとにまたぐっしょり汗かいてしまった。

汗かいても全然痩せないのもムカツク一因だ。

汗かきを克服できる方法、ないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月13日 (金)

ブレスロットル、ご帰還。(こうさぎ)

きょう金宝(チンパオ)は、ソファへ帰省された。


*このエントリは、こうさぎの「金宝(チンパオ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容院に行ってみたけど。

昨年12月に次女を出産して8ヶ月。
まだ1回しか美容院に行ってなかったので、髪がボーボー。
前髪だけは自分で1回切ったが、もう限界に来た。

次女もお座りが上手になったので、日中ベビーカーに乗せてヒマそうな近所の美容院に行ってみた。
 
「後ろと横をばっさり切って耳出して、前髪は長めで研ナオコみたいにしてください。」

【私の頭の中のイメージ】
kennnaoko.bmp
こんな頭になるはずだったのに、仕上がってみたら、
mikawakennichi.bmp

あ~あ、明日旦那と昔の職場の仲間たちと飲みに行くのに、カッコよくしてこうと思ったけど、オールバックの東海林さんみたいにしてくか。げんなり…。

 ペイントで適当に描いたので、絵心のある方不快に思われたら、すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月12日 (木)

ブレスロットル、ご帰還。

breslottle

前回『旅の記録~3日目』でも書いたが、長女が落としたデカブレイクのブレスロットルが昨日無事神戸海洋博物館から帰還した(^^)

届いた封筒の中には、長文の送付状までついていた。
 
  落し物が出てきて本当に良かったです。せっかくの神戸の旅が嫌な思い出になるところでした。(後略) 

世の中捨てたものではないなぁと思った。

今回出て来なかったら、この際長女に世間の厳しさを教える最初の機会にしてやろうと思っていたが、逆に暖かさを教えることになってしまった(爆)

私自身は過去にあまり落し物をしたことはないのだが、3歳のころ母とタクシーに乗っていて、当時私が大切にしていたお気に入りのハンドバッグを忘れてしまったことがある。

 あれは兵庫駅近くの商店街だった。

私も長女以上にこだわりの強い神経質な幼児だったので、とてもごねた記憶がある。

母はそのタクシー会社に問い合わせてくれたりはしなかった。
結構そのことを今でも根に持っていたりする(爆)

今回夫は送料1000円前後を払ってまで戻してもらっても…なぞとほざいていたが、ディズニーのトイストーリーではないが、やはりご縁があって長女のものになったのだから、手を尽くてやろうと思った。

長女もパパにさんざん言われてもう諦めていたからか、あまり感動したそぶりはなかったが、またさんざん遊んでいるところをみると嬉しかったのかな。

 でもママがなんとかしてくれるから、なくしても大丈夫…と思われても困っちゃいますが(^^;

でもこのブレスロットル、こんな小さいのに3000円以上もしたのね。パパ、金持ち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月11日 (水)

最近の娘たち

旅行から帰って来てからちょっとダラケ気味。
ここのところまたカンタンな言葉とか思い出せないので、大人のドリル復活しなくちゃ。

旅行から戻って来て、娘たちはまた少し成長したようである。

まず長女。

7月の終わりごろにパパから買ってもらったアンパンマンのあいうえお教室
頑固で反抗期ではあるが、集中力も強い彼女は以前ひらがなしかわからなかったのに、このおもちゃで読み書きを一生懸命練習していたと思ったら、つい先日からいろんなところにあるカタカナが読めるようになった。
このおもちゃは漢字までついている。
欲を言えば、クイズボタンがひらがなだけでなく、カタカナや漢字にもついていて欲しいのだけど。

幼児雑誌にあったデカレンのすごろくはいっしょにやろうと言うのでやってみたら、いきなりズルをされて私がブチ切れてやめてしまった。
 大人気ないが昔からゲーム系はちゃんとしないと気が済まないんです。。。

なんか最近朝の用意とか「早くしなさい」と言うと、わざと遅くしてるような気がする。
以前はもっと機敏な感じだったのにな。
「ゆっくりでいいよ。」と言うべきか。
樋屋奇応丸が効いているのか。
ウソをつけない親も苦しいな。

そして明日で8ヶ月になる次女。

旅行先でさんざんな目(ベッドから落ちる、風呂場で顔を打つなどなど)に遭ったが、帰宅後もお天婆ぶりは輪をかけて増してゆき、昨日はとうとうローソファに登ってしまった。

夕食の準備中とかリビングに転がして長女と遊ばせていたのだけど、また目を離せなくなってしまった(;;)
歩行器とかベビーサークルにでも入れるべきか???

伝い歩きらしきものもするようになって、手がはずれて転んで泣いていたりする。

後追いもするようになり、私が姿を消すと大泣きするようになった。
でもハイハイのスピードも速くなった(^^)
パパの部屋の前に置いておくと、了承を得ないままとっととパパの部屋に入ってしまう(爆)
手が離せないときはこの手を使おう(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月10日 (火)

旅の記録~3日目

旅の3日目は、夫の姉家族と南京町グルメ。

今回偶然というか、6月から夫の姉婿が期間限定で私の実家のある区に単身赴任になった。
月1回帰省旅費が出るので、義姉は子供たちを連れて毎月神戸に遊びに行っている。

前にも書いたが私の夫は完璧なインドア派(引きこもり?!)で、今回の父の訃報がらみでも私が動けなかったので、神戸に行くのになかなか腰が重かったのだが、この義兄の単身赴任がきっかけで義姉が夫の背中を押してくれたのだ。

 「1回はいっしょに(そえっちの実家に)帰ってあげないとかわいそうだよ。」
 「いっしょに神戸に遊びに行こうよ。」

やはり1度は父に手を合わせてもらいたかったので、ずっとお盆は家族揃っていっしょに行けるといいなぁ、ダメならダメでそのときはそのときだと一応腹はくくっていたが、思わぬ話の展開に狂気乱舞した(^^;

 世の中こういう不思議・偶然もあるもんなんですね。私の祈りが通じたのでしょうか。

前置きが長くなったが、そういう訳で大恩人の義姉を南京町へ案内することになったのだ。
 
今回は我が家より1日遅れで姑も加わって、姉婿のウィークリーマンションに来たのだが、姑は甥が熱を出したので私たちとは合流せず(ホッ)、義姉・姪・我が家4人の計6名となった。

本当に今年の夏は暑い。
日曜日ということもあって、南京町は人も多く、汗だくになりながら散策した。

地震後キレイに門構えも作り直されて、新しいレストランとかもでき、私が神戸にいたころとは若干趣が変わってはいたが、中は懐かしいままであった。

昼食時でどこも満杯だったので、とりあえず入れそうなところで昼食を取った。

レストランでは長女と1年違いの姪がケンカ。仲良しなのにずっといるといつもこうである。
仲裁も大変だ。特に姪はネコ娘系なので、怒り心頭に来ると、顔を引っかいて跡に残るような傷をつけるので、要注意なのだ。

長女の顔には既に5つほどの消えない傷がある。
かたや姪っ子は引っかく専門なので、自分自身はキレイな傷のない顔をしている。
傷がついてもすぐ治るタイプの肌のようだ。

昼食を終えると町の屋台の珍珠[女乃]茶(チェンチューナイチャー)という大きなタピオカの入ったミルクティーを飲む。
鯉のえさのような茶色いタピオカだ。

その後、メリケンパークの方へ向かった。

以前結婚前に夫を連れて来たときに来て以来だ。
大きな魚のオブジェが潮風で錆びて、以前銀色だったのが茶色に変色していた。

hakubutukan 〈ポートタワーと神戸海洋博物館〉

メリケンパークはとても広いので、子供たちは暑さを吹き飛ばすように思い存分走り回っていた。
大人は既にグロッキー(死)。
暑さを逃れるために敷地内にある神戸海洋博物館に入る。

神戸と言えば港。明治の昔からいろんな船が行き来していて、外国人の居留地なども沢山あった。
船や港のことが展示されている。やや展示物の数は敷地の大きさからみると散在しているような感はあるが…。

実はうちの長女、ここで前日の墓参り後の夜パパに買ってもらったデカブレイクグッズのブレスロットルをなくしてしまう。

帰りの電車でパパに指摘されて発覚。長女はまたパニック状態。
新幹線で「明日神戸に取りに行こう。」とかさんざんごねていたが、とりあえずパパが別のデカブレイクグッズを買うということで終焉するはずだったのだが。。。

昨日博物館に電話しておいたら、今日電話があり、何と落し物で届いていたそうだ。
小学生の男の子もいっぱい来ていたので、なくなっている可能性も高いなと夫と話していたのが、ラッキーだった。

私が長女に「博物館に電話してあげるから。」と言い聞かせていたときに、夫は「見つかったとしても取りに行けるのか!」と息巻いていたが、何と着払いで送ってもらえることになった。

神戸はあの地震があってから、人々が優しくなった気がする。
タクシーしかり、街の人しかり。
子供を産んだので私の感受性が変わったのか。。。

話は戻り、博物館をひととおり見たあと、2階からつながっているポートタワーに登る。
ここは昔からあって、神戸時代はオトコにほとんど縁のなかった私だが、夫以外の男性とも来たことがある思い出のタワーだ(爆)

ここからの景色も絶景だ。

port_tower kobekou mozaiku 

〈ポートタワーから神戸港・モザイクを臨む〉

ここの自販機で買った小岩井コーヒーがなぜかとても美味しかった。

その後、義姉たちと別れて帰途へ着く。

バイキングと中華三昧だった2泊3日。
帰宅後体重計に乗ったら、案の定1キロ近く太っていた( ̄□ ̄;

いやいやこういうときぐらいダイエットは無視したっていいよね。
またすぐ戻すから(爆)

子供連れでドタバタな旅行ではあったが、とても良かった。
夫もそうキレルこともなく、無事に済んだ(^^)

また行きたいね、パパ、ななちゃん、みなちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

旅の記録~2日目

2日目のメインは兵庫県の「日本のへそ」の近くにある亡父の墓参だった。

昨年12月、次女の出産直後に父が急逝して、我が家は全員告別式を欠席した。
4月の納骨には私と娘たちだけで帰省した。
なので今回は父の死後家族揃って初の帰省。感慨深いものがあった。

当日朝9時半にホテル前に集合。
高速道路のないところなので、延々山と田んぼだけの県道を走って2時間半。

亡父の墓は巨大な墓地公園にある。
お墓といえばどんよりとした気が漂っていたりするのだが、ここの墓地はいつ来ても空が高く、とても清々しい雰囲気の公園になっている。

 肝だめしには使えんなぁという感じ。

途中道路工事の渋滞があって、ギリギリに着くと、もう12時の法要は始まっていた。
急いで法要センターに入り、焼香。
長女は相変わらず走り回ったり、大声を上げたりしていたが、大きい施設なのでさほど響かなかった(^^;

親族一同亡父の冥福を懇ろに祈り、法要が終わるとお墓の方へ向かった。
途中公園に大きな池があり、私と娘が大きな錦鯉を激写。

koi1 koi2 koi3

その後墓参を済ませ、公園内の喫茶店で食事を取り、帰途に着く。

長旅の苦手な夫も今回とてもよき婿さまぶりを発揮してくれた。

父も喜んでくれているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の記録~1日目

昨日初盆帰省から戻った。
旅先からモブログするはずが、結構なかなか自由な時間が取れず、1通だけとなってしまった(;;)

しかもモブログは添付する写真の位置が決められないので、かなり不細工な出来だ。
 
 なんかやり方あんのかな?

1日目チェックインの時間より1時間ほど早く現地の高級ホテルに到着した。
って、本当は高級ではない。だってルームサービスもないから(爆)

一応明治天皇と縁の深い有栖川宮家の別荘が前身ではあるそうで、地元ではそこで結婚式を挙げるのがステイタスになってたりはするようだが。。。
ま、昔いろんな日本や中国のホテルを渡り歩いたが、星2つというところだろうか。

時間は早かったがもう部屋の準備ができているとのことで、チェックインした。
部屋は9階の南側、海の見渡せる所だった。

oohasi 〈部屋から臨む明石大橋・淡路島〉

昼食を1階のやはりオーシャンビューのレストランで取り、パパと長女はホテルのプールに泳ぎに行った。

私と次女は部屋で一休み。

オプションで頼んだベビーベッドが来たときに、つい大人のベッドに次女を置いたまま離れてしまい、ヤバイと気づいたときにはもう遅かった。
頭から真っ逆さまに落ちてしまった(;;)
首がグニャリと曲がってしまったので、もうダメか思い心臓がバクバクした。

でもすぐ泣き止み、機嫌も戻って、離乳食やおっぱいも普通どおりとり、夜も容態が急変することはなかった。(ホッ)
あとで試しに自分もベッドの上から頭から落ちてみた。やはり痛かった。

そのあとホテル前の県立公園散策へ…。

なんと長女は家のトイレ以外を嫌がり、公園でおもらしをしてパパにはたかれてしまった。
ちょっと厳しいかなとも思ったが、パパがその後も結構強引にトイレに誘導してくれたおかげで、前回の里帰りは全部紙パンツだったのに、今回はこのおもらしだけであとは全部トイレでできた。

 やっぱ私は舐められてんのかなぁ。

公園には子供の遊具のほか、大人向けの健康増進器具も設置されていて、親子で楽しんだ。

yugupapa1 〈童心に返るパパ〉

夜は私の親族がホテルに集合。
高級中華料理店の個室で亡父の写真を囲み、話に花を咲かせた。

yakei 〈中華料理店から明石大橋を臨む〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 6日 (金)

旅の便り〜第1号

green.jpg

今朝9時ごろ自宅の最寄り駅から東京ゆきの快速に乗った。

普通車両は満員。旦那がグリーン車のデッキに乗ろうというので、通勤客の顰蹙を買うよりは…と乗ってみたら、こんなシールが…。

ここはグリーン車両デッキです
デッキに立つ場合でもグリーン料金・乗車券が必要です。


東京まですぐなので車掌さんが来たら払おうと思っていたら、やはり来た(爆)

神戸までの乗車券を見せたら、年少の長女も買っていたからか、「いいですよ。」と見逃してくれた。

東京はすぐに着いたが汗だくになってしまった。

のぞみに乗ったら、長女がしばらく騒いでいたが昨夜2時前就寝だったので、飲み食いしたらコテンと眠ってしまった。

今回は後部座席に長女を上回る賑やかな子供が騒いでいて、眠りかけると起こされる。

麻酔銃打ってくれぃ!<親

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片手タッチができました。

tacchi

次女は数日前からローソファでつかまり立ちができるようになったと思ったら、大人の膝や机などかなり高い所へステップアップしてゆき、今日は写真のとおり座卓につかまり立ち、片手だけで立っていた。

長女より2ヶ月も早く入園でかわいそうと思っていたが、どうも発育は長女より2ヶ月以上早い感じなので、結局同じぐらいの成長段階で入園ということになりそうだ。


実は明日から週末にかけて、私の郷里に初盆で家族揃って出かける予定。
実家は諸般の事情でゲスト宿泊不能な家なので(ただモノが多くて汚いだけ…という話もあるが(^^;)、近隣随一の高級ホテルに宿泊予定である。

大人になるまでそこの施設がホテルだということを知らなかった私って。。。近所だから泊まることもないから親が教えなかったのか?

今日は子供と私の分の荷物を先にホテルに送って準備万端…なのだが、夜中12時半の現時点で夫だけはまだ荷造りもしていない。
もう彼の行動パターンも把握しているので、朝とか直前にやるとかで何とかなるだろう…とのんびりブログしている。

でもなんか一つは忘れるんだよな。<夫

2泊3日の新婚旅行で夫の旅行嫌いが発覚。
当時大喧嘩になってから、一度も観光旅行には行っていない。
お互いの実家に遊びに行くというツアーだけだ。

今回次女が生まれてから家族で遠出は初めてなので、ちょっとハラハラ、ドキドキ。

私、恐夫家なんです。
「きょうふか…」恐怖そのものですね(爆)

収入の多い方がへりくだってないと、家の中平和ではいれないので…(^^;

なんか変な話に発展したなぁ。

ということで、明日からは絶景などをモブログでお届けする予定。乞うご期待。
一応観光地なので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 5日 (木)

ダイエットついでに腰痛体操(こうさぎ)

金宝(チンパオ)がパパに爆した?
きょう、ここで親子も麻酔した?
きょうsoecchiで、抑制するつもりだった。
金宝(チンパオ)は、抑制しなかったー。
soecchiは、

ダイエット始めて1週間。
300グラム減りました(爆)今日は昨日と同じ昼食メニュ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「金宝(チンパオ)」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 4日 (水)

麻酔銃が効いた。

昨日長女の夜間興奮抑制のために買った麻酔銃

昨夜から今朝にかけて、珍しく私の怒号が飛ばなかった。

夕方と夜遅めの時間に2回内服したら、夜9時過ぎからおじゃ魔女ドレミのぬりえを始めた。
しかも色鉛筆ではなく、HBの黒鉛筆で質感を出すぬりえだ。

風呂はパパがいなかったので私と次女が先に入り、「途中でピンポン鳴らして。」と長女が言うので、私が洗い終わったあと鳴らしたら、いつもつべこべ言って服をぬいでトイレに行くのに非常に時間がかかるのに、ぬりえを途中で切り上げてひとりで服をさっさと脱いでトイレに行き、しかもひとりで拭いて(女の子はこれが面倒)入って来た。

風呂から上がっておもちゃの出しっぱなしを注意する場面はあったが、またぬりえに没頭し始め、時間は相変わらず遅かったがいつものように興奮する様子はなく、珍しく眠たい目をしてしばらくするとソファで眠ってしまった。

いつもは布団でバタバタ、ソファでドスンドスン、センちゃんの真似をして逆立ちをしてみたり、でんぐり返しをしたり、妹に向かって奇声を上げたり、入眠までにハアハア言いながら、親に叱られながら寝るのだけれど。。

今朝もいつものように言いがかりをつけて騒ぐようなこともなく、久々に平和な1日の始まりだった。

ジャコウなどの成分が効いたのかな。
あっぱれ樋屋奇応丸の金粒。

KTGold.jpg

自分のヒステリーにも効くかなと考えたが、すぐに大人用はメンタルクリニックで処方してもらえることに気がついた。
いちおう奇応丸にも「お母さんまで」とか書いてはあるけど。高いから(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月 3日 (火)

樋屋奇応丸を買ってみた。

先日ここで扱いづらい長女のことを愚痴ってしまった。

毎日いちばん頭痛のタネなのが、夜更かしのこと。
私が時短に入り産休・育休に入って、だんだんと朝が遅くなり、長女は現在毎朝8時起き。
保育園では昼食後2時間半ほど午睡があるので、夜は大体早くても11時、遅いと1時2時まで起きている。
どんなに手を尽くしても眠れないのだ。

自分の子供の頃から考えると9時ぐらいに寝ろと叱られていた記憶はあるが、そんな夜更けまで起きていたことは小6のときに1回ぐらいしかない。

今朝登園時に長女の担任に、朝はボーッとしていて、プールだけは遊ぶが昼食になると船をこぎ始め、午睡の終わりにはなかなか起きられない…という話を聞かされた。

そんなの当たり前だよ。とは言わないが、毎晩悪戦苦闘している旨を伝えた。

「だぶん悪循環ですね。」と言われた。

3歳まで添い乳をして夜中も2,3度起きていた長女。
現在寝かしつけをしても却って興奮して眠れなくなり、寝かしつけをしないときの方が早く寝たりするので、一人で寝かせるようにはしているが、夜中まで妹を見て興奮してギャーギャー、ドタドタ暴れている。

子供に打つ麻酔銃でもないかな。。と冗談で考えていたが、ふと思い出したものがあった。

夜泣き、かんのむし、小児神経質などに効く樋屋奇応丸
である。

夜泣きをする赤ん坊ではないが、サイトを見ると昂ぶった神経を鎮める作用があり、漢方で副作用もないとのことなので、早速麻酔銃がわりに買ってみた。

仕事が始まる前にちょっとどこかでこの悪循環を断ち切りたい…という思いがあるので。。

少しは効き目があるとよいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマワリくんはハイハイがお上手。

tosshin

今回顔があまりはっきりしてないので、久方ぶりに写真を載せてみた。

あと10日ほどで8ヶ月になる次女。
ハイハイで至る所へ突進しながら、ときどき手を外してしまって顔からこけたり、つかまり立ちをしようとしたり、大忙しの毎日である。

ガキデカに…似てるでしょ???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

計るだけダイエット、1ターム終了。

7月20日から始めた計るだけダイエット

昨日で最初の2週間が終了した。

結果は
  7月20日朝→8月2日朝・・・1.5キロ減↓
  7月20日朝→8月2日夜・・・0.7キロ減↓

最終日の朝と夜がかなり幅があるが、計るだけダイエットの目標、1日50~100グラム減はなんとか達成できた形だ。

今朝の体重は昨夜より200グラム減。
なかなか順調に右下がりとはいかないが、地道に下がって来てはいる。

食事制限も無意識のうちにするようになったというか、雲南老茶の効用か若干胃袋が小さくなったようだ。
以前よりかなり食べる量が減って来ているので…。

今週は金曜日から日曜日まで郷里の法事に参加するので、計ることはできずごちそうも食べることになるので、ちょっと小休止になってしまうかな。
戻って来てから、挽回しよう。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 2日 (月)

長女の気質、私の育児体質。

我が家には4歳3ヶ月の長女がいる。
彼女を妊娠中、夫婦間でいろいろあって、かなり不安定な精神状態で過ごしたのが原因なのかどうか、かなり神経質で頑固な女の子だ。

ネンネの赤ちゃんのころはとてもかわいかった。
その当時もっとすごい育児生活を想像していたので、身内にポロッと「子育てってそんなに大変じゃないね。」なんて言ってしまったことがある。
もちろんその人からは「これからが大変なのよー。アンタ!!」と返って来た。

2歳過ぎて自我が芽生え始め、何でも自分でやりたくなったころから、長女と私のバトルが始まった。

仕事の疲れなどもあり、私がなかなか踏ん切りつかなくて、長女の断乳はできないままでいた。
それが長女に舐められていたのか。。。

3歳になったばかりで、下の子の妊娠が発覚しようやく断乳した。
今度は赤ちゃんがえりで、哺乳瓶で牛乳がないと眠れなくなった。
次女出産直後にその哺乳瓶はバイバイしたが、今度は私の気持ちに変化が起きた。

長女がかわいくなくなったのである。

反抗期とはわかっているが、こんなにも逆らわれるものなのか。

最近の例を少し挙げると、先日親水公園に行った際、遊び終わってシャワーのところにいっしょに行った。
ボタンを押さないので私が押して洗ったあと、おばあちゃんに身体を拭いてもらった途端に「ボタンが押したかった~」と泣き始め、どんなになだめても止まらず、私が叱ると更に泣いていた。

今朝などは起きていつも私が服を出して来るのだが、最近はスムーズに持って来た衣類を着るのに、今日はいきなり泣き始めて「青いカゴに入ってるのがいい!」「ママが持ってきて。」と言う。

どの服かわからないので聞くと更に喚いて、ちょっと指差して元のテレビの前に戻って泣いている。
しばらく収拾がつかないので、虐待通報されるかも知れないがベランダに出した。

夜なども大人が眠くなる時間になっても全然眠らず、いろんな口実を作って時間稼ぎをしたりしているのだ。

こだわりが強いので保健所の育児相談にも通っているが、私の心自体が病んでいるのか、ほとんど効果はない。

私は独身のころからとても短気で「子供ができたら殺してしまうのでは?」と冗談交じりで言う友人もいた。
でも出産して育児休業を取り、復帰してからは職場でも「随分気が長いですね。」と言われるようになり、私は出産育児によって短気を克服した…と思っていたのだが、その考えは甘かったようだ。

もちろんここ数年は職場でキレることはないが、マイペースな夫への不満や生活のストレスが全部長女にぶちまけられるようになってしまったようだ。

自分の意のままにならないのが育児…とわかっていても、腹が立ってしょうがないのである。
しばらくどこかへ預けてしまいたいとも思ってしまう。

これから大きくなって思春期に入ると、更に難しくなると聞く。
それを思うと先が思いやられてしまって、果たして私にちゃんとした子育てができるのか自信がない。

世の虐待ニュースに出てくる親たちの心理が垣間見えてしまったりする昨今である。

私ってつくづく育児には向いてないんだなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 1日 (日)

B型ベビーカー、つかまり立ち。

今日は近所の親水公園に出かけた。
長女だけ先に義姉親子と出かけ、遅れて私と次女が行った。

深いところでも深さ数10センチしかないので、大人は安心して見ていることができ、噴水の水が飛んで来て涼しいし、大人も足だけ入れるので、親水公園もなかなかのものだ。

今日は初めてB型ベビーカーに次女を乗せてみた。
最近おすわりも上手になって、ハイハイとか寝転んだ格好から座れるようになったので、ベビーカーにもちゃんと座れた。

長女が今の次女ぐらいのときにダイエー優勝セールで買ったベビーカーだが、長女はちょっと発達遅めだったので、最初ずり落ちて来てしまって、しばらくお預け状態だった。

そのベビーカーもさんざん酷使され、長女がしっかり歩くようになってからはゴミ出しに活躍していたので、カビだらけになっていて、今回次女には新しいのを買うつもりでいたが、ダメもとでシートを取り外して洗ってみたら、とてもキレイになった。

次女は鼻かぜ引いてたので、水には入らなかった。

帰って来て大人が夕飯を取っているときにリビングに転がしておいたら、ローソファにつかまり立ちをしていた。
これまでも座卓とかソファにつかまって立ち上がりそうな雰囲気ではあったが、脚は曲がったままだった。

長女がズリバイ前進できたのが9ヶ月、つかまり立ち成功がその月中だったことを考えるとかなり早い。

あまりハイハイしないと腕力がつかず、歩くようになってから転んでも手が出なくなるので、しばらくハイハイは頑張ってほしいなと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »